海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ポルテーニョたちの話し言葉、”ルンファルド”を知っ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月 1日

ポルテーニョたちの話し言葉、”ルンファルド”を知っていますか


ポルテーニョたちの話し言葉、”ルンファルド”を知っていますか







ブエノスアイレスにやって来たばかりの頃、キオスコで買い物をし
「¿Cúanto cuesta?(いくらですか)」とお店の人に訊ねたら、




        " Un Diego "




と言われました。
はて?アルゼンチンの通貨の単位は「ペソ」だったはず。
それなのに「1ディエゴ」とは、一体何のこと???


これが、私とLunfardo(ルンファルド)の出会いでした。
前述の「1ディエゴ」とは、10ペソのことです。
サッカーアルゼンチン代表チームを率いるマラドーナ監督は、
現役時代は10番の背番号を付けていました。
このことから、1ディエゴ=10ペソ、というルンファルドが生まれたのです。


diego-armando-maradona.jpg

▲Poto por "Calcio Giocato.com"






ルンファルドとは、ブエノスアイレスで生まれた俗語のこと。
日本にも、犯罪者や警察関係者が使う隠語がありますが、
同じようにルンファルドも、
もともとは隠語として、犯罪者たちの間で使われてきました。
現在では、冗談で人をからかったり、バカにしたりする時などにも使われます。
また、タンゴの歌の中にも、いくつものルンファルドが登場します。




若いポルテーニャたちが割と頻繁に使う、いくつかのルンファルドをご紹介しましょう。


 割と頻繁に使う、とはいっても、ルンファルドはあまり上品な言葉ではないので
  人によっては全く使わない、使いたくない、という人もいます。





 ■Rati(ラティ)/ 警察官 
 「Rati」とは、警察官の胸の「Tira(リボン)」を逆にしたもの。


 ■Macana(マカーナ)/ 困った状況に置かれていること
 「Macana」とは警棒のこと。警察に逮捕されるかもしれない、
  という意味で使われてきたが、現在はミスをした時などに使う。


 ■Mango(マンゴ)/ お金
 「Marengo」という言葉の省略語。Marengoは泥棒が容易に奪ったお金のことを意味していた。


 ■Boludo(ボルード)/お前,(または)バカ
 「Boludo」はもともと”キン○マが大きい”という意味。そういう人はバカだという意味で
  このルンファルドはかなり下品で失礼な単語のひとつ。
  ただ、とても親しい友人同士で、「なぁ、お前」という言い方としても使われる。


 ■Mataburros(マタブロス)/ 辞典,辞書
  ロバは動物の中で頭が悪いとされていて、
  学校であまり勉強をしない生徒に「burro(ロバ)」ということがある。
  Mataburros とは「burro(ロバ)」と「matar(殺す)」という言葉から作られた。
  辞書は無知を殺す道具、という意味を含めている。




Lunfardo(ルンファルド)という言葉は、
Lombardo(ロンバルド)という単語に由来しています。
イタリアの北西部のロンバルディア の人々のことを指していますが、
ルンファルドのいくつかの表現が、アルゼンチンに移民してきた
イタリア人によって作られたことから、そう呼ばれるようになりました。


その他にも、ルンファルドの表現の中に、
イタリア語とスペイン語がごっちゃになったココリチェという話し言葉も使われています。
ココリチェとは、イタリアとスペイン、それぞれの国の移民たちが
ラテンアメリカという新天地で生きていくための手段として、
互いに意思疎通できるように話すようになった言葉です。


また、ある単語を逆さにしたルンファルドも多いです。
前述の「Rati(警察官)」がそうですが、
私たち日本人に関係あるルンファルドとして


 ■Pónja(ポンハ)/ 日本人


というものもあります。(Japón/ハポンを逆さにした造語)
これは、単に”日本人”を意味しているというより、
からかいの意図をこめた言い方です。(もっと極端にいえば差別用語)


旅行で訪れた外国人に対して
ルンファルドを使うアルヘンティーノはほとんどいないと思いますが、
お金に関するルンファルドは知っていてもいいかもしれません。
(役に立つかどうかは別として、話のネタのために)


 
 ■1 peso =1 mango
 ■2 pesos=1 mitres
 ■10 pesos=1 violeta, 1 lilita, 1 gamba
 ■100 pesos=1 luca
 ■1000 pesos=1 palo




 
ルンファルドの語源や歴史については
スペイン語の先生(アルヘンティーノ)に教わりましたが、
別のあるヘンティーノの友だちからも、こんな本をプレゼントされました。






%83%8B%83%93%83t%83%40%83%8B%83h%8E%AB%8F%91.jpg

▲ルンファルド辞書




けっこう分厚い辞書が出版されているくらい、
ルンファルドの単語はたくさんあるのです。
1つのルンファルドがいくつもの意味を持っていることもあるので、
ポルテーニョのようにルンファルドを使いこなすのはなかなか大変?!



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー 通信・携帯・インターネット
2010年7月 1日
« 前の記事「典型的なアルゼンチン肉料理が旨い*La pulperia tandil」へ
»次の記事「アートイベント〜Arte BsAs 2010〜」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集