海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 【レコレタ地区】ブエノスアイレスで必見!〜レコレタ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月13日

【レコレタ地区】ブエノスアイレスで必見!〜レコレタ墓地〜


メール プリント もっと見る

【レコレタ地区】ブエノスアイレスで必見!〜レコレタ墓地〜

ブエノスアイレスには、たくさんの名所・見所があります。
でも、限られた日程の中で全てを観光することは出来ません。


そこで、今回から数回にわたって
「ブエノスアイレスで必見!」の名所や見所をレポートします。
旅の参考にしていただけると嬉しいです。


初回の名所は、レコレタ墓地
あのエビータが眠る墓もある、ちょっと変わった墓地です。


  レコレタ墓地.jpg





レコレタ墓地は、
1882年に開かれたブエノスアイレス最古の墓地です。
美しい彫像、派手な装飾が施された納骨堂から
ここで眠る人々の棺が見えてちょっぴりコワイような気もしますが、
「南米のパリ」と称されるブエノスアイレスの街並そっくりな墓地内は
ここが墓地だとは信じられないほどに優雅な雰囲気!


ここレコレタ墓地には、
今でも多くのアルゼンチン人に慕われるエビータの眠る墓もあります。
世界中から訪れる観光客、また地元の人々から手向けられた花が
絶えることのない彼女の納骨堂の前では、
記念撮影をする人々が行列を作ることもしばしば。
ますますここが墓地だとは信じられないような光景・・・。


エビータの墓地を訪れる前に、「エビータ博物館」 を見学しておくと
 さらに感慨深く感じます。





       %83G%83r%81%5B%83%5E%82%CC%82%A8%95%E6.jpg





レコレタ墓地を見学した後は、
墓地近くにある【ブエノスアイレス・デザイン】へGO!
家具や家庭用品など、とってもお洒落な品々が揃っています。
また、レストランやカフェもあります。


ブエノスアイレス・デザインの目の前にある広場では、
アルゼンチンらしい雑貨やアクセなどを売るFelia(露店市)が開かれています。
平日も多少露店が出ていますが、土日の方がにぎやかです。




**************************************************************************
 レコレタ墓地への行き方

 近くに地下鉄の駅がないので、コレクティーボかタクシーで。
 コレクティーボ/10/17/37/41/59/60/61/62/67/
        92/93/95/101/102/108/110/124/130/194

【Buenos Aires Desugn】 http://www.designrecoleta.com.ar/

 住所Pueyrredón2501 電話5777-6000

*************************************************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年2月13日
« 前の記事「路上のお花屋さん〜日系の花卉農園が支える心豊かな暮らし〜」へ
»次の記事「【レティーロ地区】ブエノスアイレスで必見!〜サン・マルティン広場とその周辺〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集