海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチン人の血はワインで出来ている

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月26日

アルゼンチン人の血はワインで出来ている


アルゼンチン人の血はワインで出来ている





ラテンアメリカのワインと言えば、
日本ではチリワインが有名です。
でも実はチリでは、国内でのワイン消費量はそれほど多くはありません。
それは、欧米資本によってマーケット主義のワイン作りを行っており、
アルゼンチンのように食文化と強く結びついてはいないからです。




アルゼンチンでは、肉中心の食事のため
一人当たりワイン消費量はかなり多く
年間40ℓ以上と言われています。(日本は1.9ℓ)
「オレのこの体を流れる血は、ワインで出来ているんだッ!」
と、飲みながら息巻く人も少なくありません。


さらにアルゼンチンは、
フランス、イタリア、スペイン、アメリカに次いで
世界第5位のワイン生産量を誇っています。
メンドサ州など、アンデス山脈の盆地を中心に生産されていますが、
アルゼンチン産のワインは、ヨーロッパ産のワインより
ややポリフェノール含量が多いのも特徴です。




ワインが、人々の生活の一部になっているアルゼンチンでは
普段の食事ではもちろん、パーティーなどの場でもワインが欠かせません。




誕生パーティーで.jpg

▲ワインを飲みながらワイワイやるのがアルゼンチン流。







     せっかくアルゼンチンに旅行に来たのだから、
     思い切りワインを楽しんでみたい







そんな旅行者も多いことでしょう。
そこで、市内のレストランの
ワインリストに載っていることの多いワインをいくつかご紹介。


価格は、ワインショップ等で購入する際の価格です。
 レストランでオーダーする際の価格ではありませんので悪しからず。





ドン.jpg

▲ギフトとしていただくこともしばしば。(実はこれもいただき物!)
  [Don Nicanor] ボトルのみの値段で40ペソ前後〜。


アラモ.jpg

▲最近お気に入りの[ALAMOS]は25ペソ前後〜。

エレメントス.jpg

▲女性にファンの多い[ELEMENTOS]も25ペソ前後〜。

トラピチェ.jpg

[TRAPICHE]は、日本でもよく知られているワイナリー。






ビール党の私は
ワインのウンチクにほとんど興味がないのですが、
アルゼンチン人の友だちと食事をする機会が多いので
否が応にも、彼らの持っているワインへのこだわりとか
ワイナリーの特徴やなんかを聞かされます。
特に、↑の[TRAPICHE]は、アルゼンチンワインの代表選手のため
このワイナリーにやたら詳しい人が多いです。


値段の高い順に挙げていくと、



トラピチェ・メダージャ(白)/MEDALLA
 シャルドネーを手摘みで収穫。黄金色の輝きとフレンチオーク樽の柔らかな香り。


トラピチェ・メダージャ(赤)/MEDALLA
 フルボディ、格付けはヴィーノ・フィノ。


トラピチェ・フォンドカーブシャルドネー(白)/FOND CAVE CHARDONNAY
 熟したりんご、はちみつ、シナモンの香りがエレガント。辛口。


トラピチェ・フォンドカーブシャルドネー(白)/FOND CAVE CHARDONNAY
 バニラ、カシス、チョコレートなどの香りにほのかなタバコのニュアンス。


トラピチェ・シラー・オークカスク・ゴールドラベル(赤)/SYRAH OAK CASK GOLD LABEL
 手摘みのぶどうのみ。シガー、いちじくのドライフルーツ、アーモンドなどの複雑な香り。


トラピチェ・マルベック・オークカスク(赤)/MALBEC OAK CASK
 手摘みのぶどうのみ。ベリーやプラムの甘い香り。

 




だいたいこのような感じになります。・・・なると思います。
でも、老舗のカフェやレストラン、コンフィテリアなら、
「Vino de la casa, Por favor.(ヴィノ デ ラ カサ、ポルファボール)で済んじゃいます。
自家製ワインのことですが、自家製というよりむしろ
そのカフェやレストランがひいきにしていて
大量に仕入れているワインをお得な値段で出してくれます。
もっとおおざっぱな店では、
「tinto(ティント/赤)」「blanco(ブランコ/白)」で済んでしまうことも。






     だって、ワインにそれ以上の区別が必要なのかい?






とは、
いつも飲んだくれている友だち(もちろん生粋のアルゼンチン人)の名言です。






余談ですが、メンドサ州にあるトラピチェのワイナリーでは、ボデガ見学が出来ます。
私は別のワイナリーに行きましたが、メンドサへの旅行ならコチラの記事 もどうぞご覧下さい。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材
2010年3月26日
« 前の記事「【モンセラート】美し過ぎるタンゴシューズ*DARCOS」へ
»次の記事「ブエノスアイレスの住宅事情〜集合住宅の場合〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集