海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 北米  > ブルックリン特派員ブログ > 新型肺炎の感染率全米1位のニューヨークの現状レポー...

アメリカ/ブルックリン特派員ブログ トワンブリー

アメリカ・ブルックリン特派員が現地から北米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年4月 2日

新型肺炎の感染率全米1位のニューヨークの現状レポート


新型肺炎の感染率全米1位のニューヨークの現状レポート

自宅待機、そしてニューヨーク市の公立校が休校となり2週間が経ちました。ブルックリンの人気観光地ダンボは閑散とし、いつもならにぎわっている通りや広場も人通りがありません。しかもコンドミニアムなどの工事もストップしているので、とても静か。まるでゴーストタウンだという声も聞かれます。

2週間ほど前のダンボの様子。ここは人気の撮影スポットとなっており、普段なら大勢の人が写真を撮るため、ここは集まっているはず。この日はひとりだけでした。

DUMBO.JPG

こちらも2週間前のYork St駅。この駅も普段なら観光者でにぎわっているはずですが、こんなに静か。

DUMBO2.JPG


ブルックリンの感染者数はクイーンズ区の次に高く、住民はソーシャル・ディスタンスをかなり徹底しています。例えば道で人とすれ違う際は6フィート空ける。エレベーターに家族以外の人が乗っている場合は、次のエレベーターを待つ。銀行やスーパーでもほかのお客さんとの間隔を空けて待つ、などなど。トイレットペーパーや食品は、今のところは問題なく購入できています。ただ時間帯によっては品薄なこともあるので、その場合は時間をずらして再度訪れると棚に陳列されていることも。

最近はマスクを着用する人も増えてきました。ゴム手袋を使用している人も見かけます。

皆が無事に今のたいへんな時期を乗り越えられますように。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 治安・渡航安全情報
2020年4月 2日
« 前の記事「ニューヨーク、現地でのコロナウイルスの影響」へ
ブルックリン特派員 新着記事
新型肺炎の感染率全米1位のニューヨークの現状レポート
ニューヨーク、現地でのコロナウイルスの影響
ブルックリンのスーパー・ウェグマンズの人気商品
とうとう寒波がやってきたニューヨーク
謹賀新年。ブロードウェイ・ウィークが始まりました!
大晦日のニューヨークといえば、タイムズスクエアのカウントダウン!
ニューヨーク植物園で、ホリデー・トレインショー開催中
クリスマス直前! サンタコンやクリスマス商戦で盛り上がるニューヨーク
1年前の同じ月に投稿された記事
北米のパリ「モントリオール」へ。
ブロンクスのイタリア人街は地元感満載!
ニューヨーク植物園で蘭展が開催中

アメリカ ツアー最安値


2021/3/31更新

アメリカ 航空券情報


アメリカ旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アメリカの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

北米特派員ブログ一覧

USAライス連合会アメリカ/アトランタアメリカ/ウィドビー島アメリカ/ウエストウッドアメリカ/オーランドアメリカ/サクラメントアメリカ/サンタアナアメリカ/サンタバーバラアメリカ/サンタモニカアメリカ/サンノゼアメリカ/サンフランシスコアメリカ/サンフランシスコ2アメリカ/サンフランシスコ3アメリカ/サンフランシスコ4アメリカ/シアトルアメリカ/シアトル2アメリカ/シカゴアメリカ/シカゴ2アメリカ/ソルトレイクシティアメリカ/ダラスアメリカ/ツーソンアメリカ/デトロイトアメリカ/ニューオリンズアメリカ/ニューヨークアメリカ/ニューヨーク2アメリカ/ニューヨーク3アメリカ/ヒューストンアメリカ/フェニックスアメリカ/ブルックリンアメリカ/ホワイトプレーンズアメリカ/ボストンアメリカ/ポートランドアメリカ/マイアミアメリカ/ミネアポリスアメリカ/モントレーアメリカ/ラスベガスアメリカ/リバーサイドアメリカ/ロスアンゼルスアメリカ/ロスアンゼルス2アメリカ/ロスアンゼルス3アメリカ/ロングビーチアメリカ/ワシントンDCアメリカ/ワシントンDC2アメリカ/ワシントンDC3アメリカ/ワシントンDC4アラスカ/ホーマーカナダ/オタワカナダ/カルガリーカナダ/ケロウナカナダ/トロントカナダ/ナナイモ・ダンカンカナダ/バンクーバーカナダ/バンクーバー2カナダ/ビクトリアカナダ/ホワイトホースカナダ/モントリオールカナダ/リッチモンド

北米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブルックリン特派員

    ブルックリン特派員
    トワンブリー
    「海外で仕事をしたい」という夢を叶える為に、2001年に渡米してきました。英語学校、専門学校を経て、遂に夢だった仕事に就き、今はブルックリンで二人の子育て真っ最中。写真を撮ることが趣味なので、あちらこちらへ観光者のように散歩しながら楽しんで撮っています。マンハッタンへは行ったことがあるけれど、ブルックリンにはまだ足を踏み入れていない方、いつか来てみたいと思っている方ヘ、こちらでの生活や文化を中心にお届けしていきます。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集