海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > 「突然死」という名前がついた歴史あるビア・カフェ ...

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ SAORI

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年8月17日

「突然死」という名前がついた歴史あるビア・カフェ A la Mort Subite


メール プリント もっと見る

「突然死」という名前がついた歴史あるビア・カフェ A la Mort Subite

ベルギーと言えば、ビール! 今回ご紹介するのは、「突然死」という強烈なインパクトのある名前のビア・カフェ「A la Mort Subite」。グラン・プラス(Grand Place)からギャルリー・サンチュベール(Galerie St-Hubert)を通り抜けた向かいにあります。


お店の歴史は1910年にさかのぼり、現在の場所に移転したのは1928年だそうです。当時のままの内装の店内は、いつも地元の人や観光客で賑わっています。


2u.JPG


「突然死」という名前が付いているのは、お店だけではありません。このお店オリジナルのビールにも「Mort Subite (突然死)」という名前がついていて、ビールを注文すると、Mort Subiteのロゴが入ったグラスでビールが運ばれてきます。


2v.JPG

【写真上】 店内のバー・カウンターにはこのお店の看板ビールともいえる「Gueuze Morte Subite」の文字が


Mort Subiteという名前がついたビールにはいくつか種類がありますが、すべてランビック・ビールというタイプに分類されます。ランビック・ビールとは、ブリュッセル近郊のみで醸造されるビールのことで、野生の酵母を使って自然発酵させるので、酸味が強いのが特徴。ランビック・ビールは、別名「ビールのシャンパン」とも言われているそうです。


ランビック・ビールはその独特の酸味のため、好き嫌いが分かれるビールですが、A la Mort Subite のビールでお勧めなのが、Mort Subite Kriek という名前のチェリー味のビール。これは、サワーチェリーをランビック・ビールに漬け込んで、さらに熟成させたビールで、とても飲みやすく、特に女性に人気があります。チェリーが苦手な方は、Peche(ピーチ味)もすっきりと飲めるのでオススメです。


2w.JPG


もちろんMort Subiteブランド以外のビールもありますし、ビール以外の飲み物も充実しています。物騒な名前のついたビア・カフェではありますが、地元の人に長く愛され続けている名物のビールは一度飲んでみる価値があると思います。観光の途中に、ぜひ立ち寄ってみてくださいね!


A la Mort Subite
住所:rue Montagne aux Herbes Potagères 7, 1000 Brussels
電話番号: +32 (0)2 513 13 18
営業時間: 月~土 11:00~25:00、日 12:00~24:00(1/1、12/24、12/25、12/31 休み)
HP: http://www.alamortsubite.com/ENG/info.html



<お役立ちメモ>
ランビック・ビールが気に入った方は、市内の醸造所を訪れてみはいかがでしょうか? Cantillon Breweryは南駅の近くとアクセスもよく、ランビック・ビールの醸造所に博物館が併設されていて、季節によっては実際に醸造している工程を見学することができます。また、見学の最後には試飲もできます。


Cantillon Brewery
住所: Rue Gheude 56, 1070 Anderlecht
電話番号: +32 (0)2 521 49 28
営業時間: 月~金 9:00~17:00、土 10:00~17:00 日・祝 休み
入場料: 6ユーロ
HP: http://www.cantillon.be/br/3_1


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 見所・観光・定番スポット
2013年8月17日
« 前の記事「世界無形文化遺産 ブリュッセル最古のお祭り「メイブーム(Meyboom)」」へ
»次の記事「夏休みの終わりを盛り上げるラテンのお祭り Fiesta Latina」 へ
おすすめ記事
    ブリュッセル特派員 新着記事
    雅楽・武道パフォーマンス
    2016年クリスマス・マーケット
    ベルギーの美術館所蔵の浮世絵展
    原監督を迎え、映画「百日紅」特別上映
    日本の夏祭りがグランプラスに登場!
    日本がテーマのフラワーカーペット
    16世紀から続く伝統行事 オメガング
    世界遺産のグランプラスを戦国時代の衣装を着て歩く
    1年前の同じ月に投稿された記事
    コミックアート

    ベルギー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリュッセル特派員

      ブリュッセル特派員
      SAORI
      2012年2月よりブリュッセル在住。外資系企業のヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当の仕事を経て、独立。2016年は、日本・ベルギー友好150周年で、日本関連のイベントがたくさん企画されています。イベント情報はもちろんのこと、ブリュッセルを満喫いただけるような観光スポットや地元で人気のお店など、現地からの旬な情報をお届けします。Facebookはこちら。なお、個人旅行に関するお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。 DISQUS ID @disqus_xlfWIaOy9v

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集