海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ブエノスアイレスでタクシーに乗る際の注意点

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2009年12月19日

ブエノスアイレスでタクシーに乗る際の注意点


メール プリント もっと見る

ブエノスアイレスでタクシーに乗る際の注意点





東京のタクシーの初乗りっていくらでしたっけ?
アルゼンチンはタクシー運賃が安いので、
ポルテーニョたちは割と気軽に利用しています。


黄色×黒の車体が目印のブエノスアイレスのタクシー。
よく見ると、車の屋根に、
↓↓↓のような物を載っけているタクシーと
そうでないタクシーの2種類があります。


タクシーいろいろ2.jpg





ブエノスアイレスのタクシーには
ラジオタクシーと個人タクシーがあり、
車の屋根に↑↑↑のような物を載せて走っているのは
タクシー会社に登録されているラジオタクシーです。
ラジオタクシーが必ずしも写真のような看板(?)を載っけているのではなく、
↓↓↓のタクシーもラジオタクシーです。


タクシーいろいろ.jpg



車体に、タクシーとして営業するための認可番号と、
タクシー会社の電話番号が書かれています。
(一般タクシーには、認可番号しか書かれていません)
また、ラジオタクシーなら、客の乗る後部座席に
↓↓↓のようなボードがあります。
夜間にタクシーに乗る際、
このボードに書かれている情報を電話で家族に伝えておくと安心です。


ラジオタクシー1.jpg





タクシーを利用する時、私は出来るだけラジオタクシーを使うようにしています。
無線で呼んでもらうこともあれば、流しのタクシーを拾うこともありますが、
その際必ず「ラジオタクシーかどうか」を確認しているのです。
それは、タクシー運転手による犯罪の報告があるから。


例えば、夜間、流しのタクシーに乗った外国人観光客(女性)が
乱暴された上、金品を奪われるという事件が起きました。
また、流しのタクシーに乗った男性会社員が、
途中で乗り込んできた強盗(タクシー運転手と共謀)に
脅され、金品を奪われるという事件も発生しています。


タクシー会社に登録されているラジオタクシーならば、
こういった犯罪に巻き込まれる確率がグンと減ります。
(皆無、とはいえないかもしれませんが・・・)


ブエノスアイレス市内でタクシーに乗る際、
下記のことにも気をつけて下さい。




1.遠回りされてないか注意!


ラジオタクシーでも一般のタクシーでも、
相手が外国人観光客と見ると、わざと遠回りをする場合があります。
タクシーを利用する際には、事前にだいたいの距離や道順を調べ、
運転手におよそいくらで行くことが出来るか訊ねる
といいでしょう。


2.タクシーのメーターに不正がないか注意!


ラジオタクシー2.jpg



タクシーのメーターには、
「1」〜「3」または「4」までの数字が表示されるようになっています。
これはいつでも「1」に設定されていなくてはなりません
それなのに、他の数字に設定されていることがあります。
こうなると、メーターの料金表示がドンドン上がっていきますので注意が必要です。
もしメーターに不正があった時には、すぐに運転手に抗議するか
気がついた時点で下車するようにして下さい。


3.紙幣のすり替えに注意!


乗客から受け取った紙幣を巧みにすり替え、
「あと△ペソ足りないよ」
と言う悪質な運転手もいます。
例えば、15ペソの運賃を支払うために20ペソ紙幣を出したら
それを5ペソ紙幣にすり替え、あと10ペソ足りないと言ってくるのです。
こういう詐欺に引っかからないようにするために、
運転手にお金を渡す時には、必ず「ハイ、△ペソ」と
金額をはっきり告げるようにしましょう



4.ニセ札を受け取らないように注意!


高額紙幣で運賃を支払ったら、お釣りがニセ札だった・・・
ということもあります。
夜間など、札をしっかり確認できない時間帯に多いようです。
タクシーを利用する際は、出来るだけ釣りの出ないように
紙幣や小銭を用意しましょう

また、釣りとして受け取った紙幣は、タクシーでもレストランでも
その場でニセ札が紛れていないか確認するようにして下さい。


もしも、不当な料金を請求されそれを支払ってしまった場合でも、
そのタクシーのナンバーをメモして警察に届け出ることが出来ます。
悪質な場合、タクシーとしての営業を停止する処分が下されることがあります。
運転手側もそれをよく分かっているので、乗客が毅然とした態度で抗議すれば、
暴力行為に及んでまで不当な料金を払わせてやろうとはしません。



12月17日(木)から、
ブエノスアイレス市内のタクシー運賃が改訂されました。
新料金は、


 ■初乗り/4.6ペソ\n ■走行200mごと、あるいは1分ごとに0.46ペソ(46センターボ)が加算


となっています。乗車される際の参考になさって下さい。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2009年12月19日
« 前の記事「コロニア・デル・サクラメントのホテル【Hotel la Mision】」へ
»次の記事「ラ・プラタ川を眺めながら列車の旅〜ティグレ〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集