海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチンの中のスペイン〜ロシーオの巡礼〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年5月31日

アルゼンチンの中のスペイン〜ロシーオの巡礼〜


メール プリント もっと見る

アルゼンチンの中のスペイン〜ロシーオの巡礼〜





%83%8D%83V%81%5B%83I%82%CC%8F%84%97%E7%81%60%8F%AC%82%B3%82%C8%83_%83%93%83T%81%5B%81%60.jpg



ロシーオの巡礼といえば、
スペインの熱心なキリスト教信徒たちにとって、とても重要な宗教的祭りです。


ウエルバ県のロシーオの村に向けて旅立つ巡礼者たち。
8日間もの巡礼、長い道のりを歩く彼らを励ますための、歌や踊り。
巡礼の途中でふるまわれる伝統の料理やワイン・・・


この時期になると、日本でも時々
海外ニュースで取り上げられたりしますね。


そのロシーオの巡礼は、実はアルゼンチンでも行われているのです。
去る5月23日(日)に、ブエノスアイレス郊外の町 Santos Lugares
ミサ、そしてささやかな巡礼が行われました。


私たちをこの巡礼に招待してくれた友だちのアナは、
在アルゼンチン・スペインアンダルシア協会の会長さん。
アンダルシアの音楽といえばフラメンコですが、
2年前、あるフィエスタでセビジャーナスを踊っていた私の夫に、




「セビジャーナスを踊れるのなら、うちのフィエスタにも来てみない?」




と、声をかけてきたのが彼女でした。
それ以来、アンダルシア協会が主催する行事があると、いつも招待してくれます。






▲教会でのミサの後、町内をテクテク歩く。通りで披露されるセビジャーナス。




この手の行事に招待していただくと、日本人であることがよほど珍しいのか
たいていマイクを握らされ、何か話さなければならない状況に陥る夫。
今回は、日本とアンダルシアのふか〜い関係について話していました。








アンダルシアには、「ハポン(Japón)」という名字を持つ人々が住んでいます。
その字のごとく、「日本」という意味です。
彼らの顔は、間違いなくスペイン人に見えるのですが
実は彼らの遠い祖先は、
江戸時代の初めに通商を求めスペインに渡った30人のうち
アンダルシア地方に留まることにした10人の日本人
なのです。
日本とアンダルシアって、実はふか〜い関係にあったのですね。


詳細はコチラ を参照




ロシーオの巡礼〜パエリア!〜.jpg



美味しいパエリヤとワインでいい心持ちになったところで、
フラメンコショーが始まりました。
歌っているのは、アルゼンチンを代表するフラメンコ歌手のクラウディア・モントージャ
そしてギターは彼女の娘です。
彼女たちは日本でも公演を行っているので、ご存知の方もいるかもしれません。


%83%8D%83V%81%5B%83I%82%CC%8F%84%97%E7%81%60%83_%83%93%83T%81%5B%82%BD%82%BF%81%60.jpg







▲フラメンコの衣装って、色とりどりでとってもキレイ。




日本にいた頃も、そしてスペインに旅行に行った際も、
フラメンコ好きの夫にくっついて、あちこちのタブラオに足を運びました。
そして感じるのですが、




アルゼンチンのフラメンコって、レベルが高い!






▲タンゴもいいけど、情熱のフラメンコも習ってみたいなぁ。
 踊っているのは、このグループを教えているフラメンコの先生です。





スペイン系移民の多いアルゼンチンには、
フラメンコ教室もタブラオもたくさんあります。
南米にいながら、スペインを旅したような気分になれる。
アルゼンチンって、とってもお得な国です。




最後はセビジャーナスで大盛り上がり!
スペイン系移民の多いアルゼンチンでは、パソ・ドブレ を踊る機会が多いのですが、
セビジャーナスも踊れるようになると、こういうフィエスタをもっと楽しめます。






▲アルゼンチンでセビジャーナスを踊るヘンな日本人にみんな大喜び。




この日は、アルゼンチンの建国200年を祝う5日間のうちの3日目。
セビジャーナスを踊りすぎてクタクタになった体で、
建国200年のイベントが行われている7月9日通り(Av.9 de Julio)に向かいました。
あのオベリスコ が窓から見えるお部屋を予約できたからです。


次回、アルゼンチンの建国200年を記念して行われた各種イベントをレポートします。





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年5月31日
« 前の記事「タンゴ・オペリータ「ブエノスアイレスのマリア」*Centro Cultural;Borges」へ
»次の記事「オベリスコそばの便利なホテル*Caesar Park Silver BsAs Obelisco」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    老舗カフェ トルトーニでタンゴショー
    #AñoNuevoChino 中国正月イベント2月10日盛況。11日は12時から21時まで。
    Año Nuevo Chino2018中国正月イベントは2月10、11日
    ブエノスアイレスで初コレアンフェス(2月4日)
    NHKスーパープレミアム「最強の牛肉!頂上決戦 再放送(2/4,8, 22)
    アルゼンチンから声をお届けします。NHKラジオ深夜便 「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」(1月30日)
    ブエノスアイレスのお気に入り(2)アイスクリーム喫茶店CHUNGOチュンゴ
    イタリア広場のパン屋さんDos Leones 食事も可能

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集