海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 途中下車で楽しむ、蚤の市と骨董市

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月 3日

途中下車で楽しむ、蚤の市と骨董市


メール プリント もっと見る

途中下車で楽しむ、蚤の市と骨董市





パラナ川とメルカードを思い切り楽しんだ後は、
またTREM DE LA COSTAに乗ります。


ここからブエノスアイレス市内に向かう途中、
いくつか面白い駅があるので途中下車することに。


P6040092_convert_20090713214005.jpg



まずはSan Isidro(サンイシドロ)駅で下車。
ここで下車する乗客は多いワケは、
駅前にお洒落なショッピングセンターがあるから。


この地区は超上流階級の人々が暮らす地区で、
学校の敷地ほどある広大な土地に、でっかい家が建っているのを
列車の窓から眺めることが出来ます。
ちなみに、セントロまでの彼らの交通手段は、
ラ・プラタ川に停泊させたプライベートヨット!
そんな地区なだけあって、
駅前のショッピングセンターもかなりハイセンスです。




P6040093_convert_20090713214155.jpg



▲でも、私たちの目的はショッピングセンターではなく
 このあたりで最も目立つこの教会。
 高い塔なので、列車の中からすぐに確認できます。





P6040095_convert_20090713214255.jpg



▲中はこんなカンジです。光が差し込んで美しい。




スペインなどヨーロッパの国では、
教会を見学させてもらう時に
入場料を払わなくてはならないことも少なくありません。
でもここアルゼンチンでは、ほとんどの教会でその必要がありません。




P6040096_convert_20090713214421.jpg



▲教会の外にあった司教の家。バチカン市国の旗が掲げられていました。

 
P6040097_convert_20090713214521.jpg



▲石畳の道が続きます。






さすがアルゼンチン屈指の高級住宅街。
中央の広場で開かれているフェリア(蚤の市)も
なんだか品のあるお品ばかり?




P6040100_convert_20090713214631.jpg



▲センスのよい品がたくさん並ぶフェリア。




次に下車したのはBarracas駅です。
お目当ては、駅構内で開かれている骨董市。
「骨董の最後の秘境」と呼ばれるアルゼンチンには、
スペイン副王領が置かれていた時代に
ヨーロッパ貴族や移民たちが持ち込んだ骨董品が数多く残っています。
ブエノスアイレス市内だけでも
このような骨董市があちらこちらで開かれていますが、
ここBarracas駅の骨董市は、特にレアなものばかりと評判なのです。




P6040102_convert_20090713214747.jpg



P6040103_convert_20090713214857.jpg



▲ガラクタの山にしか見えないって?この中からお宝を探し出すのです。



P6040107_convert_20090713215328.jpg



▲古い人形たちがズラリ(10ペソ=約300円〜)   


P6040106_convert_20090713215211.jpg



▲カメラだって売っています。動作確認が必要。


P6040104_convert_20090713215005.jpg



▲アルゼンチンの伝統工芸、フィレテアードが施された箱。







次の列車を待つまでの間、ちょっと覗いてみるのもよし。
粘り強く値段交渉をするために長居してもよし。


日曜の骨董市が開かれるサンテルモで売られている骨董品は、
外国からの観光客や買い付け客が多いせいか値段は高め。
でもここバラカスの骨董市は、お手頃な価格の物が多い印象です。


P6040105_convert_20090713215109.jpg



▲地元客の多い骨董市です。






デルタを楽しむ途中下車の旅。
このBarracas駅の次の駅、Anchorena駅で下車して
ラ・プラタ河のほとりを散歩するのもおすすめです。



*****************************

225px-Tren_de_la_Costa_logo.png



   【TREN DE LA COSTA】 ブエノスアイレス〜ティグレまでの観光列車


 運賃(旅行者)片道12ペソ (在住者)片道7ペソ URL http://www.trendelacosta.com.ar/


700px-Mapa_Tren_de_la_Costa_2__convert_20090716040254.jpg


*****************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル
2010年2月 3日
« 前の記事「ラ・プラタ川を眺めながら列車の旅〜ティグレ〜」へ
»次の記事「【パレルモ地区】世界三大公園のひとつパレルモ公園」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集