海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチンお金事情〜両替・ニセ札・チップetc〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年11月 9日

アルゼンチンお金事情〜両替・ニセ札・チップetc〜


メール プリント もっと見る

アルゼンチンお金事情〜両替・ニセ札・チップetc〜

AR_currency_01.jpg
Poto por 歩き方/アルゼンチンの基本情報


アルゼンチンには、色々な職業や立場の人のための記念日が設定されています。
母の日、子どもの日は日本でもお馴染みですが、
友だちの日、生徒の日、先生の日、なんていう記念日もあります。


先週、11月6日は「銀行の日」でした。
この日、銀行や両替所の業務が休みになります。ATM機も使用できません。
そのため前日の5日(木)には、銀行やATM機の前に長蛇の列ができていました。
この時期に旅行される方は、「銀行の日」に手持ち金がすっからかん・・・
なんてことのないように気をつけて下さいね。


さて、銀行の日にちなんで、
アルゼンチンのお金事情について書いてみることにします。





■ペソとドルを勘違い?


アルゼンチンの通過単位は、ペソ・アルヘンティーノ(Peso Argentino)です。
略号は「$」。アメリカドルと同様の表記です。
そのため、ペソで請求されているのにドルだと勘違いし、
100ペソの支払いでいいところを100ドル支払ってしまう

なんていう間違いに観光客は気をつけなくてはなりません。
たいていのお店やレストランの人は
不正にお金を受け取ることはないと思いますが、
空港からタクシーに乗り
運転手に言われるままアメリカドルで支払ってしまった、
ということにならないよう気をつけて。
ちなみに、アメリカドルの場合は
「USD50$」というように表記されています。




■ペソへの両替は?トラベーラーズチェックは使えるの?


日本円からペソへの両替はちょっと難しいので、
アメリカドルを持参するようにしましょう。
銀行の他、カサ・デ・カンビオ(Casa de Cambio)と呼ばれる両替所で
両替することが出来ます。両替所によってレートが違います。
観光客も多く訪れるフロリダ通りには
両替所が最も多く集まっています。
「カサ・デ・カンビオ、カサ・デ・カンビオ」
と呼び込みをしているおじさんたちがたくさんいますので、
両替所を見つけるのはカンタンです。
パスポートの他、ホテルの名前や住所などが必要です。
トラベラーズチェックを両替してくれる場所が少ないのですが、
〈アメリカン・エキスプレス〉のトラベラーズチェックなら両替可能です。
サン・マルティン広場近くにアメリカン・エキスプレスの事務所がありますので、
私はいつもここで両替してもらっていました。


■ニセ札を受け取らないように注意!


ペソ・アルヘンティーノで最も大きな100ペソ紙幣。
ニセ札が多く出回っており、スーパーなどの買い物で使用すると
店員さんがお札を透かしてくまなく調べます。
他の紙幣についてもニセ札が出回っています。
私の場合、タクシーに乗り100ペソ札で支払ったら、
お釣りで受け取った10ペソ紙幣は全てニセ札でした。
タクシーの釣りにまぎれこませる手口は市民もよく心得ており、
タクシーに乗る際には出来るだけ釣りのないように支払えるよう
10ペソ、20ペソ札を用意して自衛しています。
タクシーに限ったことではなく、レストランやショップなどでも
釣りを受け取ったらニセ札がまぎれていないかその場で確認しましょう。




■チップは1割程度と言われているけれど?


インフレで、この数年の間にかなり物価が上昇しているアルゼンチン。
チップの金額も変わってきたようで、
例えばホテルでタクシーを呼んでもらったら2ペソ(以前は1ペソ)、
ホテルの清掃員にも2ペソ(以前は1ペソ)のチップが相場のようです。
ただし、これは星付きのホテルに宿泊した場合で、
B&Bやバックパッカー向けの簡易宿泊所はこの限りではありません。
レストランでは1割程度と言われていますが、
高級レストランでない限り1割のチップを置くことはあまりありません。
日本人はチップを払い過ぎ!とアルゼンチン人の友だちにいつも言われます。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー お金・通貨・両替 生活・習慣・マナー
2009年11月 9日
« 前の記事「サン・アントニオ・デ・アレコの歩き方」へ
»次の記事「【パレルモSOHO】あなたらしいカバンがきっと見つかる!〜kiev*〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集