海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > タンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」*C...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月28日

タンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」*Centro Cultural;Borges


タンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」*Centro Cultural;Borges





アルゼンチンのバースデーを(勝手に)祝った 後は、
〈Centro Cultural;Borges〉に行きました。
アルゼンチン生まれの偉大な作家、ホルヘ・ルイス・ボルへス(Jorge Luis Borges)
彼の功績を称えて設立された財団が運営する文化会館です。
ここでは、タンゴ、フォルクローレ、フラメンコ、ミュージカルなどなど
様々なタイプの芸術・芸能を楽しむことが出来ます。


私たちも毎月のように足を運んでいるのですが、
今回は、あのピアソラのタンゴ・オペリータ(タンゴの小オペラ)、


  「ブエノスアイレスのマリア/María de Buenos Aires」


が上演されました。(オーケストラと歌のみ)


Mar%3Fa%20de%20BsAs.jpg

Centro Cultural;Borges/イベントカレンダーより転載。


タンゴを学ぶ私としては、アストラ・ピアソラ の代表作とも言えるこのオペリータを
CDではなく生の演奏で一度は聴いてみたかったのです。
しかも、本場ブエノスアイレスで!


「Yo soy María de Buenos Aires...」というフレーズから始まる
あまりにも有名な曲は、様々な国籍・ジャンルの歌手が歌っているので
タンゴファンではない人も、一度は耳にしたことがあるかもしれません。






Milvaが歌う、マリア・デ・ブエノスアイレス(ブエノスアイレスのマリア)。






120ペソの席を予約したのですが、
この日は建国200年を祝って、特別価格の70ペソでした。ラッキ〜♪


バンドネオンの響きに乗せて、語り手である小悪魔が、
今はもういないブエノスアイレスのマリアを呼び寄せる場面から
このオペリータは始まります。
幼子マリアは、たったの7日間で成人してしまった・・・とマリアの生い立ちを語る小悪魔。
私程度のスペイン語理解能力では
小悪魔の台詞を理解するのは難しいかな〜と思っていたのですが、
詩を朗読するように台詞を言うので何とか大丈夫でした。
スペイン語の勉強(聞き取り)にもいいかも?


そして、蘇ったマリアの陰が身ごもる第2部。
マリアは、その生い立ちゆえに「忘却の女」として描かれていますが
そのマリアを、ただひたむきに想う雀のポルテーニョの歌声があまりに切ない。
そしてマリアの陰が産み落としたのは、もう一つの幼子マリアだった・・・
という場面で幕は閉じるのです。


マリア役の女性歌手の歌声も、マリアに恋する雀のポルテーニョの歌声も、
それはそれは美しく響き、涙を流す観客もいたほどでした。




ところで、この〈Centro Cultural;Borges〉
いつもたくさんの観光客と、地元のミドルクラス、ハイクラスの人たちで賑わう
Galerias Pacifico というデパートに併設されているのですが、
このデパートの天井の美しさは、一見の価値あり。
ショーとお買い物、どちらも楽しむことが出来ます。


%94%FC%82%B5%89%DF%82%AC%82%E9%93V%88%E42.jpg

▲この場所で記念撮影する人多し。私も!(なんだかスカした顔になっちゃいましたが...)




***********************************************************************
 〈Centro Cultural;Borges〉


 住所Viamonte と San Martin の角にあります。
 URLhttp://www.ccborges.org.ar/index2.htm


***********************************************************************



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 夜遊び・クラブ・お酒 文化・芸術・美術
2010年5月28日
« 前の記事「甘過ぎないスイーツで祝うアルゼンチンのバースデー」へ
»次の記事「アルゼンチンの中のスペイン〜ロシーオの巡礼〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集