海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ブルックリン特派員ブログ > ピア6・ブルックリン・ブリッジパーク

アメリカ/ブルックリン特派員ブログ トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2016年12月 1日

ピア6・ブルックリン・ブリッジパーク


メール プリント もっと見る

ピア6・ブルックリン・ブリッジパーク

11月はとても過ごしやすかったブルックリン。お散歩日和の日が多く、子供と一緒に外遊びが沢山できて助かりました。今日から12月。これからもっともっと寒くなるので、今のうちに外で思いっきり体を動かさねば!

先日、家族でブルックリン・ブリッジパークへお出かけしました。海と隣接している公園なので、風が強く体感気温が低めですが、それでも大好きな場所。

最寄り駅、F/GラインBergen st駅。 2/3/4/5ラインBorough Hall駅。バスだとB63で Pier 6 Brooklyn Bridge Park行きに乗ると、終点で降りると目の前が公園。

IMG_0688.JPG


お子さん連れにお勧めしたいのが、入り口付近にあるこの長い滑り台。合計で3つあり、球形のジャングルジムもある。

FullSizeRender-5.jpg


その隣には、砂場の公園。小さな子供に大人気。

FullSizeRender-6.jpg


冬の間は閉まっていますが、これらの隣にあるウォーターパークも有名。赤ちゃんから大人まで楽しめる小さな水遊びのできるエリアなので、夏に来られた方はぜひ訪れてみて下さい。因みにどのエリアも無料。


そこから海沿いを歩くとサッカー場が見えてきます。向かいはウォール街。自由の女神も見える魅力的なサッカー場。同じ海沿いには広大なバスケットコートも有り。

FullSizeRender-3.jpg

小さな海岸もあります。泳いだり水に浸かったりすることは禁止されていますが、ピクニックしたり、砂浜でくつろいだり、楽しみ方は色々。

FullSizeRender-4.jpg


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2016年12月 1日
« 前の記事「アメリカ大統領選挙2016年」へ
»次の記事「明けましておめでとうございます。」 へ
おすすめ記事
    ブルックリン特派員 新着記事
    スノーストーム・2018
    2018・明けましておめでとうございます。
    ニューヨーカー風クリスマス・イヴの過ごし方
    ニューヨークの冬の風物詩いろいろ
    街角で見かけるアート作品
    りんごの美味しい季節になりました。
    一度は見てみたい!ナイアガラの滝
    ブルックリン・ブリッジを渡ってみよう!

    アメリカ ツアー最安値


    2018/1/15更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2カナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブルックリン特派員

      ブルックリン特派員
      トワンブリー
      「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集