海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > サルタ料理とフォルクローレを堪能*La Casa ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年4月21日

サルタ料理とフォルクローレを堪能*La Casa de Guemes


メール プリント もっと見る

サルタ料理とフォルクローレを堪能*La Casa de Guemes





教会1




教会3




教会2


▲荘厳な雰囲気のカテドラル/サルタ




アルゼンチン北部・サルタへの旅。
旅の醍醐味は、何といってもご当地グルメ!
インディヘナの文化が色濃いこの地域では、
「南米のパリ」ブエノスアイレスとは違い
ペルーやボリビアに近い食文化を感じました。


サルタでワイン


▲まずは、数あるワインの中からサルタ産のワインをチョイス。


サルタでワイン2


▲モソおすすめのワインって、どこのレストランでも「高ッ!」
 でも旅行中は気が大きくなるので、財布のヒモも緩みがち?



サルタのワインだったんだー


▲白ワインが有名なサルタですが、赤も美味しかったー。
 リャマの絵が可愛いこちらのワインは、BsAsのレストランでも、
 かなりの確率でワインリストに載ってます。



ウミタとタマレス


▲サルタ料理といえば、ウミータ(左)とタマレス(右)なのだそうで。


ウミタ


▲早速ためしてみました。まずはウミータ。
 トウモロコシの粉を蒸して作るのだそうです。めちゃウマです。



タマレス


▲次にタマレス。これもトウモロコシの粉を蒸したものですが、
 ひき肉などが入っています。これもめちゃウマ!



ウミータとタマレス、どちらもトウモロコシの皮に包まれています。
食後、この皮をどうしたらいいのかしらと思って周囲を観察してみたところ
地元の人たちはみんな、きれいに皮を包み直していました。
包み直すのがマナーなのね、とモソに訊ねてみたら、
「まぁ、外国人のお客さんなら気にしなくていいけどね」
でもやっぱり、「郷に入れば郷に従え」
旅先のルールやマナーは大切にしたいものです。


アルゼンチンだけでなく、
南米の多くの国で食されているエンパナーダ。
焼いたものと、揚げたものがありますが、




エンパナーダ


▲サルタでは焼きエンパナーダでした。


サルタでロクロ


▲ロクロ。トウモロコシの粉と豆や野菜、牛肉の煮込み。


サルタでロクロ2


▲BsAsのサルタ料理レストランでも、私の大好物!日本人ウケのよい塩味です。




ブエノスアイレスとサルタの食文化は、
想像していた以上に違っていました。
塩をふって焼いただけの肉料理の多いブエノスアイレスに比べると、
豆や野菜、香辛料がふんだんに使われているサルタ料理の方が
私たち日本人の好みに合うような気がします。
サルタは、じゃがいも料理もとても美味しいのですが、
ただのポテトフライをもっと美味しく食べる工夫がありました。




セロリのソース


▲それがこのソース。これはセロリとチーズのソースですが、
 店によって様々なソースが用意されていました。





このちょっとしたひと工夫に、
サルテーニョ(サルタの人のこと)たちの食に対する意気込みを感じました。


サルタでは他にも、ヤギ肉がよく食されています。
わが故郷・オキナワでもヤギ肉を食べますが、
サルタのヤギ料理はというと、


ヤギのステーキ


▲香草たっぷりのヤギステーキ。


ヤギの煮込み


▲ネギたっぷりのヤギのシチュー。



ヤギのお肉ってかなーりクサイのですが、
こうして香草をたっぷり使うことで臭みはほとんど感じません。
美味しくいただきました。




   サルタにいる間、白ワインを飲みまくるぞー!




・・・と、意気込んでいたのですが、
所詮、私も夫もビール党。
あのシュワシュワの泡が恋しくなったのです。


そんな時も大丈夫!
観光地サルタには、様々なタイプのレストランやバルがあります。


サルタのバル


▲アイリッシュパブ。70種類以上ものビールが飲めます。


サルタビールも


▲サルタの地ビール、サルタビール。
 なかなか頑張ってるなーという味です。



結局ビール


▲「このあとどうする?」夜はこれから!
 フォルクローレを楽しむためにペーニャへGo!





サルタのメインストリートとも言えるBalcarce通りには、
「これでもかッ!」という数のペーニャがあります。
でも、当然のことながら、いかにも観光客向けのペーニャばかり。
せっかくサルタにいるのに、
フォルクローレの説明を英語で聞くなんて、気分が盛り上がらない!
そんなあなたにおすすめなのが、ちょっぴりはずれにあるペーニャ〈La Casa de Guemes〉
アルゼンチンが独立をかけて戦っていた時代に、
北部を指揮した英雄・マルティン・ミグエール・デ・グエメス将軍の
生家の一部(庭園部分)を改築したペーニャです。




このペーニャ、なぜかお客さんのほとんど全てがアルゼンチン人。
ブエノスアイレス州や、その他の州から旅行に来たアルヘンティーノばかりです。
だから、とてもノリが良く、音楽も踊りも大盛り上がり。
料理もとても美味しく、しかも安い!
ショーは夜9時半から、ショーチャージなしです。


サルタのペーニャ1


▲こぢんまりとしてアットホームな雰囲気。








****************************************************************


  〈La Casa de Guemes〉


 住所España730
 電話422-8978


****************************************************************



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー レストラン・料理・食材 旅行・ツアー・ホテル
2010年4月21日
« 前の記事「どんな女性がモテる?ブエノスアイレスで大調査!」へ
»次の記事「牧畜の国らしいイベント*Nuestro Caballos」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集