海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > ヨーロッパ  > ブカレスト特派員ブログ > ぺリショール城をどこよりも詳しく解説!アールヌーボ...

ルーマニア/ブカレスト特派員ブログ T&O

ルーマニア・ブカレスト特派員が現地からヨーロッパ地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2017年11月29日

ぺリショール城をどこよりも詳しく解説!アールヌーボー好きにもおすすめ


ぺリショール城をどこよりも詳しく解説!アールヌーボー好きにもおすすめ

ぺリショール城はプラホヴァ川の渓谷に建てられた小規模の宮殿です。1899年〜1902年の間にカレル・リマーンというチェコの建築家によって建設され、ベルナルド・ルドヴィグによって装飾されました。



このぺリショール城は、ルーマニア王室のカロル1世の命令によって子孫のフェルディナンド1世とフェルディナンド1世の奥さん、マリア王妃のため建てられ、1903年から夏の離宮として使われるようになりました。



ベルナルド・ルドヴィグによって作られた内部の家具と装飾で判断するとペリショール城は20世紀の始まりの芸術運動に強く影響された宮殿だと思われます。


pelisor 01.JPGのサムネイル画像

160もの部屋があるペレシュ城と比べ、99部屋しかないぺリショール城は小さな宮殿ですが、ペレシュ城に劣らず豪華な作りとなっています。名誉回廊という廊下にはカシの木の羽目板が貼ってあります。金の寝室はマリア王妃によって描かれたスケッチを基づいて装飾されました。金の寝室の家具はボダイジュの木で作られ、その上に金箔が貼られています。


pelisor 02.JPGのサムネイル画像

pelisor 03.JPGのサムネイル画像

pelisor 04.JPGのサムネイル画像

マリア王妃は自らの事務室も自分でデザインしました。
金の部屋ではアイルランドの紋章となっているアザミの葉っぱで飾られています。
マリア王妃の出身はアイルランドであるため、自国のシンボルをルーマニアにも取り入れたのです。
このお城でフェルディナンド1世とマリア王妃の四人の子供:カロル二世(フェルディナンド1世を継いだ王様)、マリワラ(ユーゴスラビアの王妃となった長女)、エリサベタ(ギリシアの王妃となった次女)と二コラエも育てられました。


主な部屋:


名誉回廊
名誉回廊はシンプルで豪華です。この回廊の一番の目玉はカシの木の壁の羽目板とステンドグラスの天窓、1900年代の典型的な建築のモチーフです。
フェルディナンド1世の事務室
フェルディナンド1世の事務室は重厚な雰囲気をしている部屋です。ネオルネサンスの家具の中で一番目立っているのはクルミの木で作られた机です。この机にはルーマニアの王室がシナイヤで所有している三つのお城:ペレシュ城、ペリショール城とフォイショル城が彫刻されています。

礼拝堂
マリア王妃の寝室にある礼拝堂はルシュキツァの大理石で装飾されています。礼拝堂の入り口はアーチの形をし、編み込みの彫刻で飾られています。そしてアーチの真ん中には正教の太陽の十字架があります。
濃い色のステンドグラスのおかげで礼拝堂の中の雰囲気はとても厳かです。

pelisor 05.JPGのサムネイル画像

pelisor 06.JPGのサムネイル画像

金の寝室
金の寝室の家具は全てマリア王妃によってデザインされ、1909年にシナイヤのアトリエで作られました。寝室の家具はボダイジュウの木で作られ、全て金が貼れています。装飾としてマリア王妃の生まれた国の紋章、アザミの葉っぱで飾られています。アイルランドに住んでいたケルト民族の影響は編み込みの装飾で現れ、ビザンチン帝国の影響は動物や葉っぱの模様となって現わされています。

pelisor 07.JPGのサムネイル画像

マリア王妃の事務室
マリア王妃の事務室はブルンコヴェアヌ建築様式の部屋です。内部は素朴でルーマニアの伝統的な部屋の雰囲気をしています:アーチ、暖炉と王妃によってデザインされた木造の家具があります。机と椅子にはマリア王妃のシンボルとなっているマンジとユリで飾られています。

金の部屋
金が貼ってある化粧漆喰の壁はアザミの葉っぱで飾られています。アザミの葉っぱはアイルランドのナンシと言う町の紋章です。この町はマリア王妃の出身地だけではなく、アールヌヴォ様式が生まれた町です。
天窓はケルトの十字架をしています。
家具はケルトとビザンチンのモチーフを使った家具となっています。

