海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > ブリュッセルからちょっと足をのばして王立中央アフリ...

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ SAORI

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年9月23日

ブリュッセルからちょっと足をのばして王立中央アフリカ博物館(Royal Museum of Central Africa)へ


メール プリント もっと見る

ブリュッセルからちょっと足をのばして王立中央アフリカ博物館(Royal Museum of Centra...

世界各地の博物館をたくさん見てきた友人たちに言わせると、他に類を見ない充実したアフリカ関係の展示物が見れる、という王立中央アフリカ博物館。展示物の数とそのクオリティーの高さはもちろんのこと、博物館の建物自体と博物館の前に広がる公園の美しさは、地元の人たちにもよく知られており、人気の高い場所です。


3o.jpg


ベルギーになぜアフリカの博物館があるのか不思議に思われた方もいるかもしれませんが、ベルギーには、コンゴ民主共和国(旧ザイール)を植民地化していたという歴史があります。


現在のコンゴ民主共和国は、1885年にベルギー国王のレオポルト2世が「コンゴ自由国」とし、私有地化しました。Wikipediaによると、


当初、レオポルド2世は私費を切り詰めて鉄道を建設するなど、コンゴの近代化を推進したが、すぐに圧政に転じた。現地住民は象牙やゴムの採集を強制され、規定の量に到達できないと手足を切断するという残虐な刑罰が情け容赦なく科された。当時、大なり小なり、植民地での強制的な収奪を当たり前のものとしていた欧州諸国においても、この圧政は非難の的となり、植民地経営に関心がなかったベルギー政府を動かすこととなる。


1908年にベルギー政府は国王からコンゴを買い取って所有権を政府に移し、コンゴは正式に植民地ベルギー領コンゴとなりました。ベルギーによる植民地化は1960年まで続き、1960年6月30日にコンゴ共和国(1964年、コンゴ民主共和国に改称)として、ベルギーから独立しました。


王立中央アフリカ博物館が立つテルヴューレン公園は、かつて王領地でした。国王レオポルド2世は、1897年のブリュッセル万博の際に、コンゴから運んできた貴重な芸術作品のコレクションや資料を展示する場所として、建築家シャルル・ジローに命じて宮殿を建造しました。創立以来、博物館はアフリカ文明の調査研究の世界的中心となって活動しており、世界でも有数のアフリカ文明コレクションを有するので、「アフリカ文明の殿堂」とも呼ばれているそうです。


3p.jpg


1910年にコンゴ博物館(1960年に現在の名称に改名)として開園し、100年以上に渡って、中央アフリカの文明を展示してきた王立中央アフリカ博物館。建設された当時のままの博物館には、中央アフリカの民族具、剥製動物、カカオなどの生産品、そしてベルギー植民地化の歴史に関する資料が展示されています。


3q.jpg

【写真上】 ルイ16世様式の博物館内部。「展示物の邪魔にならなず、アフリカの風景を壁画に」という指示通りに描かれた壁画。奥の部屋にはキリンの剥製が。


3r.jpg


博物館の中にはカフェもあり、中央アフリカの料理を楽しむこともできます。私はごはんの上にレモン風味の煮込みチキンがのっている料理を食べました。さっぱりしていてとてもおいしかったです。他にも、スパイシーなピタなど5種類のアフリカ料理と、パスタなどの軽食も提供されています。


王立中央アフリカ博物館は、修復の計画が以前からあり、2013年12月1日をもって、いったん休館することが決まっています。修復後の開館は2016年5月の予定で、一部展示物はベルギーおよび世界の美術館、博物館に展示されるそうです。


Royal Museum of Central Africa (王立中央アフリカ博物館)
住所: Leuvensesteenweg 13, 3080 Tervuren
電話: +32 (0)2 769 52 11
開館日時: 火~日 10:00~17:00(土・日 ~18:00) 月曜日・1/1、5/1、12/25休み
入場料: 4ユーロ(お年寄り 3ユーロ、13~17歳 1.50ユーロ、12歳以下の子供 無料)
HP: http://www.africamuseum.be/home



<お役立ちメモ>
王立中央アフリカ博物館は、トラム44番終点のTervuren駅から徒歩約3分。トラム44番始発駅のMontgomery駅からTervuren駅までは、約20分です。このトラム44番は、1897年のブリュッセル万博の際に建設されたトラムで、トラムの線路が並木道の間や森の中を走るので、車窓からの風景がとても美しく、一度はぜひ乗っていただきたいトラムです。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年9月23日
« 前の記事「どれもおいしそうで迷っちゃう! 「不思議の国」のベーグル専門店」へ
»次の記事「ブリュッセルで本格的チョコレート作りを体験するならZaabarへ」 へ
おすすめ記事
    ブリュッセル特派員 新着記事
    雅楽・武道パフォーマンス
    2016年クリスマス・マーケット
    ベルギーの美術館所蔵の浮世絵展
    原監督を迎え、映画「百日紅」特別上映
    日本の夏祭りがグランプラスに登場!
    日本がテーマのフラワーカーペット
    16世紀から続く伝統行事 オメガング
    世界遺産のグランプラスを戦国時代の衣装を着て歩く

    ベルギー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリュッセル特派員

      ブリュッセル特派員
      SAORI
      2012年2月よりブリュッセル在住。外資系企業のヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当の仕事を経て、独立。2016年は、日本・ベルギー友好150周年で、日本関連のイベントがたくさん企画されています。イベント情報はもちろんのこと、ブリュッセルを満喫いただけるような観光スポットや地元で人気のお店など、現地からの旬な情報をお届けします。Facebookはこちら。なお、個人旅行に関するお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。 DISQUS ID @disqus_xlfWIaOy9v

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集