海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

Del Turista 「デル・トゥリスタ」チョコレート屋は1964年サン・カルロス・デ・バリロチェにて操業を開始しました。現在はアルゼンチンの手作りチョコレートメーカーの第一人者のひとりです。 実はその20年前、イタリアはベネト地方のティロルにおいて、 Secco家がアルプススイスイタリアチョコレートの伝統的な製造法を学び、その家族がアルゼンチンに移住し、そこからデル・トゥリスタはチョコレート業を発展させたのです。1969年、バリローチェ市ミトレ通りは市内きっての目抜き通りに1号店を開店し、現在も続いています。ブエノスアイレス市でも直営店を持ち、またフランチャイズ店としてアルゼンチン国内に14店舗、チリにも2店舗あります。
チョコレートは200種類あり、アルゼンチンのチョコレート消費量は年間3kgですが、その半分はデル・トゥリスタの製品です。

なお、アルゼンチンの人たちは普通トゥリスタと呼びます(観光客というスペイン語です)。

174632012_3999414746819923_815940859705341638_n.jpg 175058432_3999414996819898_7014949839026772082_n.jpg


RAMASラマスと呼ばれる枝チョコ。80%カカオ成分の板チョコ、レッドフルーツなど、パタゴニアの名産は近年、手軽に楽しめます。

174042249_3999413556820042_2130032794972012894_n.jpg 174780510_3999414083486656_4773712159599633296_n.jpg 175058433_3999414190153312_8749735601919456404_n.jpg


175429164_3999414586819939_7913191881333291047_n.jpg 175320094_3999414443486620_6501750021203183739_n.jpg

174572776_3999411593486905_8819857991332331081_n.jpg 174536955_3999411673486897_4822033478444208077_n.jpg

174639905_3999411936820204_3331756431751474558_n.jpg

というのも今回コロナウイルスでちょうど2021年3月にロックダウンが始まり、キリスト教の復活祭のお祭りパスクアの休みにパタゴニアへ遊びに行く人もなく、この時期卵型のチョコレートを食べる習慣がありますが、購買者はブエノスアイレスに残ったままであり、チョコレート業界が大打撃を受けました。そのため地元の人々へのプロモーションだけではなくオンラインショップを立ち上げ、なんとか消費者の家庭へと供給していきました。

しかしながら長いロックダウンが明け、夏のバケーションの時期になり、トゥリスタにも人々が戻ってきました。
そして、アルゼンチンの人々にとって最大の観光目的地はバリローチェ。ということで、先週のTBS世界ふしぎ発見!のアルゼンチン、パタゴニア編にて、行先の町のヒントのひとつに取り上げられたのがチョコレート屋さんでした。

ramas3.jpg
RAMAs2.jpg Ramas.jpg

174471974_3999410676820330_3428271617108858176_n.jpg


175328760_3999411150153616_6359820286594095008_n.jpg

人気店で私たちが訪問したときもお客さんでいっぱいでした。

そしてチョコレート職人のマルセロさん、とてもおいしいチョコレートづくりを見せてくれ、でき立てを娘の亜海にわたして、亜海はパク!「うまいッ!」。
スタジオの皆さんに笑われましたが、楽しい放送でした。

私たちはTBS世界ふしぎ発見!のアルゼンチン、チリ、ウルグアイの現地通訳撮影コーディネーションを担当して足かけ20年近いですが、それはうちの娘たちの成長と一緒でもあります。

1000回記念のときはアルゼンチン南極観測船で取材をしたため、小さいふたりをおいて1ヵ月南極への出張に行ったこともありましたが、いつもは、ブエノスアイレスにおいてけぼりだった娘たちのひとり、次女の亜海(あみ)を中心にアルゼンチン、パタゴニア編に携わることができて、たいへんうれしく思っています。
ディレクターの皆さん、ミステリーハンターの皆さんも家族ともどもお世話になり、小さいときから娘たちをご存じなので今回の相川亜海ミステリーハンター初出演にいたりました。
皆様、番組を見ていただき、また楽しかったとメッセージを寄せていただき、本当にありがとうございます。