ペリショール城には貴重なアールヌヴォの作品のコレクションがあります。この作品は〚Tinerimea Artistica・芸術的な若者〛というマリア王妃によって指導されたアーティストの団体によって作られました。
このコレクションの中で一番貴重な作品は原稿とユリの塗り絵です。この原稿はフェルディナンド1世にプレゼントとして贈るためにマリア王妃が作ったものです。

pelisor 08.JPGのサムネイル画像

pelisor 09.JPGのサムネイル画像

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2017年11月29日
« 前の記事「ルーマニア旅行で絶対に買うべき!お土産にちょうどいいお菓子5つ」へ
»次の記事「ルーマニア旅行を充実させるショッピングで使えるフレーズ16選」 へ
おすすめ記事
    ブカレスト特派員 新着記事
    ルーマニア人も大好き!ブカレストで人気のB級グルメを紹介
    ルーマニアは治安が悪い?最新情報あり!身を守るための3つのポイントを在住者が解説
    ルーマニア版イースターの過ごし方と旅行される際の注意点
    春はもうすぐ?ルーマニアの冬の気候と準備すべきアイテム4つ
    トランシルヴァニアの伝統的なダンスが習えるペンション
    2018年最新版 ルーマニアの祝日と意味9選
    ルーマニア旅行を充実させるショッピングで使えるフレーズ16選
    ぺリショール城をどこよりも詳しく解説!アールヌーボー好きにもおすすめ
    1年前の同じ月に投稿された記事
    クリスマスシーズン到来!

    ヨーロッパ 航空券情報


    ルーマニア旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■ルーマニアの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    ヨーロッパ特派員ブログ一覧

    アイスランド/レイキャヴィークアイルランド/ゴールウェイイギリス/イーリーイギリス/エディンバライギリス/カーディフイギリス/ギルフォードイギリス/グラスゴーイギリス/ケンブリッジイギリス/コッツウォルズイギリス/ヒースローイギリス/ブリストルイギリス/ベルファストイギリス/ヨークイギリス/ロンドンイギリス/ロンドン2イギリス/ロンドン3イタリア/アンコーナイタリア/アンドリアイタリア/シチリア島イタリア/ジェノバイタリア/トリノイタリア/ナポリイタリア/ナポリ2イタリア/パルマイタリア/フィレンツェイタリア/ボローニャイタリア/ミラノイタリア/ミラノ2イタリア/ラ・スペツィアイタリア/ローマイタリア/ローマ2ウクライナ/オデッサエストニア/タリンオランダ/アイントホーフェンオランダ/アムステルダムオランダ/デンボスオランダ/ライデンオーストリア/ウィーンオーストリア/チロルオーストリア/リンツキプロス/ニコシアギリシア/パロス島ギリシャ/アテネクロアチア/コルチュラ島クロアチア/ザグレブクロアチア/ドゥブロヴニクジョージア/トビリシスイス/アッペンツェルスイス/チューリヒスイス/ベルンスウェーデン/ストックホルムスペイン/イビサ島スペイン/バルセロナスペイン/バルセロナ2スペイン/バレンシアスペイン/バレンシア2スペイン/ビトリアスペイン/ビルバオスペイン/マドリッドスペイン/マドリッド2スロヴェニア/リュブリャナセルビア/ベオグラードチェコ/ブルノチェコ/プラハチェコ/プラハ2デンマーク/コペンハーゲンドイツ/ケルンドイツ/ケルン2ドイツ/シュタインバッハドイツ/デュッセルドルフドイツ/ハノーファードイツ/ハンブルクドイツ/フライブルクドイツ/フランクフルトドイツ/ベルリンドイツ/ボンドイツ/ミュンヘンドイツ/ミュンヘン2ドイツ/ミンデンドイツ/ライプツィヒドイツ/レーゲンスブルクドイツ/ワイマールノルウェー/オスロノルウェー/オスロ2ノルウェー/オスロ3ノルウェー/ベルゲンハンガリー/ブダペストフィンランド/サヴォンリンナフィンランド/トゥルクフィンランド/ヘルシンキフィンランド/レヴィ・サーリセルカフランス/アヌシーフランス/カンヌフランス/ストラスブールフランス/トゥルコアンフランス/ナルボンヌフランス/パリフランス/パリ2フランス/ボルドーフランス/マルセイユフランス/リヨンブルガリア/ソフィアブルガリア/プレヴェンベルギー/ゲントベルギー/ブリュッセルベルギー/ルーヴェンポルトガル/ポルトポルトガル/リスボンポーランド/カトビッツェマケドニア/スコピエマルタ/マルタ島モンテネグロ/ポドゴリツァヨーロッパ/バルカンラトヴィア/リーガルクセンブルク/ルクセンブルクルーマニア/ブカレストロシア/モスクワ

    ヨーロッパにもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブカレスト特派員

      ブカレスト特派員
      T&O
      ブカレスト在住。日本人のTとルーマニア人のOが様々な視点から現地情報をお届けします! 現地にてルーマニアと日本のヒト・モノ・コトを繋ぐ会社「Japan Transit Platform SRL」を設立。 日本語レッスン教室を軸として翻訳、通訳、ガイド、日本企業とのコラボレーション等も受付けています。
      ご連絡はこちらへお願いします。
      個人ブログはこちらから。
      facebook DISQUS ID @disqus_ztlxP8B2Hp

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集