海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ブルックリン特派員ブログ > 街角で見かけるアート作品

アメリカ/ブルックリン特派員ブログ トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月 9日

街角で見かけるアート作品


メール プリント もっと見る

街角で見かけるアート作品

芸術の街、ニューヨーク。美術館やアートギャラリーが多いことでも知られていますが、街角にも数々のアート作品が点在します。

例えば、LOVE像。
とっても絵になるので、インスタグラムなどの撮影で訪れる人が多い有名な場所。
ロバート・インディアナというアーティストの作品で、元々はNY近代美術館のクリスマスカードの為にデザインしたものを、立体化したらしいです。とにかくインパクトがあり、しかもマンハッタンの街角にマッチしていますね。ミッドタウンの6番街と53丁目の角にあるので、観光で近くを訪れた方にお勧めです!

Screen Shot 2017-11-09 at 9.24.53 AM.png


同じアーティストによって作られたもので、HOPE像というのも存在します。HOPEとは"希望"という意味ですが、この作品は"国際希望デー"に合わせて作られたそう。LOVE像と同じく、かなりの人気の撮影地となっています。場所は7番街と53丁目の角。

Hope.jpg


他にも、イーストビレッジにあるキューブ型のアート。
こちらはアラモと呼ばれる作品で、アスタープレイスの駅の目の前に位置します。数年間は撤去されていたそうで、最近になって復活しました。観光客が何人かでぐるぐるキューブを回している姿をよく見かけます。

IMG_1337.jpg


最後は地下鉄の駅のアート。トム・アトネスという彫刻家によるパブリック・アートで、
14St&8Aveの駅(A/C/E/L線)に設置されています。その数20や30、いや、もっとかも!

little jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2017年11月 9日
« 前の記事「りんごの美味しい季節になりました。」へ
おすすめ記事
    ブルックリン特派員 新着記事
    街角で見かけるアート作品
    りんごの美味しい季節になりました。
    一度は見てみたい!ナイアガラの滝
    ブルックリン・ブリッジを渡ってみよう!
    夏のメトロポリタン美術館
    ブルックリンで地ビールが大流行!
    ニューヨークで話題の夏フェス、"パノラマ"。
    隠れ家レストラン・FREEMANS
    1年前の同じ月に投稿された記事
    アメリカ大統領選挙2016年
    ブルックリンで食べるイスラエル料理

    アメリカ ツアー最安値


    2017/11/22更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブルックリン特派員

      ブルックリン特派員
      トワンブリー
      「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集