海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ブルックリン特派員ブログ > ブルックリンで地下鉄に乗ってみよう

アメリカ/ブルックリン特派員ブログ トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年4月19日

ブルックリンで地下鉄に乗ってみよう


メール プリント もっと見る

ブルックリンで地下鉄に乗ってみよう

今日は、観光する時に必須な地下鉄についてお話ししたいと思います。
マンハッタン同様、ここブルックリンでも主要な移動方法といえば地下鉄。
JFKに降り立たれた方も、地下鉄で滞在先へ移動することが可能です。
この場合、JFKの空港駅(Sky Train)から地下鉄への乗り換えとなります。
(ブルックリンに限らずですが、どんなに安全だと言われている街でも
夜遅くに一人で到着した場合などは、タクシーでの移動をお勧めします。)

地下鉄に乗る場合、まずは窓口かベンディング・マシーンと呼ばれる機械でメトロカードを購入します。大きな駅では地下鉄の地図が無料でもらえるので、ぜひ活用しましょう。とても便利で分かりやすいです。窓口に置いてない場合は、
駅員さんに声を掛けてみて下さい。
subway map.jpg


日本語表記もあるのが嬉しいですね。

日本語併記マップ.jpg

主要駅の入り口付近では、無料の新聞が毎日配られています。
その日の天気からイベント情報など、ニューヨーカーにとってなくてはならない
情報が沢山載っているので、読んでみて下さいね。

newspaper.jpg


ニューヨーク市の地下鉄のライン表記には、
アルファベット、そして数字が使われています。
例えば、Fライン。このラインはブルックリン内では
ローカル線で、途中から地上を走ります。
最終駅のコニーアイランドまで、Fラインで乗り継ぎなく
到着することができます。

ftrain-001.jpg

一番お勧めしたい地下鉄はB/D/N/Qライン。
マンハッタンからブルックリンまで渡るのに、
マンハッタン・ブリッジの上を走る線なのです。
お隣のブルックリン・ブリッジやウォール街、
そしてお天気が良ければ自由の女神も見ることができます。
観光者でなくてもワクワクする路線は絶景です。

マンハッタンブリッジ.jpg

最後に、地下鉄に乗る際に気をつけたいこと。
ここブルックリンには様々な人種のエリアが存在しています。
地下鉄内でむやみに写真を撮らないこと。
(宗教上やプライバシーの問題で、写真に写ることを嫌がる人がいます。)

それから日本の電車と同様に、ニューヨーク市の地下鉄には
Priority seatという優先席が存在します。
ブルックリンに限らずニューヨークは、老人や子供、障害のある人、妊婦さんに
親切な街です。そんな人を地下鉄内で見かけたら、優先席付近でなくても、
ぜひ笑顔で席を譲ってあげましょう。きっと喜ばれることに違いありません。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2016年4月19日
« 前の記事「ブルックリンへ行くなら、ダンボへ行こう!」へ
»次の記事「お土産を買うならTrader Joe'sがオススメ!」 へ
おすすめ記事
    ブルックリン特派員 新着記事
    ブルックリン・ブリッジを渡ってみよう!
    夏のメトロポリタン美術館
    ブルックリンで地ビールが大流行!
    ニューヨークで話題の夏フェス、"パノラマ"。
    隠れ家レストラン・FREEMANS
    有名な墓地のある公園・グリーンウッド・セメタリーの散歩
    アメリカで大ブーム!今話題のハンドスピナーとは?
    ミッドタウンのランチ時間

    アメリカ ツアー最安値


    2017/9/26更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブルックリン特派員

      ブルックリン特派員
      トワンブリー
      「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集