海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ルーマニア/ブカレスト特派員ブログ

ルーマニア/ブカレスト特派員ブログ T&O

ルーマニア・ブカレスト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。


メール プリント もっと見る

ルーマニアで自然を満喫し、様々な名所・旧跡を観光をするのも最高ですが、忘れてはならないのが・・・そう!お土産ですよね。ルーマニア政府公認・日本語ガイドである私が、ルーマニアで絶対に買うべき、お土産にちょうどいい「お菓子」5つをご紹介します!



ルーマニア土産で「お菓子」がおすすめな理由は?


旅行先ではお土産を購入するのも楽しみの一つですよね。自分用や家族、友達、勤務先と多くのお土産を選ぶ人もいるでしょう。ルーマニアでお土産を買うなら、おすすめは「お菓子」です。なぜ「お菓子」なの?と疑問に思う人もいますよね。

実はルーマニアには沢山のお菓子メーカーがあり、現地の味をそのままお土産として持ち帰ることができるためおすすめなのです。ルーマニアはワインも有名ですが、重たいので持ち運ぶのがちょっと大変・・・。お菓子なら持ち運びも便利で価格も手頃!パッケージも可愛らしいもの(時にはヘンテコなものもありますが・・・)が多く、喜ばれることが多いため、自分用にもバラマキ用のお土産としてもぴったりなんです。


ルーマニアで買物するならどこがおすすめ?


ルーマニアで行われる多くの観光ツアーでは、市場や大型スーパーなどで皆さんが買物できるよう時間が設けられています。市場では手作りのお菓子が多いため、持ち帰る際には賞味期限に注意する必要があります。

賞味期限のことを気にすることなくお菓子を選びたいのならやはりスーパーなどのお店で販売されているお菓子が良いでしょう。


ルーマニアで人気!お土産にちょうといいお菓子5つをご紹介!


ルーマニアのお土産は持ち運びも便利で価格も手頃なお菓子で決まりです。日本人観光客の皆さんにも大人気だった絶対に買うべきお菓子を5つご紹介します。


①:チョコレート


ルーマニア人もみんな大好きなチョコレートはお土産にいかがですか?ルーマニアの大型スーパーに並ぶチョコレートは約50ブランドと多く、ルーマニア製の商品も多く見つけることができます。値段も日本円で30円~900円くらいでバラマキ用のお土産にもちょうど良い価格です。

23131280_1483893438359976_819653265_o.jpg

チョコレートの中で一番人気のルーマニアブランドは「Poiana (ポヤナ)」です。Poianaは1995年に誕生し、ミルクやピーナッツの定番商品を含め現在は24種類ほど発売されています。コーンフレークが混ぜられた商品やアーモンドの塩味がマッチするフレーバーの変わったチョコレートも作られています。

23157607_1483893418359978_398499981_o.jpg

ロムの愛称で親しまれている「Ciocolata cu ROM (チョコラタ・ク・ロム)」のチョコレートはルーマニアで知らない人はいないブランドの一つ。パッケージもルーマニアの国旗をモチーフにしているため、お土産にぴったりです。ロムは1964年から販売されており、一番有名なのはチョコレートの中にブランデー風味のペーストが入った商品です。ウイスキーボンボンのブランデー版と言えばわかりやすいでしょうか。

お酒好きなルーマニア人にとって定番のお菓子で大人はもちろん、子供にも大人気です。(ルーマニアではロムのチョコレートで幼少期からお酒の英才教育を始める家庭も多いです。笑)


②:プフレッツィ


写真.JPG

ルーマニアを代表するお菓子と言えばこの「プフレッツィ」です。日本のお菓子に例えると、「カール」の歯ごたえをなくした感じと言えば伝わるでしょうか?このプフレッツィは1歳児から大人まで、ルーマニア国民なら絶対一度は食べたことのある国民的スナック菓子で、スーパーにはさまざまなメーカーのプフレッツィが並んでいます。

日本人観光客の皆さんにおすすめのお菓子を聞かれた際にはおすすめしており、みなさんに気に入って頂いています。価格も日本円で1袋30円もしないくらいで購入できるため、お土産に最適です。お酒のおつまみとしてもイケますよ。


