海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ブエノスアイレスの住宅事情〜一戸建ての場合〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年3月30日

ブエノスアイレスの住宅事情〜一戸建ての場合〜


ブエノスアイレスの住宅事情〜一戸建ての場合〜





ブエノスアイレスの住宅事情。
今回は、一戸建てに住む一般家庭にお邪魔しました。




ブエノスアイレスの一戸建ては、
「チョリソ」と呼ばれる、かなり奥行きのある
細長い造りになっている家が多いです。
中庭があり、その庭を囲むように部屋があります。
今回お邪魔したのは、夫の友人(整形外科医)の家。
ここは、彼の自宅兼診察所です。




庭


▲気持ちのいい中庭。緑色のドアが素敵です。



この家が建てられたのは1889年。
もう121年も前のことです。
アルゼンチンに移民してきた彼の祖父母が手に入れ、
一家で住み続けてきた思い出いっぱいの家。
だから、家具や装飾品も、当時から使われている物ばかり。
アンティークに囲まれた暮らしです。




リビング


▲リビング。このテーブルも、壁に飾られたお皿も、かなりの年代物です。



キッチン


▲キッチン。移民時代に使われていたコンロもありました。




アンティークに囲まれて育ってきたからか、
彼自身もアンティークの品々を収集する趣味があります。
特に熱心に集めているのが、アンティークスプーン。
1000本は軽く超えるだろうと思われるコレクションの数々を見せてもらいました。




アンティークスプーン


▲家の壁という壁に、このようにスプーンが飾られているのです。

アンティークスプーン2


▲希少価値の高い物は、ガラスケースの中に。


アンティークスプーン4


▲第一次世界大戦の頃の物。当時の日本の国旗も施されています。


アンティークスプーン3


▲これだけコレクションするには、かなりの時間とお金が必要だと思われます。




アルゼンチンの一戸建ては、
たいていの場合、親から子へ、子から孫へと受け継がれ
100年以上の歴史を刻んでいます。
建物そのものがアンティーク!
という雰囲気の一戸建てがとても多く、それが
古い物を大切に使い続けるという
アルゼンチン人の暮らし方を作ってきたのだと思います。




おつまみをいただきながら


▲おつまみをいただきながらおしゃべりでまったり。




アルゼンチンで、このようなお宅にお邪魔させてもらうたびに、
大量生産、大量消費、
より新しい物ばかりを追い求める生活って、なんだかとても虚しい
そう思います。
親から子へ、子から孫へと受け継がれていくのは、
彼らの暮らし方そのものなのでしょう。




余談ですが、
アルゼンチンの住宅(アパートでも一戸建てでも)に欠かせない物があります。
それが、コレ↓↓↓。




アサード






アルゼンチンでは、休日になると
家族や友人同士でアサード(バーベキュー)を楽しみます。
炭火でじっくり肉を焼きながら、ワインで乾杯!
アルゼンチンに住んで良かったなあと思う瞬間です。




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年3月30日
« 前の記事「ブエノスアイレスの住宅事情〜集合住宅の場合〜」へ
»次の記事「ガウチョファッションに注目!ボンバチャを買ってみた」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集