海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 悪魔が発明した楽器

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月 3日

悪魔が発明した楽器


メール プリント もっと見る

悪魔が発明した楽器





bandoneon.jpg








タンゴ音楽に欠かせない楽器、バンドネオン
アコーディオンに形は似ていますが、鍵盤はピアノ型ではなくボタン型です。
1840年代、ドイツのハインリヒ・バンド(Heinrich Band)が考案しました。




基本的なバンドネオンは、蛇腹を押すときと引くときで別の音が出ます。
また、ピアノ型のアコーディオンとの大きな違いは、
音階配置がほぼ不規則といった独特の構造を持っていること。
「ドの隣はレ」という配列にはなっていないのです。
これは、発展途上で不足した音階を建て増してきたから。


このため、バンドネオンは習得が非常に難しく


    「悪魔が発明した楽器」


とも呼ばれています。




バンドネオン奏者の多くが、50年以上前に製造された、
古い古いバンドネオンを愛用しています。
旧東ドイツのアルフレッド・アーノルド Alfred Arnold 社などの製造元は、
第二次世界大戦前後に製造を中止してしまいました。
その頃に作られたバンドネオンと全く同じように作るのは非常に難しいらしく、
新品のバンドネオンよりも、より古い時代の物の方が好まれています。






バンドネオン.jpg




愛犬と、いつも散歩に行く公園で、
アジア系の男性がバンドネオンの練習をしていました。
彼のように、バンドネオンを学ぶために
ブエノスアイレスに滞在している留学生はたくさんいます。




タンゴの本場・ブエノスアイレスで、
バンドネオンの哀愁ある音色に触れてみませんか。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術 生活・習慣・マナー
2009年12月 3日
« 前の記事「イグアスの滝への旅・その他の見所と旅の決算」へ
»次の記事「【パレルモSOHO】エコでお洒落な布製アクセ〜COLOMBAS〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集