海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 【サンテルモ地区】ブエノスアイレスで必見!サンテル...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年2月18日

【サンテルモ地区】ブエノスアイレスで必見!サンテルモの骨董市


メール プリント もっと見る

【サンテルモ地区】ブエノスアイレスで必見!サンテルモの骨董市





今週は
ブエノスアイレスで必見!の名所・見所をご紹介していますが、
アンティークやレトロが大好きな私が
特におすすめしたい場所が、サンテルモ地区です。


石畳の道が今も残る、ブエノスアイレスの下町・サンテルモ。
ここには、
タンゴのショーを観ることの出来るタンゲリアが多いこともあって
夜もおすすめなのですが、
サンテルモに行くなら日曜日がベスト!
それは、ドレーゴ広場を中心としたエリアで
毎週日曜日に骨董市が開催されているからです。




路上タンゴ


▲古き良きブエノスアイレスの面影を残すサンテルモ。
 路上タンゴが似合うエリアです。







実は、2009年のクリスマスにローマを旅した際、
ローマ最大の骨董市ポルタ・ポルテーゼも訪れました。
永遠の都ローマは、それはそれは素晴らしい街だったのですが、
骨董市はブエノスアイレスの勝ち!
品数、品質、価格、どれをとっても
サンテルモの骨董市に軍配があがるなぁ、と思いました。




それもそのはず。
ブエノスアイレスは




   「骨董の最後の秘境」




と呼ばれています。
スペイン副王領が置かれていた時代に
ヨーロッパから渡ってきた品々が、
サンテルモの骨董市にはゴロゴロあります。
ヨーロッパの骨董市ではもはや手に入らないような品々を求めて、
世界中から、骨董ファンや買い付け客がやって来るのです。



骨董市が開かれているドレーゴ広場だけでなく、
メインストリートであるデフェンサ通りには
それはもう数えられないほどたくさんの
アンティークショップが並んでいます。




P5070133


▲この通りの両側がアンティークショップです。




アルゼンチン人の生活の中には、
古い物たちが今も現役で活躍しています。
骨董市で売っている骨董や、
Viejo(骨董と呼ぶほど古くはないけれど、それなりの年月を経たレトロなもの)
と呼ばれる品々。
壊れても修理をしたり、形を変えて使い続けます。
アルゼンチン人って、エコの天才なのです。


では、骨董市ではどんな物が売られているのか、
ちょっと覗いてみることにしましょう。




ガラスのボトル


▲ここブエノスアイレスの骨董市で最もよく見かけるもの。
 それがこのガラスのボトル。特に貴重なのが赤いボトル。



ガラスのボトル2


▲アルゼンチン人は炭酸水が好きですが、
 昔はこのボトルに入れて飲んでいたのです。なんてお洒落な習慣!



商品2


▲アンティークキーは3ペソ〜(約72円)。
 奥に見えるのは銀のフォークやスプーン。



商品3


▲古いものもあれば、新しいものもあります。


商品1


▲私はここで古い馬具(蹄鉄)を買いました。50ペソ(約1200円)。


骨董市で見つけた!3


▲レトロな電話。ちゃんと使えるんですよ。欲しいなあ。


骨董市で見つけた!


▲宝石を売っている露店、かなり多いです。
 ここで「ガラス製」と言われて買ったパールのネックレス、
 調べてもらったらホンモノの真珠でした。掘り出し物〜♪



骨董市で見つけた!2


▲レースを売る露店。最も古いものには、50年前のタグが付いていました。
 30ペソ〜(約720円)



フィレテアード


▲アルゼンチンの大衆芸術フィレテアードのプレートは、
 日本に住む友だちへのお土産に。







この骨董市の楽しみは、買い物だけではありません。
路上パフォーマーたちのパフォーマンス、
これがなかなか本格的、そして面白いのです。


路上パフォーマー


▲自主制作のCDも売っています。


路上パフォーマー2


▲若者たちのタンゴバンド。踊り出したくなります。


路上パフォーマー3


▲プラスチックのコップや空き缶を楽器にして演奏するおばあちゃん。
 私たちのために、「上を向いて歩こう」を演奏してくれました。







骨董の最後の秘境、ブエノスアイレス。
この街最大の骨董市が開かれるサンテルモの、
掘り出し物ゴロゴロ、いちおしのアンティークショップについては
コチラ の記事で紹介していますので、お見逃しなく☆



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー
2010年2月18日
« 前の記事「【モンセラート地区】タンゴ博物館でタンゴのレッスンを受けてみない?」へ
»次の記事「【サンテルモ地区】おすすめアンティーク&レトロショップ」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集