海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > ブリュッセルでおいしいワッフルを食べる秘訣

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ SAORI

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年4月26日

ブリュッセルでおいしいワッフルを食べる秘訣


メール プリント もっと見る

ブリュッセルでおいしいワッフルを食べる秘訣

美食の国ベルギーで一度は味わっていただきたいのが、本場のワッフル。ガイドブックには、老舗のダンドワ(Dandoy)のワッフルが紹介されていますが、ダンドワのお店へ行くと、お隣の1ユーロ・ワッフルのお店にも観光客が行列を作っているし、それ以外にもワッフルを売っているお店はたくさんあって、どこも似たり寄ったりにも見えますよね。


では、本当においしいワッフルはどこで食べられるのでしょうか。いろんなワッフルを食べてきて、私なりに見つけた秘訣を、今回は公開したいと思います。

t.jpg


まず、最低限押さえていただきたいおいしいワッフルの条件は、

焼き立てであること


これだけです。作り置きのワッフルを温めなおしたものではなく、作り立てでワッフル・メーカーから出てきたばかりの熱々のワッフルであることが重要です。


なーんだ、当たり前じゃん!と言われてしまいそうですが、本当においしいワッフルを食べたい方は、ここからじっくり読んでください。


なぜ、作り置きのワッフルを温めなおすのがダメかというと、焼き立てのワッフルが冷めていく間に、生地の真ん中まで火が通り過ぎて、固くパサパサとした食感になってしまうからです。冷めたワッフルは温めなおしても、焼き立てのように中がしっとり&もっちりとした食感は戻りません。


そして、冷めたワッフルを温めなおさずに食べるのは、さらにお勧めしません。ワッフルの生地にはバターと砂糖がふんだんに使われているため、冷めたワッフルのバターは舌に絡みつき、砂糖はザラザラとした食感が残るだけで、ちっともおいしくありません。温かくないワッフルは食べない、と肝に銘じてください!


かく言う私も、ブリュッセルへ引っ越してきた頃、いつも温めなおしたワッフルをお店の人が渡してくれるので、私は温めなおしたワッフルが普通のワッフルの味だと思っていました。でも、初めて焼き立てを食べたとき、ワッフルがこんなにもおいしいものだとは知らずにいたことに、愕然としたものです。


では、焼き立てワッフルは、どこで食べられるのでしょうか。ダンドワは、次から次へとワッフルを買っていく人がいるので、テイクアウトで買った場合でも、焼き立てに近いワッフルが食べられるようです。ダンドワのように、ワッフル・メーカーにほとんどつきっきりのスタッフがいて、ずっとワッフルを焼いているお店なら、焼き立てがほしいとお願いすれば、だいたい少し待つだけで焼き立てのワッフルを買うことができます。


他に狙い目なのは、駅や美術館などの近くにある移動販売車。そして、メトロの駅構内のキオスクも時間帯によっては、比較的簡単に焼き立てワッフルを手にすることができます。


p.jpg


ワッフルは安くて気軽にどこでも買えますが、だからこそ、本当においしいワッフルを一度は食べてみてください。初めて焼き立てのワッフルを食べるときは、トッピングは何もつけず、プレーンで本場の味をしっかり堪能してくださいね。



<お役立ちメモ>
ベルギーで食べられるワッフルには、ブリュッセル風とリエージュ風の2種類があります。ブリュッセル風はさくっとした軽い食感で、日本で一般的なワッフルではなく、炭酸せんべいに食感が似ています。リエージュ風はパールシュガーが入っていて、もっちりとした食感で、日本で一般的なワッフルはこのリエージュ風です。移動販売車はリエージュ風ワッフルのみ販売していることがほとんどですが、他のお店はだいたいブリュッセル風とリエージュ風のどちらも販売しています。


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 レストラン・料理・食材
2013年4月26日
« 前の記事「街中が世界遺産のブルージュへ【ブリュッセルから日帰り旅行】」へ
»次の記事「週末は地元のグルメも足繁く通う人気のブランチ・レストランへ」 へ
おすすめ記事
    ブリュッセル特派員 新着記事
    雅楽・武道パフォーマンス
    2016年クリスマス・マーケット
    ベルギーの美術館所蔵の浮世絵展
    原監督を迎え、映画「百日紅」特別上映
    日本の夏祭りがグランプラスに登場!
    日本がテーマのフラワーカーペット
    16世紀から続く伝統行事 オメガング
    世界遺産のグランプラスを戦国時代の衣装を着て歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    お肉のおいしいフレンチ La canne en ville
    贅沢な夜に... Kwint
    本格的イタリアンレストラン
    今年もやってきました

    ヨーロッパ 航空券情報


    ベルギー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリュッセル特派員

      ブリュッセル特派員
      SAORI
      2012年2月よりブリュッセル在住。外資系企業のヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当の仕事を経て、独立。2016年は、日本・ベルギー友好150周年で、日本関連のイベントがたくさん企画されています。イベント情報はもちろんのこと、ブリュッセルを満喫いただけるような観光スポットや地元で人気のお店など、現地からの旬な情報をお届けします。Facebookはこちら。なお、個人旅行に関するお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。 DISQUS ID @disqus_xlfWIaOy9v

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集