海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 路上のお花屋さん〜日系の花卉農園が支える心豊かな暮...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月12日

路上のお花屋さん〜日系の花卉農園が支える心豊かな暮らし〜


メール プリント もっと見る

路上のお花屋さん〜日系の花卉農園が支える心豊かな暮らし〜





ブエノスアイレスでよく見かけるものー。
それは、こうして路上でお花を販売するお花屋さんです。


市内に流通しているお花の多くは、
日系人が経営する花卉農園で栽培されたものだそうです。
ちなみに、アルゼンチンに住む日系人のおよそ8割が
私の故郷・沖縄にルーツを持つ人たちです。
アルゼンチンのスペイン語に「Okinawense/オキナウェンセ」という単語があるくらい、
アルゼンチンで日本といえば、沖縄のイメージが強いのです。






お花屋さん.jpg





9月21日の春の日には、花を贈り合う素敵な習慣 がありますが、
もちろん普段の日でも、花束を手に歩く人をよく見かけます。
仕事帰りに、奥さんに買っていくサラリーマン風の男性。
デートの途中、恋人に一輪の花をプレゼントする学生。
いつも花が身近にある生活。心豊かに暮らせそうな気がします。


この豊かな生活を支えているのが、日本から移民してきた日系の方々だと思うと
日本人の私まで、なんだか誇らしくもあり、嬉しくもあり。


今日も我が家には、日系の方々が大切に育てたであろうお花たちが
元気いっぱいに咲いています。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年2月12日
« 前の記事「人種差別について考える〜白人の移民国家アルゼンチンの場合〜」へ
»次の記事「【レコレタ地区】ブエノスアイレスで必見!〜レコレタ墓地〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集