海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ゴミ拾いからスーパーモデルに!ダニエラ・コットのシ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月19日

ゴミ拾いからスーパーモデルに!ダニエラ・コットのシンデレラストーリー


ゴミ拾いからスーパーモデルに!ダニエラ・コットのシンデレラストーリー

1118_cott_468.jpg_687088226.jpg

シンディー・クロフォードなどの世界的に有名なモデルを輩出する、
Elite Model Look(エリート・モデル・ルック)。
アメリカの「Elite Model Managemento/エリート・モデル・マネジメント」 が主催する国際モデル大会ですが、
この大会の決勝を勝ち残ったモデルがDaniela Cott(ダニエラ・コット)です。

現在16歳、身長178センチのスレンダーな彼女は、2年前まで
Cartoneros(カルトネーロ)と呼ばれる人たちのひとりでした。
ブエノスアイレス市内で出される瓶や段ボールなどの資源ゴミを集め、
リサイクル業者に買い取ってもらい生計を立てる仕事です。

3432276676_514b78d45f.jpg
カルトネーロと”白い列車” Poto por olmovich en flickr.com


貧富の差の激しいこの国でも、特に貧しい人々が従事するのが
このゴミ拾いの仕事です。
ブエノスアイレス市周辺の貧民街に住む彼らを運ぶため、
「Tren Blanco(白い列車)」と呼ばれる専用列車が走っています。
それは、ゴミを運ぶ彼らと一般の客を分けるための列車ー。

13歳になった頃、ダニエラはカルトネーロとして働き始めました。
昼も、夜も、家族と生活するお金のために働く日々。

15歳のある日、ダニエラがゴミ拾いをしていると、
見知らぬ女性が話しかけてきました。
その女性は、奇麗なコートをダニエラにプレゼントし、
割れた瓶で傷ついたダニエラの指を手当してくれました。

別の日、ダニエラは物乞いをするために彼女の家を訪れます。
すると彼女は親切に家へ招き入れ、ダニエラにシャワーに入るよう勧めました。
そしてダニエラに着替えをさせ、彼女の写真を何枚か撮影しました。

その女性こそ、世界的に有名なデザイナー、マリーナ・ゴンザレスだったのです。

マリーナは、知り合いのモデルエージェンシーにダニエラを紹介しました。
そしてダニエラは、エリート・モデル・ルックに出場することになるのです。


カルトネーロの仕事で傷ついた手足を治し、
モデルとしての歩き方や身のこなしを身につけるのに苦労したというダニエラ。
けれど、段ボールを選り分ける仕事の方がよっぽど大変だった・・・
と彼女は言います。

アルゼンチンを代表するモデルとして、ますます美しく輝くダニエラ・コット。
現在は彼女が家族の生活を支え、母親はカルトネーロの仕事をやめることが出来ました。

「これからは、ブエノスアイレスに住むカルトネーロを支援したい」

と語っています。


n12_f01_p.jpg

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 通信・携帯・インターネット
2009年10月19日
« 前の記事「【お知らせ】夏時間は中止になりました」へ
»次の記事「アルゼンチンの光と陰〜貧民街に暮らす人々〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集