海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナー...

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ SAORI

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年10月28日

アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ③ タッセル邸


メール プリント もっと見る

アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ③ タッセル邸

2013年の10月毎週末に開催されているのは、第7回目を迎えたアール・ヌーヴォーとアール・デコのビエンナーレ。今回は、ビエンナーレ最終週の2日間以外は一般公開されていないタッセル邸をご紹介します。


世界遺産に登録されている「建築家ヴィクトル・オルタの主な都市邸宅群」の1つで、世界初のアール・ヌーヴォー建築と言われているタッセル邸。現在は、ヨーロッパ食品情報会議(EUFIC)のオフィスとして使われているため、内部の一般公開は今週末のみということで、多くのアール・ヌーヴォー・ファンがタッセル邸を訪れました。


4j.jpg


タッセル邸は、1893年にタッセル教授の自宅として建てられました。ガイドの方の説明によると、タッセル邸は多くの点で、当時とても革新的な建物だったようです。例えば、正面のドアを入ると目の前には3つのドアがあります。右手は応接室、左手はクローク、そして真ん中のドアが邸宅への入り口となります。そして、クロークとして使われていた部屋の奥にはトイレがあります。当時、このクロークの部分と応接室の部分は、家の「外」とみなされていたそうです。


まず、タッセル教授は生徒を家の中へ招き入れたくないと考えていたようで、生徒たちは正面のドア右手の応接室でタッセル教授と面会したそうです。また、当時は邸宅内のトイレを訪問客が使うという風習がなかったため、訪問客は事前にトイレを済ませ、邸宅を去るまでトイレは我慢しなければいけなかったのだそうです。家の「外」とみなされているクロークに続くトイレは、訪問客が気兼ねなく使えるようにという意向で、オルタが設置したそうです。


さて、真ん中のステンド・グラスのドアから家の「中」に入ると、奥の食堂に続く廊下と2階へ続く階段が目に入ります。当時の建築物の特徴として、家の幅が狭いことがあげられますが、タッセル邸も同様で、オルタは廊下の一面に鏡を設置することで目の錯覚を創り出し、実際よりもずいぶん広い感覚を持たせる工夫をしています。


男性の訪問客は食事のあと、2階の屋内テラスでシガーを嗜んだそうです。2階には写真が趣味だったタッセル教授のために作られた暗室や、写真を1階のスクリーンに映せるようにと映写機を設置できるように工夫された鉄柵についての説明もありました。


4k.jpg

【写真上部】 2階の屋外テラス部分のステンド・グラス。内部から見ると、シガーの煙を表しているようにも見えます。


次に内部を見学できるのは、おそらく2015年のビエンナーレになるようです。内部は写真撮影が不可なので、外からではわからない内部の様子は、インターネットでもあまり公開されていませんが、公式サイトからタッセル邸のシンボルともいえる階段の写真を引用して、その様子を少しお伝えできればと思います。


4l.jpg

【写真上】 http://www.cupola.com/html/bldgstru/artnouv/slide/tasse03e.htm より引用


Hôtel Tassel
住所:  6 Rue Paul-Emile Janson
内部の一般見学不可



<お役立ちメモ>
ビエンナーレ開催期間中でなくても、アール・ヌーヴォーやアール・デコのガイド・ツアーに参加してみたいという方は、ARAUのサイトがお勧めです。英語のツアーも毎月いくつか開催されています。ぜひチェックしてみてくださいね。


http://www.arau.org/en/tours


記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 文化・芸術・美術
2013年10月28日
« 前の記事「アール・ヌーヴォーとアール・デコを極めるビエンナーレ ② コーシー邸」へ
»次の記事「地元の人と知り合うチャンス 新しいタイプのレストラン Bookalokal」 へ
おすすめ記事
    ブリュッセル特派員 新着記事
    雅楽・武道パフォーマンス
    2016年クリスマス・マーケット
    ベルギーの美術館所蔵の浮世絵展
    原監督を迎え、映画「百日紅」特別上映
    日本の夏祭りがグランプラスに登場!
    日本がテーマのフラワーカーペット
    16世紀から続く伝統行事 オメガング
    世界遺産のグランプラスを戦国時代の衣装を着て歩く

    ヨーロッパ 航空券情報


    ベルギー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリュッセル特派員

      ブリュッセル特派員
      SAORI
      2012年2月よりブリュッセル在住。外資系企業のヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当の仕事を経て、独立。2016年は、日本・ベルギー友好150周年で、日本関連のイベントがたくさん企画されています。イベント情報はもちろんのこと、ブリュッセルを満喫いただけるような観光スポットや地元で人気のお店など、現地からの旬な情報をお届けします。Facebookはこちら。なお、個人旅行に関するお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。 DISQUS ID @disqus_xlfWIaOy9v

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集