海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 【レコレタ地区】マリアとエレガントな雑貨たち〜Al...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年10月26日

【レコレタ地区】マリアとエレガントな雑貨たち〜Alle's design〜


メール プリント もっと見る

【レコレタ地区】マリアとエレガントな雑貨たち〜Alle's design〜

   マリアの店3

私の大切な友だち、María(マリア)が経営する雑貨店を紹介します。

お洒落でセレブレティなショップが集まるレコレタ地区。
Santa Fe(サンタ・フェ)通りから
ちょっと入った場所にある雑貨店【Alle's Design】は、
マリアがセレクトしたアクセサリーやバッグ、
乙女ゴコロをギュッと掴む小物に溢れています。

       マリアの店2


個性的なお洒落を楽しむポルテーニャたちの
ファッションセンスにはいつも関心させられるのですが、
アラブの血を引くマリアのセンスもまた独特です。
彼女の普段のファッション同様、この店の商品はどれも
一見するととても派手に見えるのですが、
ディテールにこだわった物ばかりでどことなく品があるのです。

マリアの店1
 
 ピカピカのゴールドが眩しいパーティーバッグも、
 ケバケバしく見えないのは
 エレガントな模様が施されているから。


マリアの本職は弁護士です。
美しいだけでなく知的な彼女に
同性の私もいつもウットリしてしまうのですが、
彼女はまた日本食のシェフでもあります。
料理学校で学び資格を取得したというその腕前は、
料理が苦手な日本人の私がとうてい敵うはずもなく・・・



忙しいマリアに代わって店番をしているのは、
彼女の夫のNéstor(ネストル)です。
たいてい彼の親友の新聞記者のミゲルも一緒に店にいて、
おっさん二人が店番をしているため入りにくいと思われるかもしれません。
でも大丈夫!ネストルもミゲルも
アルゼンチン男性らしく女性に親切で、とても親日家です。
日本人女性のお客さんなら、割引してくれるかも???


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【Alle's design】

 住所Azcuenaga1183 電話4823-2251
 URLhttp://allesdesign.spaces.live.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2009年10月26日
« 前の記事「観光バスに乗ってブエノスアイレスを知り尽くそう!」へ
»次の記事「”浮かない”ことが基本!旅の服装・ブエノスアイレス編」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク
    セントロのスペインレストランTancat
    「ホアナデアルコ」20周年記念平和の折り鶴教室(5月11日)

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集