海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチンの中のスペイン〜ビリャラールの戦いの日...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月24日

アルゼンチンの中のスペイン〜ビリャラールの戦いの日〜


メール プリント もっと見る

アルゼンチンの中のスペイン〜ビリャラールの戦いの日〜





4月23日は、「サン・ジョルディの日」でした。
キリストの聖人であるサン・ジョルディ(聖ゲオルギウス)の命日とされる日であり、
スペインのカタルーニャ地方では、男女が赤いバラを贈り合う習慣があるそうです。




サン・ジョルディの日は、『ドン・キホーテ』の作者・セルバンテスの命日、
また、シェイクスピアの誕生日とも言われています。
そのため、スペインと日本では
本を贈る記念日とされているのですが、皆さんご存知でしたか?


スペイン・パレンシア県出身の友だち、パコに招待されて、
この日を祝うフィエスタに行きました。(もう先月のことですが)
でも、このフィエスタは、
サン・ジョルディの日を祝うのでも、本の日を祝うのでもありません。
彼の出身であるカスティーリャ・レオン自治州では、
1521年4月23日の「ビリャラールの戦いの終戦日」が祝日となっているのです。
この日は、王権に反対する反乱軍が、国王と貴族によって組織された追撃軍に敗北した日。
この敗北からさらに月日を経て、カスティーリャ・レオン自治州が成立したのですが、
負けた日を祝日にするなんて、なかなか面白いなーと思います。




ちょうどこの時期、
スペインでは春を祝う祭りのシーズンでもあります。
だから、スペイン系移民の多いアルゼンチンでも
あちらこちらでフィエスタが行われます。




フィエスタ!2


▲前半は式典、式典の終了後に、お楽しみのランチタイム!


フィエスタ!4


▲スペイン大使館関係者も多数参加。


フィエスタ!5


▲赤いバラと黄色のバラ。スペイン国旗の色ですね。


フィエスタ!1


▲アルゼンチン生まれのお孫さんと参加されたおばあちゃんと。
 胸のリボンは、アルゼンチンの国旗とスペインの国旗カラーです。





アルゼンチンで、このような公的な行事に参加すると、
まず始めに、招待客の名前と肩書きが延々と読み上げられます。
その時必ず「○○氏とそのセニョーラ(妻)」と紹介されます。
日本人の私は、まだそれに慣れなくて、
立ち上がって会釈をしながら照れまくってしまいます。
海外では多くの場合そうですが、アルゼンチンでも、
フィエスタに、妻やパートナーを伴うのが一般的です。
仲の悪い夫婦なら、「やってられないわ!」と思ってしまうかも?


アルゼンチン人はフィエスタが大好きです。
「○○の日」を祝う、
アサード(バーベキュー)でワイワイ、
友だちのバースデー、
友だちの友だちのバースデー・・・
週末はフィエスタのお誘いが多く、
もしも、招待していただくフィエスタすべてに出席したとすれば
それだけで全ての土日がつぶれてしまうほど。
着ていく服に、いつも悩んでしまいます。


堅苦しい式典が終わると、お食事&ショータイムです。
昨年はスペインの伝統的な踊りが披露されましたが、
今年のショーはタンゴでした。
そして、楽しみにしていたお料理がこちら!


フィエスタ!6


▲スペイン料理の前菜といえば、やっぱり生ハム。


フィエスタ!8


▲ワインも欠かせません。


フィエスタ!7


▲メインのお肉料理。
 同じ肉でも、「塩ふってただ焼いただけ」のアルゼンチン料理とはひと味違いますねー。







ブエノスアイレス市内には、
スペインやイタリア、そしてもちろん日本からの移民やその子孫たちも
それぞれの出身地域の文化会館を所有しています。
今回のフィエスタが行われたのも、そんな会館のひとつ。
(↑)の写真のおばあちゃんは、
こうして年に何度か、みんなで集まっておしゃべりをしたり
故郷の料理をいただくのが一番の楽しみだそう。




フィエスタの最後はいつものように、
パソ・ドブレ を踊って大盛り上がり。
私も、ここブエノスアイレスでもう何度も踊っているので、
この踊りにはだいぶ慣れてきました。
アルゼンチンタンゴよりずっとカンタン☆
アルゼンチンに住んでいると、
スペイン文化に触れる機会がとても多いです。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年5月24日
« 前の記事「5月25日,アルゼンチンは建国200年を迎えます!」へ
»次の記事「甘過ぎないスイーツで祝うアルゼンチンのバースデー」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集