海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > 南米初!同性婚の合法化へ

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月27日

南米初!同性婚の合法化へ


メール プリント もっと見る

南米初!同性婚の合法化へ





2009122901000191-450.jpg

▲写真/ロイター通信


昨年12月、”世界の果て”と呼ばれるアルゼンチン南部のウスアイアで、
41歳と39歳の男性が結婚しました。当時、アルゼンチンでは
同性婚が法的には認められていませんでしたが、
裁判所が二人の結婚を認める判断を出したのです。
(しかしその後、別の裁判官によって判決が差し止められた)
それに対し、ウスアイア州知事が二人の結婚を認める意思を表明。
苦難を乗り越え、二人はようやく法的に認められた夫婦となり、
中南米で初の同性同士の結婚として話題になりました。


ーあれから1年半。


「この結婚がアルゼンチンにおいて
 すべての男女が法的な平等を獲得するための一歩になるだろう」



というウスアイア知事の言葉通り、
ついにアルゼンチンでも、国の法律として
同性婚が認められることになりました。
先週、異性間との結婚と同じ権利を同性間にも認める法案に、
クリスティーナ・キルチネル大統領がサインしたのです。


カトリック信者の多いアルゼンチンでは
同性婚に反対する国民も少なくないものの、
もともと気質として持っている「個人主義」のためか
お互いに愛し合っているのなら性別なんて関係ないし
結婚について他人がとやかく言うことではない、
という考え方の人も多いです。


スペインではすでに、同性婚が制度化されていますが、
アルゼンチンでは、一部の州や都市を除いて
同性婚は認められていませんでした。
しかし今回、新婚姻法が成立したことを受け、
ラテンアメリカの同性愛カップルおよそ250組が、
アルゼンチンでの挙式を希望しているとの報道もあります。




最近、経済分野での急成長を続けるブラジルに
かなり押され気味だったアルゼンチン。
同性婚に対し先進的な国という意味で、
今またその存在の大きさを、ラテンアメリカにアピールできるかも。






記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 通信・携帯・インターネット
2010年7月27日
« 前の記事「国民的アイドル,マファルダとその仲間たち」へ
»次の記事「1日平均33個の荷物が紛失!エセイサ国際空港の問題」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集