③:はちみつ


23030794_1483955148353805_430839858_o.jpg

ルーマニアは知る人ぞ知る養蜂大国です。ルーマニアに来たのなら1つは購入して帰りましょう!市場では養蜂家から直接購入することもできます。スーパーでも様々な種類が販売されており、一番人気は「アカシアはちみつ」です。「西洋菩提樹」のはちみつも人気がありますよ。


④:コゾナック


写真 2.JPG

コゾナック(cozonac)はルーマニア伝統のケーキ(焼き菓子)です。見た目は小さめの食パンの様な形をしています。ココアのペーストを作り、くるみと共にロクム(ターキッシュディライト)というゼリーを生地に入れて焼き上げたものです。

市場でもスーパーでも売られていますが、日本まで持ち帰るのならスーパーで売られている商品が良いでしょう。


⑤:ジャム


写真 1.JPG

ルーマニアは自国で多くの果物を育てており、市場やスーパーで驚くほどの低価格で購入することが出来ます。市場では手作りのジャム、スーパーでは賞味期限の長い商品が売られています。

日本ではあまり見かけないメロンのジャムなども発売されています。こちらではメロン1玉(日本で売られているウリのような種類)が150円くらいで購入出来るので、ジャムにしてももったいなくないわけです。ジャムはルーマニアを感じられるお菓子としてお土産にもぴったりです。パッケージの可愛らしい商品を選びたいですね。


以上、ルーマニア政府公認・日本語ガイドである私がオススメする、お土産にちょうといい「お菓子」5つでした。


2017年10月31日

ルーマニアはワインの産地として知られています。日本でもここ数年でルーマニアワインを取り扱うお店やレストランも増えてきていると思います。ルーマニアワインの魅力は何と言っても低価格で味の良いところです。

1か月前、カルパチア山脈の南、ブカレストから約100kmに位置するラセルタ・ワイナリーを訪れました。イタリアのトスカーナやフランスのボルドーワイナリーと同じく北緯45度に位置するワイナリーであるため気候が良く、ここには沢山の種類のブドウが育てられます。ラセルタのブドウ園は82万平方メートルで、ボルドー、メルロ、カベルネソーヴィニヨンやルーマニアにしかないフェテェスカと言うブドウが育てられています。

Lacerta 1.jpg

lacerta 3.jpg

ラテン語でラセルタという言葉は「トカゲ」を意味をしています。ラセルタ・ワイナリーの地方には沢山のトカゲが生きており、ブランドにもラセルタという名が付けられました。

lacerta 2.jpg

ラセルタ・ワイナリーのワインを試飲するには2種類から選ぶことが出来ます。

・1つ目は、ラセルタが作っている20種類のワインの中から3つを味見することが出来ます。価格は29レイ(約850円)です。
・2つ目は、6つのワインを味見することが出来ます。こちらの価格は49レイ(約1450円)です。

ワインが早く飲みたい人にとっては残念ですが、どちらのパターンを選んでも試飲する前にまずブドウ園の見学から始まり、ワインの貯蔵庫の見学、最後にワインを試飲するという流れです。

lacerta 4.jpg

まず、ブドウ園を見学します。ブドウ園の見学ではそろそろ収穫時期となる美味しくて香りもいいメルロのワインを一杯サービスしてくれました。

lacerta 5.jpg

lacerta 6.jpg

ワインの貯蔵庫へ移り、そこではシャルドネとフェテェスカの赤ワインをサービスしてくれました。

lacerta 9.jpg

lacerta 7.jpg

lacerta 8.jpg

最後はお待ちかねの試飲です。私は、紹介されたワインの中で4つの赤ワインと2つの白ワインを選びましたが、ワインとともに様々な自家製のチーズや焼いたパンもサービスとしてついています。
lacerta 10.jpg

試飲でオーダーしたワイン以外にもサービスでロゼワインも一杯貰ったので、サービスと試飲含めて全部で10種類のワインを飲んだことになります。49レイ(約1450円)で、ワイン10杯の試飲とチーズやパンが提供されるこのプランは大変お得だと思います。

