海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 特派員は見た!〜思い出の財布よ、さようなら〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月21日

特派員は見た!〜思い出の財布よ、さようなら〜


メール プリント もっと見る

特派員は見た!〜思い出の財布よ、さようなら〜





ここアルゼンチンで私が目撃&遭遇した、
あんなコトやこんなコトをレポートする


   「特派員は見た!」




今回は、私の夫が被害に遭ったスリ事件。
行きつけのレストランであっても、決して油断してはならない
モソ(ウェイター)によるスリの手口についてレポートします。




%93%C1%94h%88%F5%82%CD%8C%A9%82%BD%81I.jpg

  第3話 「思い出の財布よ、さようなら」



事件の現場となったのは、とあるアジア料理レストラン。
私たち夫婦の行きつけの店で、モソとも顔なじみです。
この日は、私たち夫婦、夫の仕事関係の日本人男性の3人で
店の入り口に近いテーブルに座りました。


%8C%A9%8E%E6%82%E8%90%7D.jpg




いつものモソが、オーダーを取りに来てくれました。
彼は、アルゼンチンに働きに来ているのですが、
語学学校には一度も通ったことがないけど
独学で努力し、わずか半年でスペイン語をマスターしたがんばり屋さんです。


.jpg



私たちは、いつものようにランチセットをオーダーし、
彼はいつものように、私たちのテーブルにお料理を運んでくれました。


・・・・・でもホントは、彼の行動に、いつもと違う点があったのです。


(↑)のレストランの見取り図をもう一度見て下さい。
私の座っていた席の左側には、サービスをするのに十分なスペースがあります。
いつもなら、彼はここから、
お料理をテーブルに置いたりお皿を下げたりするのです。


でも、今回は違いました。
彼は、私と夫の間からサービスをしました。
そのため、私は、彼の邪魔にならないように
体を通路側によけてあげたりしました。(何度も)
だから、いつもと違う彼のこの行動を覚えていたのです。


その時、夫が座っていた椅子の背もたれには、
夫の上着がかかっていました。
上着の内ポケット(ボタンなし)には、数百ペソの現金が入った財布。


1.jpg





お会計をお願いして、上着の内ポケットから財布を取り出そうとして、
初めて財布がなくなっていることに気がついた夫。


「盗まれた・・・?」


と、私たちは一瞬そう思いましたが、日本人の性格として、
人を疑うよりも、まずは自分の過失ではないかと疑うものです。
つまり、会社に忘れてきたんじゃないか、ということになりました。
(それでも夫は、「イヤ、絶対にこのポケットに入れた」と言っていましたが)


結局、会社にも財布はなく、
やはりあのレストランで盗まれたに違いないと思いました。
そしてよく思い出すうちに、あのモソの行動がおかしかったことに気がついたのです。


2.jpg



椅子の背もたれにかけられた上着の内ポケットから、
持ち主に気がつかれないように財布を抜き取ることが可能かー。


お疑いになる人は、実際にやってみて下さい。
私たちも、家に帰って試してみました。
私と夫の間に、犯人(この場合の容疑者はモソ)が立つと
その体が盾となって、お互いの体や椅子が見えないのです。
その上、(↑)の絵の通り、私は、モソが給仕をしやすいようにと
わざわざ体をよけてあげたりしていました。
それを夫に話すと、


「お前、まさか共犯ッ?!」


と言われてしまいましたが(笑)
それにしたって悲しいのは、あのお財布、
独身時代、私から夫への初めてのプレゼントだったのです。
私がそれを言うまで、気がつかなかった夫に腹が立ったけど。




この事件から得た教訓。


ポケットに貴重品を入れたまま、上着を背もたれにかけてはいけない。
行きつけのレストランでも、油断してはいけない。
マヌケな亭主に、必要以上の現金を持たせてはいけない。





ちなみに、この事件の後、警察関係者と話す機会があり、
レストランで盗難に遭った場合の対処法を教えていただきました。
警察を呼んで、徹底的に調べてもらうこと、だそうです。
そうすれば、怖じ気づいたモソが盗んだ物を出すことがあるし、
仮に盗まれた物が返ってこなかったとしても
その店の評判に関わることだから、オーナーによる指導や制裁が入る、
とのことでした。なるほどね〜。

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2010年5月21日
« 前の記事「アルゼンチン土産に!国旗カラーのタンガ」へ
»次の記事「5月25日,アルゼンチンは建国200年を迎えます!」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集