海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ガールズトーク!アルゼンチンで "モテる...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月19日

ガールズトーク!アルゼンチンで "モテる" のは...花輪くん?!


ガールズトーク!アルゼンチンで "モテる" のは...花輪くん?!





イケメンズ5


▲日本語とスペイン語の語学交換(といっても、タダのオシャベリ)のメンバーたち。




美女天国アルゼンチンは、イケメン天国 でもあります。
(↓)の写真のアルヘンティーノは、みんな私の友だちですが
イケメンだけを選んで仲良くしているワケではなく、
アルヘンティーノって、とにかくみーんなカッチョイイのです。




イケメンズ2




イケメンズ1




イケメンズ4




イケメンズ3




eric






そんなイケメン天国・アルゼンチンで、「どんな男性がモテるか」なんて、
みんなカッチョイイんだから、そんなの分かんな〜い、デヘデヘ〜♪
なんて思っている間に、今月のお題の〆切り日になってしまいました。
あぶない、あぶない。




さて。
これだけイケメンがうじゃうじゃいる国で、どんな男性がよりモテているのかッ?!
ポルテーニャたちのガールズトークから、
アルゼンチンにおける「モテ男像」が明らかに!




イケメンズ6


▲ガールズトーク!左端に写っているハビエルは乙女系男子なので特別参加です。






まずは”見た目”。
「人は外見じゃないのよ!」とはいえ、
外見が与える第一印象ってかなり大きかったりします。
アルゼンチンでモテるのは、ズバリ






    ブロンドと青い瞳






イタリア・スペイン系の移民が多いアルゼンチンには、
ウィリアム・Z・リプリー「地中海人種」 と呼ぶ人たちが多いです。
濃い褐色の髪と瞳がその特徴ですが、だからこそ、
金髪・碧眼という、アングロサクソン系の髪の色と瞳の色は珍しい。
アルゼンチンでは希少という意味で、ブロンドや青い瞳に憧れが強く
それがそのまま、モテるための条件になっているのでしょう。




次に、”性格” や ”行動”。




「趣味や特技があること、スポーツが好きなこと、
 他国の文化に興味を持つこと、旅に出かけること、
 そういうことが好きで、積極性のある人が一緒にいて楽しい。」




最近はアルゼンチンでも
引きこもりがちな若者たちの存在が問題になっていますが、
気持ちや行動のベクトルが外に向いていない男性は、この国ではモテません。


平日は仕事でクタクタだから、休日は家でゴロゴロ。これといった趣味もない・・・


そんなお疲れな日本人サラリーマンは問題外?




「仕事に一生懸命な男性は、それはそれでカッコいい。
 会社でそれなりの地位がある人もモテる。
 だけど、仕事に謀殺されてプライベートが充実していない人は
 仕事を取ったら何も残らないワケでしょ?
 結局のところ、恋のアンテナに引っかからない」




なるほどねー。それに、家にいてばかりじゃ出会いもないだろうしねー。




ところで、日本では「草食男子」なる男性たちの存在が取り上げられたりしましたが
恋愛に積極的なアルヘンティーノたちは、その食文化と同様に完全に「肉食」。
カワイイ子を見つけたら、「Hola, Bonita〜♪」などと声をかけるのがいわば常識なのです。
普段口説かれ慣れているポルテーニャたちにすれば、日本の草食男子なんて、これまた問題外。
アルゼンチンでモテるためには、口説き上手にならなければなりません。




また、アルヘンティーノの特徴として、宝物でも扱うかのように女性を大切にします。
バスに乗る時は必ず、女性の乗客を先に乗せてくれるし、
車内が満席でも、男性は女性に席を譲ってくれたりします。(お年寄りに席を譲るのは当たり前)
カップルや夫婦がカフェやレストランに入ろうとする時は
男性が先にドアを開けて女性を中に通してくれるし、
女性が上着を脱ぐのを手伝ってくれるし、
メニューを選ぶ時に


「本当は君の顔を見ているだけで、ボクはもう満足でお腹いっぱいなんだ」


なんて台詞を言ってくれたりします。アルゼンチンでは、それが男らしさなのです。
レディーファーストに慣れているポルテーニャたちからすれば、
ドライブの時、私のために車のドアを開けてくれることさえしないうちの夫は、
なんて男らしくない!ということになるんだろうなぁ、きっと。
ちょっとはアルヘンティーノたちを見習って欲しいよ。(`Д´) /




ガールズトークで出た意見をまとめてみると、
アルゼンチンでモテるための”性格” や ”行動” のキーワードは




    積極性と男らしさ




つまり、ブロンドで青い瞳、そして何事にも積極的で、
口説き上手、女性を大切にしてくれる男らしい男性。
・・・・・そういう男性が、たしか、日本にもいたような?


maru08.jpg やあ、ベイビ〜。
それってボクのことかぃ?





Poto por フジテレビ/ちびまるこちゃんキャラクター紹介 より




ブロンド+青い瞳ではないけど、ルックスは完璧。
英語とフランス語が堪能、趣味はピアノとバイオリン、
博識でファッションのセンスがバツグン、そしてクラスの女子たちに優しい。
スーパー小学3年生、花輪くんのようになれば、
あなたもきっと、アルゼンチンでモテモテです。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2010年5月19日
« 前の記事「エルサルバドルの歩き方3~おすすめレストラン~」へ
»次の記事「アルゼンチン土産に!国旗カラーのタンガ」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    JFNラジオ『ON THE PLANET』日本時間10月24日午前1時5分から生出演 #ユースオリンピック #今日のブエノスアイレス
    #ユースオリンピック ブエノスアイレス2018日本初の金メダル・フェンシング上野優佳選手おめでとうございます!
    #ユースオリンピック #日本代表 歓迎レセプション
    #ユース五輪 未来への若者の展望とTOYOTA
    ブエノスアイレスからラプラタ河を越えて国境を越え、ウルグアイへ 
    #Buenosaires2018 オリンピック聖火リレーで日本のTOYOTA車Hiluxが大活躍!
    何でもあるパレルモのイタリア広場近くの「ガレオン」
    #BuenosAires2018 ‏ユースオリンピックお薦め写真スポット!

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集