海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > もう1つのマグリット・ミュージアム 「マグリットの...

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ SAORI

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2015年9月 3日

もう1つのマグリット・ミュージアム 「マグリットの家」を訪ねて


メール プリント もっと見る

もう1つのマグリット・ミュージアム 「マグリットの家」を訪ねて

現在日本で開催中のマグリット展をご覧になって、ベルギーへ旅してみたいと考えていらしゃる方もいるかもしれません。20世紀を代表するシュルレアリスムの巨匠、ルネ・マグリットは、ベルギーを代表する画家で、ロワイヤル広場にあるマグリット美術館には、毎日大勢のファンや美術愛好家が訪れています。

マグリットはどこからインスピレーションを得て、作品を作っていたのでしょうか。その秘密をひも解くために、マグリットが32歳から56歳ぐらいまでの間、実際に住んでいたという家を訪れてみました。


8f.JPG


3年ほどパリ郊外に住み、パリのシュルレアリストと交流を持っていたマグリットが、32歳でブリュッセルへ戻ってきたときは、まだ売れない画家でした。当初は、弟と商業美術の会社を立ち上げ、ポスターを描いて生計を立てていたそうです。


後にマグリットの作品は高く評価されるようになりますが、その作品の多くが、この「マグリットの家」で描かれました。マグリットが妻と一緒に生活をしていた1階部分は、当時の内装を再現しています。じっくりと細かく見ていくと、家具や窓から見える風景などが、彼の代表する作品に登場していることに気づくでしょう。


ブリュッセル中心地からは少し離れていますが、トラムに乗れば最寄りの駅から徒歩数分ですので、マグリットの描く世界に魅せられた方は、訪れてみると新しい発見があるかもしれません。なお、「マグリットの家」は住宅街にあり、目立った看板があるわけでもないので、住所をご確認の上、お出かけください。


Musée René Magritte
開館日時: 水〜土 10:00~18:00(月・火、1/1、12/25 休館)
入館料: 大人 7.5ユーロ、子供・学生 6ユーロ
住所: Rue Esseghem 135, 1090 Bruxelles
TEL: +32 2 428 26 26
HP: http://magrittemuseum.be

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 見所・観光・定番スポット
2015年9月 3日
« 前の記事「タダなのにあまり知られていない絶景ポイント」へ
»次の記事「eat! BRUSSELS drink! BORDEAUX」 へ
おすすめ記事
    ブリュッセル特派員 新着記事
    雅楽・武道パフォーマンス
    2016年クリスマス・マーケット
    ベルギーの美術館所蔵の浮世絵展
    原監督を迎え、映画「百日紅」特別上映
    日本の夏祭りがグランプラスに登場!
    日本がテーマのフラワーカーペット
    16世紀から続く伝統行事 オメガング
    世界遺産のグランプラスを戦国時代の衣装を着て歩く

    ヨーロッパ 航空券情報


    ベルギー旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブリュッセル特派員

      ブリュッセル特派員
      SAORI
      2012年2月よりブリュッセル在住。外資系企業のヨーロッパ・中東・アフリカ地域担当の仕事を経て、独立。2016年は、日本・ベルギー友好150周年で、日本関連のイベントがたくさん企画されています。イベント情報はもちろんのこと、ブリュッセルを満喫いただけるような観光スポットや地元で人気のお店など、現地からの旬な情報をお届けします。Facebookはこちら。なお、個人旅行に関するお問い合わせには対応しておりません。ご了承ください。 DISQUS ID @disqus_xlfWIaOy9v

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集