海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナー...

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ SAORI

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月21日

アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ② コーシー邸


メール プリント もっと見る

アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ② コーシー邸

2013年の10月毎週末に開催されているのは、第7回目を迎えたアール・ヌーヴォーとアール・デコのビエンナーレ。今回は、日本芸術の影響を受けたといわれる建築家ポール・コーシーが、1905年に自宅として建設したコーシー邸をご紹介します。

4g.jpg


ポール・コーシーは1905年に結婚し、その妻リナと住むためにこの自宅を建てました。現在は、地下と地上階が日時限定で一般公開されており、2階と3階は一般住居として使われています。


コーシー邸は、ズグラッフィート(= 2層の対照的な色からなる漆喰の、表面の湿った層を掻き落として線画を描く壁の装飾技法)を使ったファサードと内装が高く評価されています。


新婚のコーシーが建てた自宅の外壁中央には、「Par Nous Pour Nous (私たちによる 私たちのための)」と書かれています。


4h.jpg


また、3階の窓の鉄枠のデザインは、「間」という漢字を表しているのではないかといわれています。地下のギャラリーには、日本人書道家による「間」の書や、華道家の作品が飾られています。


4i.jpg


内部は写真撮影が禁止されていますが、コーシー邸のHPではいくつか写真が公開されており、様子をうかがうことができます。見学可能な地上階の部屋には、2人が結婚した1905年の文字やハート、女性の姿などが壁一面に描かれ、部屋中にアートが溢れています。内部を案内して下さったガイドの方によると、室内に描かれた女性の何人かは日本画に描かれた芸者の姿を真似ているそうです。


コーシーが亡くなった後、1979年にはタンタンをはじめとするベルギーの人気キャラクターを展示するマンガ博物館を、このコーシー邸に設置するという企画が持ち上がりました。結局、この企画は十分な資金を得られず、コーシー邸ではなく、現在のマンガ博物館の建物が設置場所として選ばれたのだそうです。


ビエンナーレ開催期間中以外でも、毎月最初の週末に一般公開されるコーシー邸。新婚のコーシーが愛する妻との生活のために建てた美しい愛の巣は、一見の価値ありです!


Maison Cauchie
住所: 5 Rue des Francs, Etterbeek
開館日時: 毎月最初の週末 10:00~13:00、14:00~17:30(最終入場は16:45)
入場料: 5ユーロ(12歳以下の子ども 無料)
HP: http://www.cauchie.be/cauchie-house



<お役立ちメモ>
アール・ヌーヴォーからモダン・デザインへの展開を促したといわれるベルギーの建築家アンリ・ヴァン・デ・ヴェルデの特別展示が、コーシー邸近くのCinquantenaire Museumで期間限定で開催中です。コーシー邸の見学のついでに、覗いてみてくださいね。


Exhibition Henry van de Velde
開催場所: The Cinquantenaire Museum (Parc de Cinquantenaire 10)
開催日時: 2014年1月12日まで (月曜日、11/1、11/25、12/25、1/1 閉館)
入場料: 10ユーロ (65歳以上 7ユーロ、6~25歳 4ユーロ、6歳以下 無料)
HP: http://www.kmkg-mrah.be/expositions/henry-van-de-velde


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2013年10月21日
« 前の記事「アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ① チャンベルラーニ邸」へ
»次の記事「アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ③ タッセル邸」 へ
おすすめ記事
    ブリュッセル特派員 新着記事
    雅楽・武道パフォーマンス
    2016年クリスマス・マーケット
    ベルギーの美術館所蔵の浮世絵展
    原監督を迎え、映画「百日紅」特別上映
    日本の夏祭りがグランプラスに登場!
    日本がテーマのフラワーカーペット
    16世紀から続く伝統行事 オメガング
    世界遺産のグランプラスを戦国時代の衣装を着て歩く

    ベルギー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノエキスポイタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリュッセル特派員

      ブリュッセル特派員
      SAORI
      2012年2月よりブリュッセル在住。外資系企業のヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当の仕事を経て、独立。2016年は、日本・ベルギー友好150周年で、日本関連のイベントがたくさん企画されています。イベント情報はもちろんのこと、ブリュッセルを満喫いただけるような観光スポットや地元で人気のお店など、現地からの旬な情報をお届けします。Facebookはこちら。なお、個人旅行に関するお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。 DISQUS ID @disqus_xlfWIaOy9v

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集