海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブリュッセル特派員ブログ > "SPA"の語源の町で温泉に入ろう!

ベルギー/ブリュッセル特派員ブログ みぽりん

ベルギー・ブリュッセル特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2020年11月24日

"SPA"の語源の町で温泉に入ろう!


"SPA"の語源の町で温泉に入ろう!

こんにちは。ブリュッセル特派員のみぽりんです。

リラックスできない日々が続く昨今ですが、今回は気持ちだけでもリラックスということでベルギーの町「SPA」について紹介します。


英語のspaの語源はここ!


英語で温泉のこと「スパ」って言いますよね? この語源になったのがベルギーのこの町「SPA」。


地球の歩き方のオランダ・ベルギー・ルクセンブルク編によると


"ローマ時代から温泉地として知られ、16世紀以降は王侯・貴族・芸術家たちの集まる高級温泉保養地としてにぎわった"由緒正しい温泉保養地なんです。またF1で有名なスパフランコルシャンサーキットもこの近くということで、例年であれば世界中から観光客が集まるベルギーの一大観光地なわけです。




IMG-6501.JPG

今回のスパ訪問の目的はやっぱり温泉でのんびりということで、スパの町の高台にある「Thermes de Spa」に行ってみました(ちなみに訪れたのは、比較的状況が落ち着いていた9月頃です)。

実は、ベルギーからドイツにかけての地域ではこのようなタイプの温泉リラクゼーション施設(テルム/テルメン)が数多くあり、このタイプの施設に訪れるのは3回目。日本の温泉のイメージとはかなりかけ離れていますが、これはこれで楽しいものですよ。


では、ヨーロッパのテルムの入り方を少し解説しましょう! そもそも温泉と言ってはいますが、要するに温水プールですのでくれぐれも水着はお忘れなく。


IMG-6502.JPG

この大きな建物がスパ施設。高台にあるので車でのアクセス、またはケーブルカーで丘を登ってアクセスします。

建物の中に入ると、カウンターがあるので事前に予約していることを伝えてリストバンドをもらいます。

このリストバンドがロッカーのカギと場内での財布代わりになりますので身に着けておきましょう。

テルムの場内に入場したら、まず水着に着替えます。個室がたくさん並んでいるので一方から入って着替えたら、反対側のドアから出ます。男女の区別はありませんので空いているところで着替えましょう。




着替えて反対側のドアから出たら、そこがロッカーエリア。空いているロッカーに荷物を入れて、鍵をかけます。

この鍵のシステムが日本では見たことないもので、ロッカーについているボタンをリストバンドを使って押し込むと鍵がかかるんです。押し込んだときに使ったリストバンドでないともちろん鍵は開かないのですが、慣れていないと何とも不思議に感じると思います。




ロッカーを閉めたら、タオルを持って温泉へ! 温泉プールエリアに入る前にシャワーを浴びます。

あとは好きな温泉プールに入って楽しむだけです。こちらの温泉プール、32℃から35℃くらいの幅でいくつかあるのですが、けっこう冷たい(笑) みんな冷えたら暖かいジャクージや38℃のプールに向かって一目散でした。




プールに飽きたら、階段を上がってサウナエリアへ行きましょう。

サウナは裸のタイプと水着着用のタイプがあります。男女一緒なので水着着用のタイプの方が日本人には落ち着きますね......(温泉なのに)冷えた体がサウナで芯からあったまるのでサウナに普段行かない方でも行った方がいいです! 寒いまま外に出たら死んじゃいます(笑)




プールとサウナを満喫したら、帰りは来たときと同じように個室で着替えて、反対側の出口に出て精算して終了です。


IMG-6500.JPG

精算後の出口を出たところにこんなものが。SPAの周辺から湧き出す3種類の源泉を飲み比べることができます。

3種類のうち、シンクの色がとんでもないことになっている源泉は鉄分が非常に多く含まれていて飲めたものではありませんでした......




現状では訪れることは難しい状況ですが、訪れることができるようになったらぜひSPAの起源の地で温泉に入ってみてくださいね。

予約や詳しい情報はこちらからどうぞ↓↓


Les Thermes de Spa



Instagramでも最新情報を発信しています。こちらもぜひご覧ください! 

みぽりん☆駐在妻:@shirokuma_bride

ヨーロッパ全体の旅行情報や駐妻の日々の生活情報はこちらのブログから! 

Mipolin's Life in Brussels:https://shirokuma-life-brussels.hatenablog.com/

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2020年11月24日
« 前の記事「ブリュッセルワッフルのお店「Dandoy」」へ
»次の記事「ブリュッセルのクリスマス in 2020「Brussels By Lights」」 へ
ブリュッセル特派員 新着記事
[帰国体験記④]一日の過ごし方と退所日について
[帰国体験記③]隔離期間中の食事大公開!
[帰国体験記②] 成田到着から隔離先ホテルまで
[帰国体験記①]旅立ちから成田到着まで
ベルギーのパンを使ったサンドイッチ「Pistolet Original」
ベルギーならでは?チョコレート屋さんのアウトレット!
ブリュッセルで芸術を無料で楽しもう!
ベルギーの透明な教会に行ってみた!

ヨーロッパ 航空券情報


ベルギー旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ベルギーの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/ウェルシュプールイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンダルイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イギリス/ロンドン4イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/ナポリ3イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ベネチアイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2イタリア/ローマ3ウクライナ/オデッサエストニア/タリンエストニア/タルツオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デルフトオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/ウィーン2オーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スペイン/レオンスロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュイスブルクドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ブレーメンドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/アンボアーズフランス/カンヌフランス/コートダジュールフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/トゥールーズフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/パリ3フランス/ブールジュフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンフランス/リヨン2フランス/レンヌブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/アントワープベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ブリュッセル2ベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/サンクトペテルブルグロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブリュッセル特派員

    ブリュッセル特派員
    みぽりん
    2019年秋からブリュッセル在住の駐在妻。趣味は食べ歩きと旅行です。ブリュッセルの町なかを散歩しながら見つけたおいしいものや、ヨーロッパの真ん中という立地を生かしたブリュッセルから行ける旅行スポットなど、さまざまな情報をお伝えしていきたいと思います。Instagramでもブリュッセルでの日常生活を発信していますのでぜひチェックしてみてください。 DISQUS ID @disqus_pZpcHJDtnD

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集