海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチンの常識,非常識〜レディーファーストの国...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年6月17日

アルゼンチンの常識,非常識〜レディーファーストの国〜


アルゼンチンの常識,非常識〜レディーファーストの国〜





ブティックのウィンドー.jpg







世界には、様々なマナーやルールがあります。
時に、私たち日本人の感覚からすれば「えッ!」と思うようなことでも、
その国の人々にとっては常識の範囲内だったり。その逆もしかり。
日本の常識は、アルゼンチンの非常識?
私がこの国で経験した、日本とアルゼンチンの常識の“ちがい”をまとめてみました。


ブティックのマネキンが着ている洋服に触っちゃいけない。
 マネキンが着ている洋服は、多くの場合売らない。

 →ちなみに、欲しいサイズが店内にはなくて
  マネキンが着ている洋服がそのサイズだとしても、売ってくれようとしない。
  それが最後の1着でも、売ってくれないことが多々あった。


バスや地下鉄の電車の中で、携帯電話で話している。(しかも大声で)
 →会話がまる聞こえだけど、そんなの誰も気にしてない。


スーパーで買い物をしながら、商品を開封してボリボリ食べている。
 →「どうせレジでお金払うんだから、いつ食べたっていいじゃな〜い?」


銀行や両替所で、携帯電話で話してはいけない。(メールも)
 →外にいる仲間(強盗やひったくり)と連絡を取り合わないように。


バス停には、時刻表がない。
 →待ってりゃいつか来るでしょう。


小銭がないなら、コレクティーボ(バス)に乗ってはいけない。
 →「料金箱から釣り銭が出てくるだって?!日本のバスって、なんてハイテクなんだ!」

 
他にも、ビックリな法律として、
「自分で消費する分なら、大麻を所持してもよい(※)」というものもあります。


 「大麻の所持は個人的な行動であり、他者にとっての”明らかな危険”とは見做されない」
   2009年に最高裁が下したこの判決により、長年にわたる反麻薬法が無効化。







でもホントは、こんなちがいは大したことありません。
前述したようなことは、途上国や中進国ならよくあることです。
それより私が最も驚いたのは、アルゼンチンではたぶん欧米の国々よりずっと
レディーファーストが徹底されていることです。


例えば、カフェテリアやレストランに入る時、
男性がドアを開けてくれ、女性を先に入れてくれます。
上着を脱ぐのを手伝い、椅子を引いて女性を座らせてくれます。
これは、夫婦や恋人に限ったことではなく、
男友だちと出かけたりしても、同じようにやってくれます。


また、コレクティーボに乗る時には、
男性が先に列に並んでいたとしても、その列の女性たちから乗せてくれます。
列の1番目に男性が並んでいたとして、その後ろに10人の女性がいても
彼は全ての女性を先に乗せようとするでしょう。
(もちろん、それに対し遠慮する女性もいます)


このような習慣のない日本人男性とデートをしたポルテーニャは、
「信じられない!二人でエレベーターに乗ったら、彼は私より先に降りたのよ」
と憤っていましたが、私の夫だってそんなモンですよ・・・。


ただ、気をつけなければならないのは、アルゼンチンでは
女性も男性も、レディーファーストに慣れきっているので、


  奥さんを後ろに従えて、スタスタ歩いていくご主人
  スーパー等で、カートを奥さんに持たせているご主人
  レストランやカフェテリアで、奥さんの財布から支払いをさせているご主人



という、日本でよく見かける振る舞いはNGです。
以前、老舗のカフェテリアで友人(日本人男性)とお茶を飲み
自分の分を支払うためにお財布を取り出したら、


「このカフェテリアで、女性に財布を出させる男性なんていないんだよ」


と、彼がモソにたしなめられてしまいました。
下町のバルやファーストフード店ならそんなこともないのですが、
老舗のレストランやカフェテリアでは、男性が女性をエスコートする光景が当たり前。
たとえ観光で訪れただけだとしても、
アルゼンチンではレディーファーストに気を配るようにしましょう。





記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2010年6月17日
« 前の記事「(W杯)韓国戦の日は, 外出しない方がいい?」へ
»次の記事「日系語学学校主催のペーニャで大盛り上がり*Centro Nikkei Argentino」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集