海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 続報・チリ地震、国際空港は再開

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月 9日

続報・チリ地震、国際空港は再開


メール プリント もっと見る

続報・チリ地震、国際空港は再開

0307_chile_02_rb.jpg

▲yahoo! Chile ニュース記事より




2月27日未明に発生した地震から10日が過ぎました。
たくさんの犠牲者を出した悲しみの中、
復興に向けた取り組みが始まっています。


サンティアゴ国際空港も大きな被害を受けましたが、
数日前から再開しています。


実は、急な出張で夫が今朝のフライトでチリに入りました。
夫のメールでの情報によると、




空港の建物は全く使えない
飛行機から降りたら、乗客の荷物は全部3列ずつきれいに並べられていた
体育館のようなテントで入出国の審査が行われている
中にはロープもポストもないのに、乗客はきちんと整列して待っている
テントの中にノートパソコンを置き、入出国の審査をしている
テントを出ると、オフィシャルタクシーの係員が料金支払いテントに案内してくれる
32ドル支払って外に出ると、駐車場に同じ色のカローラが30台くらい待機していた
 それに乗り市内へ移動




チリは、南米の国々の中で最も先進的な国のひとつですが、
こうして空港が再開され、大きな混乱もなく乗客が乗り降りしていることに驚きました。
一時悪化していた治安は、軍を投入したことで落ち着きを取り戻しつつあるようです。


サンティアゴ国際空港の発着情報は下記サイトにて確認できます。


「SCL Aeropuerto de Santiago de Chile」http://www.aeropuertosantiago.cl/




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 通信・携帯・インターネット
2010年3月 9日
« 前の記事「全てが映画のワンシーンのよう*Bar Sur」へ
»次の記事「アルゼンチンを代表するポロブランド*LA MARTINA」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集