ルーマニアを訪れる人には、素晴らしい景色のワイナリーで、沢山の美味しいワインを手頃な価格で楽しめるラセルタ・ワイナリー訪問おすすめいたします。ちなみにこのラセルタ・ワイナリーでの試飲体験は事前予約が必要となっています。ホームページからコンタクトをとるか、私どもに申し付け下さればご予約並びに現地までの移動の手配をさせていただきます。

lacerta 11.jpg

★ラセルタ・ワイナリーの情報
●ホームページ:http://lacertawinery.ro/
●住所:434 FINTESTI, RO-127392, JUDETUL BUZAU, ROMANIA
●アクセス:公共交通機関なしのため、レンタカーなど車で現地まで行く必要があります。
●試飲コース所要時間:約1時間


2017年9月25日

ユネスコ世界遺産に登録のプレジュメル要塞教会
トランシルヴァニア地方には中世時代に600もの要塞教会がありました。現在はその半分が残り、その内の7つの要塞教会がユネスコ世界文化遺産の「トランシルバニア要塞教会群」に登録されています。今回、ご紹介するプレジュメル要塞教会は1960年から1970年の間に13世紀当時の建築に復元され、1999年にはユネスコ世界遺産に登録されました。

プレジュメル要塞教会8.JPG

プレジュメル要塞教会はブラショフ市から約15㎞に位置し、ルーマニア・トランシルヴァニア地方にある要塞教会です。13世紀の頃にルーマニアに住み着いたザクセン騎士団によって建てられ、東ヨーロッパの中で一番丈夫な要塞教会として知られています。当時、教会は神様に祈る場所だけではなく人々を守る役割もあったので重厚な壁の要塞が建設されたのです。



プレジュメル要塞教会7.JPG


プレジュメル要塞教会は元々はカトリック教会として建てられ、上から見ると十字架の形をし、入口は三つもあります。木で作られたトリプティック祭壇はトランシルヴァニア地方で一番古い祭壇として有名です。



プレジュメル要塞教会3.JPG


プレジュメル要塞教会2.JPG


プレジュメル要塞教会の歴史
中世時代の300年の間、トランシルヴァニア地方は14回も敵に襲われた歴史がありますが、プレジュメル要塞教会の城壁は高さが13m、壁の分厚さは3~4mもあるため、一度も征服されたことがない教会なのです。防衛のために作られたこの城壁は「死のオルガン」という名がつけられ、これによって人々が守られていました。「死のオルガン」は城壁だけではなく、投石器と大砲の仕組みも設けられ、防衛と攻撃の要素が備わった城壁となっています。



プレジュメル要塞教会の城壁の中には272もの部屋があり、人々が住んでいた場所以外は物置や学校の教室となっており、現在、観光する際にはその部屋や城壁の中の通路も見学することができます。


プレジュメル要塞教会4.JPG


プレジュメル要塞教会5.JPG

おススメのお土産
訪問する機会があればプレジュメル要塞教会の同じ敷地内にあるお土産屋さんもおススメです!そこにはルーマニアの伝統的なお土産以外にも、美味しい自家製のジャムやジュースなどが販売されています。どの商品も20レイ(約600円)で購入可能なため、全部試してみるのもいいかもしれませんね。


2017年8月28日
2017年7月10日
2017年5月28日
2017年4月27日
2017年4月25日
⇒すべての記事を見る

ルーマニア旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ルーマニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

ヨーロッパ特派員ブログ一覧

アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/シチリア島イタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バレンシアスペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスロヴェニア/リュブリャナチェコ/プラハ2チェコ/ブルノチェコ/プラハデンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルン2ドイツ/ケルンドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/レーゲンスブルクノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/サンローフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

ヨーロッパにもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブカレスト特派員

    ブカレスト特派員
    T&O
    ブカレスト在住。日本人のTとルーマニア人のOが様々な視点から現地情報をお届けします! 現地にてルーマニアと日本のヒト・モノ・コトを繋ぐ会社「Japan Transit Platform SRL」を設立。 日本語レッスン教室を軸として翻訳、通訳、ガイド、日本企業とのコラボレーション等も受付けています。
    ご連絡はこちらへお願いします。
    個人ブログはこちらから。
    facebook DISQUS ID @disqus_ztlxP8B2Hp

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集