海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ブルックリン特派員ブログ > July 4th・・・独立記念日の花火

アメリカ/ブルックリン特派員ブログ トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2018年7月 6日

July 4th・・・独立記念日の花火


July 4th・・・独立記念日の花火

昨日はアメリカ独立記念日でした。
多くの人が友達や家族とバーベキューなどをしてお祝いし、日が沈んでからは花火を見る、というのが一般的。花火はマンハッタンの老舗デパートのメイシーズが主催となっており、ハドソン・リバー(ニューヨークとニュージャージの間)やイースト・リバー(マンハッタンとブルックリン&クイーンズの間)など、毎年違う場所で開催されます。

メーシーズの花火が美しいと言われているのは、やはり背景が素晴らしい。マンハッタンのビル群。そしてブルックリン橋やクイーンズ・ボロー橋。それらと花火のコンビネーションは、他ではなかなか見ることはできません。


ブルックリン内でも花火が打ち上げられました。地下鉄終点駅のコニーアイランドでは、毎年恒例のホットドック早食い競争(その昔、日本人青年も優勝しましたね!)が昼間行われ、夜は花火を楽しむことができるのです。


花火の開催予定時刻は夜9時半。これは9時を過ぎないと、辺りが真っ暗にならないため。コニーアイランドの駅から海が近く、そのビーチが会場でした。何かの問題があったのか、時間にルーズなのか?花火が始まったのは夜10時。。待つことがあまり気にならない国民性なのか、周りで文句を言う人は誰もいませんでした。


駅を降りると、ボードウォクには既に人だかり。

IMGP0530.jpg


コニーアイランドは古い遊園地があることで有名です。その背景に花火。ある意味、趣があって面白かった!

IMGP0541.jpg


これは昼間のコニーアイランド。映画の舞台としても知られています。

Screen Shot 2018-07-05 at 5.01.10 PM.png

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2018年7月 6日
« 前の記事「皆んな大好き・American Girl」へ
»次の記事「ニューヨーカーの夏の楽しみ・ガバナーズ島へ行ってきました」 へ
おすすめ記事
    ブルックリン特派員 新着記事
    パイの季節がやってきました。
    ハロウィーン行事が目白押しなブルックリン
    ブルックリンの秋〜美味しいもの
    アップル・ピッキングを楽しんだコロンバス・ウィークエンド
    女性に人気のブルックリンのケーキ屋さん・Lady bird
    ウィリアムズバーグの新スポット・ドミノパーク
    9・11の夜の光
    レイバーデイ・ウィークエンドの海
    1年前の同じ月に投稿された記事
    ブルックリンで地ビールが大流行!
    ニューヨークで話題の夏フェス、"パノラマ"。

    アメリカ ツアー最安値


    2018/11/21更新

    アメリカ 航空券情報


    アメリカ旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    北米特派員ブログ一覧

    USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

    北米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブルックリン特派員

      ブルックリン特派員
      トワンブリー
      「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集