海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 【レティーロ地区】ブエノスアイレスで必見!〜サン・...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月14日

【レティーロ地区】ブエノスアイレスで必見!〜サン・マルティン広場とその周辺〜


メール プリント もっと見る

【レティーロ地区】ブエノスアイレスで必見!〜サン・マルティン広場とその周辺〜





前回につづき、
ブエノスアイレスで必見!の名所・見所をご紹介。
今回は、サン・マルティン広場とその周辺です。




       %83N%83%7D%98A%8D%87.jpg





アルゼンチンを独立へと導いたサン・マルティン将軍。
その銅像が見下ろす広場が、サン・マルティン広場です。
この広場では、ブエノスアイレス市が開催する
さまざまな催しが行われます。
ドイツで始まった「クマ連合」がはるばるやって来た時も、
この広場にたくさんのクマが大集結しました。




   %83C%83M%83%8A%83X%8DL%8F%EA%82%F0%8C%A9%82%E9.jpg





サン・マルティン広場から見えるレンガ色の塔は、
イギリスから寄贈された英国塔です。
マルビーナス(フォークランド)戦争で戦火を交えた
アルゼンチンとイギリス。
この戦争が起きる前まで、
塔のある広場は「英国広場」と呼ばれていました。
この塔は、アルゼンチン独立100周年を記念し
イギリスから贈られたもので(1916年)、
1982年のマルビーナス戦争では
かなりの部分が壊されたそうです。




         通称イギリス広場.jpg

         ▲現在は「空軍広場」と名前を変えたものの、 
          今でもイギリス広場の名前で親しまれています。







ところで、このサン・マルティン広場には、
ブエノスアイレス州警察が設置した防犯カメラがあります。
報道によると、監視により確認した犯罪件数は
この広場が最も多いとのこと。
日本人観光客も、ひったくりや置き引き、
ケチャップ強盗などの被害にも遭っていますので注意が必要です。








      311631071_df98ee40a2.jpg

      ▲ポルテーニョや観光客でいつも賑わうフロリダ通り。
      Poto por Gustav's en Flickr






サン・マルティン広場から
大統領府(La Casa Rosada/カサ・ロサーダ)のある5月通りまで続くフロリダ通り。
ここは、ヨーロッパのブランドショップも軒を連ねるショッピングストリートです。
アルゼンチンといえば、良質で安価な革製品が有名ですが、
革のコートやブーツを販売する店も、このフロリダ通りに集中しています。
また、ブエノスアイレス屈指の高級デパート【Galerias Pacifico】
この通りの”顔”とも言える存在。
デパートの前では、路上タンゴダンサーのショーを観ることも出来ます。




        ガレリアパシフィコ1.jpg

      ▲重厚感のあるこの建物を外から眺めているだけでもウットリ。


        ガレリア・パシフィコ2.jpg

      ▲中央のホール。地下階にはフードコートがあります。


        ガリレア・パシフィコ3.jpg

      ▲この天井画もこのデパートの自慢のひとつ。




買い物客や観光客でいつも賑わうフロリダ通りには、
物乞いをする子どもたちの姿も。
特に、Galerias Pacificoのある交差点(フロリダ通りとコルドバ通り)には、
「小銭をちょうだい」とちっちゃな手を差し出す子どもたちがいつもいます。
汚れた洋服、素足の彼らを見て胸が痛むのですが、
子どもだからって油断できないのです。


海軍会館.jpg

      ▲物乞いの子どもが多い交差点。右の建物は海軍会館。




以前、この交差点で信号待ちをしていた時、
一緒にいた日本人の友だちの肩掛けカバンのファスナーが
開けられてしまったことがあります。
ひとりの子どもが私たちに話しかけ物乞いをしている間、
別の子どもが隙を見てファスナーを開けるという手口
です。
幸い何も盗まれることはなかったのですが、
子どもながらアッパレ!と変に感心してしまいました。




私は、まだ一度もこのような被害に遭ったことがないのですが(未遂も含め)、
当然のことながら、観光客がよく訪れる場所で多発しています。
日中は、銃で脅して無理矢理に・・・という凶悪事件は少ないのですが、
話しかけながら盗み取る詐欺盗が多いようです。
今回ご紹介したフロリダ通りをはじめ、
観光客や買い物客の多い通りでは十分に注意して下さい。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年2月14日
« 前の記事「【レコレタ地区】ブエノスアイレスで必見!〜レコレタ墓地〜」へ
»次の記事「【モンセラート地区】タンゴ博物館でタンゴのレッスンを受けてみない?」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集