4月10日南米大陸パタゴニア絶景氷河と野生の王国|『日立 世界ふしぎ発見!』TBSテレビ


南米大陸パタゴニア絶景氷河と野生の王国|『日立 世界ふしぎ発見!』TBSテレビ

・URL: http://www.tbs.co.jp/f-hakken/onair/210410.html


そして、黒柳さんも赤楚衛二さんもチョコレートおいしそう!と絶賛してくださったそうですね。
おふたりもそして視聴者の皆さんもぜひ、アルゼンチンにきて、バリローチェでチョコレートを食べましょう。

世界ふしぎ発見、ミステリーハンターのオフショット
ミステリーハンター初挑戦・相川亜海がチョコお買い上げ~!!
『世界ふしぎ発見!』4月10日(土)オフショット【TBS】

https://www.youtube.com/watch?v=oQPccWjiiYM


折しも本日4月17日は亜海の19歳の誕生日になります。 


2021年4月18日

146487277_3796589060435827_1105159764738758392_n.jpg


来る2021年4月10日(土)午後9時から放送の『TBS世界ふしぎ発見!』は、南大陸パタゴニア絶景氷河と野性の王国でアルゼンチンのパタゴニア特集です。
そして相川亜海が現地レポーターとして出演します。
宮地眞理子さん、坂本三佳さん、白石みきさん、ミステリーハンターのいままでの回のアーカイブも一緒です。
詳細は、こちらから。
・URL: https://www.tbs.co.jp/f-hakken/onair/210410.html

なお、番組宣伝ビデオはこちらから
世界ふしぎ発見パタゴニア番組宣ビデオ

実はこの相川亜海(あいかわあみ)はうちの18歳の次女です。
世界ふしぎ発見!ツイッター

2019年末日本へ行って、2月から「ちょっと」鹿児島にホームステイさせてもらいに行ったら、そのままステイホームしちゃったんです……。
ご家族にも地域の人々、薩摩川内の皆さんにたいへんお世話になりました。

小さいときから日本からの取材の方々と一緒に行動するのに慣れていましたし、お手伝いしたり、時にはカメラを試してみたり……。

有川真由美著『質素であることは自由であること=ルシアさんが教えてくれたこと』(幻冬舎出版)では アルゼンチン名でカメラマンとして写真担当(https://www.amazon.co.jp/dp/4344031644)したり、雑誌『家の光』や、劇団四季の会報誌で私の記事の写真を担当してくれたり……。


ですが、とうとうミステリーハンターデビューしてしまいました。

日本語も上達し、ちょっと鹿児島弁かも???ですが、また、化石のことなど日本語で話したことありませんが……ミステリーハンターとして頑張りました。
元気な亜海を通じて、アルゼンチンのすばらしい景色、自然、人々、文化、そして伝統をご覧ください。


新型コロナウイルス規制に衛生プロトコール対策とがんばりました。


WhatsApp Image 2021-02-07 at 5.44.09 PM.jpeg



2021年4月 9日

首都ブエノスアイレスから約70kmのブエノスアイレス州の州都ラプラタ市のサッカー場のレストランに食事に行ってきました。
実はこのラプラタ市のサッカーチーム「エストゥディアンテスデラプラタ」はうちの家族、夫の祖父から代々、この「エストゥディアンテスデラプラタ」のサポーターなのです。

ちょうど仕事の用があり(本当は作って!)家族でついていきましてリニューアルされた「エスタディオ・ウノ」というサッカー場にあるレストランで夕食を楽しむ予定でしたが、実は早く着いてしまいました!

168485433_3959558270805571_2964811455339297653_n.jpg

167619451_3959559824138749_6726852762014939805_n.jpg

娘たちはうきうき、実は次女も夫についで熱狂的なファンなのです。

このサッカー場は改築中であったのが、2020年から「テクノロジースタジアム」としてオープンする予定だったのですが、一年前、新型コロナウイルスの感染が拡大してからは閉鎖されたまま、試合もありませんでした。  

夕食には早いのでコーワークスペース的な喫茶店に入ってみました。

 168855656_3959558144138917_3220216095487787425_n.jpg

168790318_3959559394138792_6951765084170705143_n.jpg

まずは体温を測ります……あれ……ちょっと低いですが、まあ低いのはだいじょうぶ。
それからアルコール消毒です。


167154857_3959559467472118_710746426393229586_n.jpg

入ってみるとあらすてき。おしゃれですし、この虹色の天井は斜めになっていて、観客席の下、ですよね!?

