海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > アメリカ/ブルックリン特派員ブログ

アメリカ/ブルックリン特派員ブログ トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


長年行ってみたいと思っていたカナダの街、ケベック・シティー。石造りの壁で囲われた城塞都市は、中世の雰囲気が溢れる素敵な街です。


丘の上に立つ、有名なホテル。
フェアモント・ル・シャトー・フロントナック・ホテル。

IMGP1325.jpg

ケベック・シティーは、ロウワータウンとアッパータウンに分かれており、急な傾斜をケーブルカーで行き来できます。切符売り場のおじさん、とても親切で面白い!

IMGP1331.jpg

ロウワータウンの街並み。石造りの建物がヨーロッパ調で可愛い。

IMGP1329.jpg


メインストリートから離れると、こんなに静かな裏道に出ます。

IMGP1323.jpg


とにかく坂が多いケベック・シティー。スニーカーなど歩きやすい靴をお勧めします。

IMGP1326.jpg



2019年5月13日

IMG_6020.jpg

ニューヨークから車で約8時間。国境でパスポート・コントロールを済ませると、そこは
カナダ。国境から30分ほど走ると、モントリオールの街が見えてきます。ここは北米のパリと呼ばれていて、人々はフランス語を話し、道路表記ももちろんフランス語。建築もヨーロッパの雰囲気で、静かで美しい街として有名です。ニューヨークからは飛行機でも簡単に行くことができます。


モントリオールには地下鉄が走っていて、とても分かりやすいシステム。券売機で切符を買うのが難しかったら、ぜひ窓口で係りの人に聞いてみましょう。私も買い方が分からず係りの人に尋ねたのですが、とても親切でした。車内やホームのアナウンスは全てフランス語なので、地下鉄マップを見ながら、行き先には注意しましょう。
IMG_5976.jpg


早朝の旧市街。
お店が開くのは10時なので、それまではひっそりとした佇まい。
IMG_5980.jpg


旧市街の近くには、中華街もあります。
洋食に食べ飽きたら、ぜひ訪れてみて下さい。中華だけではなく、ベトナムレストランも多いです。温かいベトナム麺が美味しかった!
IMG_6028.jpg

長く厳しい寒さで知られるモントリオールの冬。そんな寒い時期でも快適に過ごせる場所があります。それは、ダウンタウンに広がる巨大な地下街。アンダーグラウンドシティと呼ばれ、世界最大の地下街だそうです。

地下街の入り口。
IMG_6023.JPG

とても美しい街、モントリオール。有名な大学の街でもあり、世界中から学生が集まってきます。美味しいものも多く、見どころも満載!



2019年4月29日

前回、ブロンクスの植物園について記事にしましたが、その帰りにイタリア人街へも寄ってみました。アーサー・アベニューと呼ばれる場所に位置し、植物園からは車で5分ほど。ローカル感が満載で、和やかなムードが漂っていました。

前回アーサー・アベヴューを訪れたのは、かれこれ17年も前のこと。当時の記憶は殆どなく、しかも冬の夜だったので暗いイメージしか残っていません。。笑


今回の目的は、有名なイタリアン・デリ。店内は小綺麗で、スタッフが明るい!お惣菜やピザをカウンターで注文してからテーブルに座ります。

IMGP1263.jpg


私の頼んだものは、オーソドックスにハムのサンドイッチ。パン生地も美味しかった。
IMGP1264.jpg

Tino’s Delicatessen
2410 Arthur Ave, Bronx NY 10458


次に向かったのは、パン屋さん。
イタリアの有名なお菓子が買えると聞きつけ、行ってみると長蛇の列。よっぽど有名なんですね〜。パンが焼き上がるイーストの匂いがプンプンのお店でした。
IMGP1269.jpg

お目当は、大好きなカノーリ。ここでは注文を受けてから、中身のフィリングを詰めてくれるので、中はしっとり。外はカリカリ。カノーリはこれでなければ、、、!
IMGP1270-2.jpg

お土産用に、ガーリック・ブレッドも購入。モチモチしてて美味しかった!
IMGP1271-2.jpg


Madonna Brothers Bakery
2348 Arthur Ave, Bronx NY 10458

マンハッタンのリトル・イタリーは観光化が進み、ニューヨーカーが訪れなくなりました。それに比べブロンクスのリトル・イタリーは地元感が凄い。植物園へ来られる際、ぜひアーサー・アベニューにもお立ち寄り下さい。


2019年4月20日
2019年4月11日
2019年3月20日
2019年3月 8日
2019年1月30日
⇒すべての記事を見る

アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブルックリン特派員

    ブルックリン特派員
    トワンブリー
    「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集