海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ブエノスアイレス近郊の旅〜州都ラ・プラタ市〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月10日

ブエノスアイレス近郊の旅〜州都ラ・プラタ市〜


ブエノスアイレス近郊の旅〜州都ラ・プラタ市〜





ラプラタ1.jpg

▲ラ・プラタの観光はモレノ広場から。ここはラ・プラタ市民の憩いの場。




東京は、日本の首都でもあり、東京都の都庁所在地でもあります。
一方、連邦共和制国家としてのアルゼンチンの首都はブエノスアイレスですが、
ここはどこの州にも属しておらず、いわば特別区として扱われています。
ブエノスアイレス州の州都は、
首都ブエノスアイレスから北西に65km、人口およそ54万人のラ・プラタ市(La Plata)です。


ラ・プラタ市がその開設を正式に宣言されたのは、1882年11月19日のこと。
1952年に、一時「エバ・ペロン市」と名称を改められたものの、
わずか3年で元の名称に戻ったという経緯があります。
研究学園都市であるつくば市のように
州の行政機関と大学を設置する目的で開かれた計画都市であるため、
整然とした街並み、碁盤目状の通りが特徴的。
道の名前は、ワシントンD.Cを真似てアルファベッドと数字で呼ばれています。


街の中心は、カテドラルや庁舎のあるモレノ広場。
恐竜の化石やアルゼンチン北部で発見されたミイラが展示されている自然科学博物館、
世界中の人形を集めた人形博物館のある子どもの国など、見所もたくさんあります。
今回は、カテドラル(大聖堂)を見学することにしました。


ラプラタ2.jpg



ラプラタ4.jpg



ラプラタ8.jpg



ステンドグラスから差し込む光が、この神聖なる場所をより荘厳な雰囲気にしています。
カトリック信者の多いアルゼンチンでは、大きな街には立派な大聖堂があり
日常的な風景として、熱心に祈りを捧げる人々の姿があります。


ラプラタ7.jpg



ラプラタ5.jpg



ラプラタ6.jpg



ここラ・プラタのカテドラルには、半地下部分に展示室があり、
石の棺や古いマリア像などが展示されています。
このカテドラルを修復した際の様子も、当時の写真で知ることができます。
また、塔の上部を見学するツアー(西語・英語)も人気です。


ラプラタ9.jpg



ラプラタ10.jpg



ラプラタ11.jpg



ラプラタ12.jpg



ラプラタ3.jpg







ラ・プラタ市への行き方


 レンタカー/Autopista Dr.Ricardo Belbin を走っておよそ60キロ、La Plataまで。
 コレクティーボ/レティーロのバスターミナルまたはコンスティトゥシオン駅から129番
 ミクロ(マイクロバス)/Grupo PlazaCostera Metropolitana の2社が、
            BsAsからダイレクト運行。
 列車/コンスティトゥシオン駅から


 詳細はラ・プラタ市公式サイトをご覧下さい。http://www.laciudad.laplata.gov.ar/






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 見所・観光・定番スポット
2010年6月10日
« 前の記事「失礼極まりない?アルゼンチン人の電話対応」へ
»次の記事「ミスW杯の栄冠はアルゼンチンに!」 へ
おすすめ記事
ブエノス・アイレス特派員 新着記事
Café de los Angelitos「天使のカフェ」はブエノスアイレス高名なる喫茶店の一つ
オベリスコ、ブエノスアイレスの町のシンボル
11月22日NHKラジオ深夜便「ワールドレポートアルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
#Juanadearco 20周年記念デザイナー来日イベント情報(11月23日から)
#matear2018 マテ茶フェア開催中(11月11日まで)
イグアスの滝は最高のシーズン(10月末から11月)一番大きい「悪魔の喉笛」の滝を見るのにどれぐらいかかる?
#LeMarche ブエノスアイレスのフランス食フェア(11月3、4日)
#パレルモソーホー のドーナッツ屋さん Donut Therapy

中南米 航空券情報


アルゼンチン旅行 旅スケジュール

旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

中南米にもどる

  • 特派員プロフィール
  • ブエノス・アイレス特派員

    ブエノス・アイレス特派員
    bonita
    2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

  • リーダーに登録

地球の歩き方Web特派員募集