海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 2010年も、ダカール・ラリーがアルゼンチンにやっ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月 7日

2010年も、ダカール・ラリーがアルゼンチンにやって来る!


メール プリント もっと見る

2010年も、ダカール・ラリーがアルゼンチンにやって来る!

ダカール1.jpg



ダカール2.jpg

▲昨年の様子。初めての南米大会で市民も大盛り上がりでした。






2009年に初めて、アルゼンチン・チリで開催されたダカール・ラリー
我が家から歩いてわずか2ブロックの場所にある、〈LA RURAL〉
ラリーに参戦する車やバイクが大集結したのは今年初めのこと。
日本人の選手はもちろん、世界中から集まってきた選手たちに出会えたのは
とてもいい思い出になりました。


そのダカール・ラリーが、2010年もアルゼンチンにやって来ます!




ダカールラリー.jpg

▲チリ・アルゼンチン大会のコース



1978年(おッ!私が生まれた年!)から開催されているこのラリー。
例年1月1日にフランス・パリからスタートし、
スペイン・バルセロナからアフリカ大陸へと渡り、
セネガルの首都・ダカールまでのおよそ12,000kmを走っていました。
そのため、「パリ・ダカ」の愛称で呼ばれています。


「私にできるのは、“冒険の扉”を示すこと。
 扉の向こうには、危険が待っている。
 扉を開くのは君だ。望むなら連れて行こう」



これは、ダカール・ラリーの創始者であるティエリー・サビーヌの言葉。
時おり死者や死傷者が出ることから、まさに世界一危険で過酷なラリーと言えます。


今年から開催地となったアルゼンチン・チリですが、
ダカール・ラリーの特徴である砂漠や難コースを持ちながら
テロの脅威がない
ことが、開催地として選定された理由です。


ビバ!アルゼンチン!


このラリーのハイライトは、なんといってもアタカマ砂漠での攻防戦。
世界で最も乾いた地で、どんな熱き戦いが繰り広げられるのかー。
乞うご期待!









ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


〈ダカール・ラリー2010/日本事務局〉http://www.paridaka-info.com/index_DAKus.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り 通信・携帯・インターネット
2009年12月 7日
« 前の記事「beso(キス)を交わすことから始まる1日」へ
»次の記事「世界遺産・コロニア・デル・サクラメント(ウルグアイ)へ!」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    Concierto: Japon y su Musica - En el puente de la Amistad (日本とその音楽、友好の架け橋)コンサート開催(和楽器アンサンブル)
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集