海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチンの大学生〜法学部に通うエリックの場合〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 6日

アルゼンチンの大学生〜法学部に通うエリックの場合〜


メール プリント もっと見る

アルゼンチンの大学生〜法学部に通うエリックの場合〜





統計によると、
アルゼンチンで大学に通う人の8割が公立で
残りの4割が私立に通っています。


公立大学の場合、
基本的には無償で受講できるというのが
アルゼンチン政府の基本方針です。
1985年以降、それまでの入試と定員制度を廃止し
希望するなら誰でも大学へ入れるようになりました。
現在、公立大学には、日本のセンター試験のような
統一された試験制度はありませんが、
私立大学の場合はそのほとんどが
厳しい入試試験を受ける必要があります。


ブエノスアイレス州内の私立学校に通う友だちが、
大学を案内してくれると言うのでついて行きました。
エリックは、弁護士を目指して法学部に通う学生で、
私の夫に法律を教えている家庭教師でもあります。


%83G%83%8A%83b%83N%82%C6%82%BB%82%CC%97F%82%BE%82%BF.jpg

▲弁護士や裁判官の卵たち。勉強がんばってね〜




この日、2年次の成績を受け取る日でした。
アルゼンチンの大学の留年率は
日本の大学と比べ物にならないくらいに高いのですが、
卒業できる学生の割合はさらに少ないと言います。
大学に通っている学生のおよそ半数が
仕事を持ちながら通学していることも理由のひとつ。
卒業までの平均通学年数は7年を超えると言われています。


.jpg



2.jpg





この成績記入用の手帳に、
教授や講師がそれぞれの成績を記入してくれます。
エリックは無事に合格点!おめでとう!




日本の学生街もそうですが、ここアルゼンチンでも
大学のある街には、
安いレストランやカフェがたくさんあります。




学生たち.jpg
▲女子学生がビールを飲みながらおしゃべりに夢中。




在学中の厳しい試験をパスし大学を卒業することが出来ても、
良い職につくことの出来る人はわずかだと言われています。
せっかく専門性の高い知識や技能を身につけても、
それを生かすことの出来る受け皿(働き口)が
あまりにも少ないのが現状です。
アルベルト松本氏著書の『アルゼンチンを知るための54章』には、
弁護士資格を持つ多くのタクシー運転手の例が紹介されています。
アルゼンチン国内で就職できない知識層の一部は、
海外に働き口を求めて出ていきます。
将来のアルゼンチンを担っていくであろう若者たちが、
国の経済的理由から海外に出て行ってしまうのは
この国にとってかなりの痛手になってしまうかもしれません。




法学部卒業とともに弁護士資格が取得できるエリックは、
同じく弁護士をしている父親のように
弱き者を助ける正義の弁護士になるでしょう。
彼の最終目標は、実は弁護士ではありません。
アルゼンチンを代表するような政治家になり、
この国を根本的に変えていきたいー。


現大統領もそうですが、
アルゼンチンの歴代大統領の多くが弁護士出身です。
そのため、法律を作ったり改正したりするのは熱心、
だけど国の財政を立て直すことはニガテなようです。


会計士資格を持つ大統領が誕生した方が
アルゼンチン経済のためになる、
そう感じている国民はかなりいるようです。


何はともあれ、
夢を抱いて学ぶ学生たちの姿って素敵ですね。
大学時代、もっともっと勉強すれば良かった・・・
とちょっぴり後悔した1日でした。




*参考文献
 アルベルト松本(著)『アルゼンチンを知るための54章』明石書籍



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年3月 6日
« 前の記事「パンパで牧場体験!(後編)」へ
»次の記事「全てが映画のワンシーンのよう*Bar Sur」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集