海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチン建国200年を祝う(後編)

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月 4日

アルゼンチン建国200年を祝う(後編)


アルゼンチン建国200年を祝う(後編)



建国200年(5)




建国200年(4)




建国200年(7)






5月25日。建国200年を迎えたブエノスアイレスの朝。
国旗で飾られた5月通り(Av.de Mayo)を散歩しました。
カサ・ロサーダ(ピンクの家)の愛称で呼ばれる大統領府、
そしてその目の前の5月広場には、早朝からたくさんの人々が集まっていました。
5月広場に面して建つカテドラル(大聖堂)には、
南米を独立へと導いたサン・マルティン将軍の棺が安置されています。
12人の使徒を表す12本の柱が特徴のこのカテドラルで、ミサが行われました。




建国200年(25)




建国200年(24)




カテドラルの前には、アルゼンチンの守護神である
サンタ・マリア・デ・ルハン(Santa María de Luján)の大きな像がありました。
ブエノスアイレスの北西65キロの場所にあるルハンでは
古くから祀られているマリア像を見ることが出来るのですが、
そのルハンにある大聖堂でのミサには、クリスティーナ・キルチネル大統領が出席。
そしてこちらのカテドラルでのミサに出席したのは・・・






マクリ市長です。市民からは歓迎の拍手。なかなか人気があるんですね。


さて。
今回の200年祭(Bicentenario)で売れに売れたのが、国旗グッズです。


国旗グッズ3




国旗グッズ1




国旗グッズ2




アルヘンティーノたちはもともと、自国の国旗が大好きで
サッカーの国際大会でアルゼンチンナショナルチームが勝利した日などは
家のバルコニーに国旗を飾ったりします。
また、いわゆる「旗日」にも国旗を飾る家庭が多いので、国旗はとても身近なアイテム。
この国旗が制定されたことを祝う「国旗の日」もあるほど
アルヘンティーノたちはこの国旗を愛しているのです。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー イベント・行事・お祭り
2010年6月 4日
« 前の記事「アルゼンチン建国200年を祝う(前編)」へ
»次の記事「【レコレタ】個性的な地ビールを飲み比べ*Buller Pub」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    #Juanadearco 20周年記念デザイナー来日イベント情報(11月23日から)
    #matear2018 マテ茶フェア開催中(11月11日まで)
    イグアスの滝は最高のシーズン(10月末から11月)一番大きい「悪魔の喉笛」の滝を見るのにどれぐらいかかる?
    #LeMarche ブエノスアイレスのフランス食フェア(11月3、4日)
    #パレルモソーホー のドーナッツ屋さん Donut Therapy
    JFNラジオ『ON THE PLANET』日本時間10月24日午前1時5分から生出演 #ユースオリンピック #今日のブエノスアイレス
    #ユースオリンピック ブエノスアイレス2018日本初の金メダル・フェンシング上野優佳選手おめでとうございます!
    #ユースオリンピック #日本代表 歓迎レセプション

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集