海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 【モンセラート】美し過ぎるタンゴシューズ*DARC...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月16日

【モンセラート】美し過ぎるタンゴシューズ*DARCOS


【モンセラート】美し過ぎるタンゴシューズ*DARCOS





アルゼンチンへの旅行は、タンゴがお目当て!
という方も少なくありません。
タンゴを習っている方にも
まだ始めていらっしゃらない方にも、
ぜひ覗いてみて欲しいタンゴシューズショップ。
それが、今日ご紹介する【DARCOS】です。




私もタンゴを習っているので
タンゴシューズショップにはときどき足を運んでいますが、
このショップの入り口にあるショゥウィンドーを見ているだけで
ため息がこぼれます。




DARCOS2.jpg

▲ブラック×ピンクの小悪魔的なシューズ。
 羽があしらわれていて、とってもエレガント!



DARCOS3.jpg

▲サイズ、種類がとても豊富なので、
 一度入店したら、数時間は出てこられないこともあります(ホントに)。





この日も、
たくさんの靴の中からお気に入りの1足を選ぼうと
ひとりのセニョーラが試し履きを繰り返していました。




DARCOS1.jpg





「もう2時間もこうして選んでいるのよ。
 とても決められないわ!」





そのお気持ち、よく分かります。
いかにも夏らしい
肩を見せたワンピースがとてもよく似合っているこのセニョーラは、
なんともうすぐ70歳。
ファッションもそうですが、スラリと伸びた手足が美しく
またお肌もピカピカ、表情も若々しい!
(写真ではお顔が写っていませんが、
 とてもその年齢には見えないのです)




そんなセニョーラをお年寄り扱いするのは失礼かもしれませんが、
アルゼンチンのおばあちゃんたちは、本当にオシャレです。
ヒールのサンダルを履き、街を闊歩しているおばあちゃんの多いこと!
肌見せ率も、若い女性たちとあまり変わりません。
タンゴを楽しんでいるおばあちゃんは特に、
女性らしくエレガントな雰囲気を持っています。




アルゼンチンの女性が、年を重ねても魅力的でいられるのは、
ここ【DARCOS】のように
素敵なシューズがたくさんあるからかもしれません。




g1433.jpg

▲サイドに咲いた真っ赤な花。いかにもタンゴらしい雰囲気。


g1250.jpg

▲バラ柄と水玉模様。このような、柄×柄のシューズも人気です。


g1139.jpg

▲丸ボタンがレトロな雰囲気。パーティーシーンでも活躍の1足。






店の中には工房があり、
職人さんが靴型から製作しています。
それがガラス越しに見えるのも興味深いです。


また、このショップでは、
タンゴレッスンも行っています。



************************************


 【DARCOS】日本にも支店あり。


 住所Sarmiento835
 電話4326-0232
 URL
http://www.darcostango.com.ar/zapatos-taco-alto.php



************************************



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー ショッピング・雑貨・お土産
2010年3月16日
« 前の記事「マテ茶の飲み方とルール、そしてマナー」へ
»次の記事「アルゼンチン人の血はワインで出来ている」 へ
おすすめ記事
ブエノス・アイレス特派員 新着記事
世界最南端の都市のホテルライフLas Hayas Hotel「ラス・アジャス」
NHKラジオ深夜便(NHKラジオ第一)「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」1月24日午前0時過ぎから
Café de los Angelitos「天使のカフェ」はブエノスアイレス高名なる喫茶店の一つ
オベリスコ、ブエノスアイレスの町のシンボル
11月22日NHKラジオ深夜便「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
#Juanadearco 20周年記念デザイナー来日イベント情報(11月23日から)
#matear2018 マテ茶フェア開催中(11月11日まで)
イグアスの滝は最高のシーズン(10月末から11月)一番大きい「悪魔の喉笛」の滝を見るのにどれぐらいかかる?

中南米 航空券情報


アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    bonita
    2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集