168110049_3959557794138952_5121965440131459676_n.jpg

ようやくマスクを外してお茶を飲みます。もちろん夫のマスクは赤と白、そして黒のエストゥディアンテスチームカラーです。
アルゼンチンのサッカーチームはNGO、つまり民間団体です2020年は試合がなくチームが経営難となってしまったため、夫は会員費を倍払って「保護心のある」サポーターというカテゴリーでしたので、御礼にとマスクが贈られたのです。公共の場や飲食店に入るときにはマスク着用をしなければなりませんが、この赤と白のチームのエンブレムつきのはリバーシブルにもなり、お気に入りです。

166242027_3959558590805539_3068230779341745646_n.jpg


167160248_3959559127472152_2726636744475527554_n.jpg

しっかり間隔もあいているし、いいですね、ということでゆっくりしたら今度は本番のレストランです。

 167063364_3959557347472330_4151350850432410127_n.jpg 

今度は右側の先にいったところ、LEON BISTROです。同じように体温や消毒の衛生プロトコールを通り、左に昔のロッカーが見えますね。

167403274_3959556847472380_8944942534843800959_n.jpg

昔のボール的なインテリアもすてきで、ノスタルジーに浸りながら左に曲がると! もうそこはスタジアムの芝生です。
 167372846_3959556774139054_335588339405251302_n.jpg

選手気分で入りました!
スタジアムの、本来ならベンチのある監督や選手がいるところの芝生にテーブルを置いてピッチを見ながら食事ができる場所でした!!!

162033563_3911606345600764_5286880698435828496_n.jpg


往年の名監督ビラルドが指示をしている様子の蝋人形の横で食事です。


162198742_3910982522329813_7708628446423543669_n.jpg

162851177_3911602322267833_3576501392847756687_n.jpg

162084877_3911604785600920_316842316444109548_n.jpg


162112582_3911602788934453_8964258847530138100_n.jpg

162488725_3911603122267753_1378038612643694844_n.jpg

162069486_3911603032267762_6379566619292260004_n.jpg

162934229_3911603462267719_2676624865041499787_n.jpg

162033375_3911604628934269_8243084533381818121_n.jpg

162854352_3911605365600862_6766453289297800622_n.jpg

〈左は友達のフリアちゃん、もついてきました〉

料理もなかなかおいしいものばかりで、サーモンやバーベキューソースリブなどがありました。出されるドリンクもスタジアムの名前や往年の選手名がついたものがありました。サッカー場内で食事ができる場所なんてほかにないですから、このチームのファンでなくても、わざわざブエノスアイレス市内から食事にくる人も増えています。

167944583_3959463724148359_3449789542407371594_n (1).jpg


熱狂的なファンなら大喜びしそうです。SNSに投稿すると、そんなところがあるの?とみんな喜んでくれました。私たちも大満足でした。

現在アルゼンチンサッカーの試合はすべて無観客ですのでサッカーが大好きな国民がサッカー場へ行けるだけではなく、自分たちの足でピッチ横を踏めるこの喜び、血が騒ぐのでしょうね、皆たいへん興奮していました。

折しもサッカー日本代表は2021年3月29日の試合がんばりましたね! アルゼンチンではもう日本に負けて情けないとさんざん非難されています。
ブエノスアイレスは日曜日は必ず試合がありますし平日の夜もときどきありますから、近所で友達と集まって観戦をします。自分のチームではなくても次のうちのチームの対戦相手の仕上がり具合を見るため、別のチーム同士でも見るんだそうです……もしくは宿敵が負けるのを見たいとか……。アルゼンチン代表になるともう国民全員が監督のようになります……。
また、サッカーの試合で毎日のスケジュールが決まるかのようです。
もちろんあんまり興味のない人も多少はいますけれどもね、そして最近はかなり商業的になっていたサッカーですが、このように会員のための取り組みや、コロナ禍の中でも負けずにレストランを野外でがんばる新しい試みを感じました。 


2021年4月 5日
2021年3月31日
2021年3月28日
2021年3月21日
2021年3月19日
⇒すべての記事を見る

アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    相川 知子
    1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集