海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 全てが映画のワンシーンのよう*Bar Sur

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 8日

全てが映画のワンシーンのよう*Bar Sur


全てが映画のワンシーンのよう*Bar Sur





タンゴの国アルゼンチン。


ブエノスアイレスにはあちこちに
タンゴショーを観ることが出来るレストランやバルがあります。


地元客が多いミロンガと違って、
有名なレストランやバルは観光客向けの店が多いです。
だから値段も観光客価格。






それでも、




「せっかくアルゼンチンに来たのだから
 歴史あるレストランやバルでタンゴを楽しみたい。
 多少お金がかかっても惜しくはないわっ





そんな人にピッタリなのが、
ブエノスアイレスの下町
サンテルモ地区にある【Bar Sur】


同名の映画に使われているのでよく知られていて、
連日のように観光客が訪れる超有名店です。


店の入り口には、
世界各地からやってきた有名人たちの写真がズラリ。
さすがです。




SANY0012_convert_20090128202304.jpg

かなり小さな店なので客席数も少ない。予約して行くのが無難。






日本から友達が来たので、
せっかくだからと出かけてみました。


けれど、以前ご紹介した【Café Tortoni】 もそうですが、
観光客向けのバルってやっぱり何でも高くつきます。
食事無し、ショーとワイン(ボトル1本)やおつまみのみで
一人あたり300ペソ(約7200円)くらいでした。




普段、もっと安っすいミロンガやタンゲリアに入り浸っている私には
100ペソを超えると「高ッ!」と思ってしまうのですが、
日本から来た友人によれば、
この雰囲気で、美味しいワインを飲みながらタンゴを堪能し、
この値段ならまあ高くはない、とのこと。
アルゼンチンに住んでいると、
何だか日本人の金銭感覚からズレていくような・・・?




でも、さすが有名店。
ショーに出てくる人たちは、バンドもダンサーも
タンゴ界ではトップクラスの人ばかり。(らしい)




ちなみに、地元の客がほとんどいない店なので
観光客だとバレたくない人には、おすすめ出来ません。
(でもHPがめちゃくちゃかっこ良くて行ってみたくなるのよ〜)


ショーが終わるのは夜中12時を過ぎるので、
帰りはラジオタクシーを呼んでもらいましょう。




*****************************************

【Bar Sur】 ちょっぴりドレスアップして出かけたいバルです。


住所Estados Unidos299
電話4362-6086
MAILinfo@bar-sur.com.ar
HP
http://www.bar-sur.com.ar/


*****************************************

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー エンターテイメント・音楽・ショー 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術
2010年3月 8日
« 前の記事「アルゼンチンの大学生〜法学部に通うエリックの場合〜」へ
»次の記事「続報・チリ地震、国際空港は再開」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集