海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ユネスコの無形文化遺産,情熱のタンゴ!

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年7月30日

ユネスコの無形文化遺産,情熱のタンゴ!


ユネスコの無形文化遺産,情熱のタンゴ!





200px-Tango-Show-Buenos-Aires-01.jpg

▲無形文化遺産・タンゴ。写真/wikipedia/tango


ユネスコの無形文化遺産に登録された(2009/09/30)
ウルグアイとアルゼンチンの伝統舞踊・タンゴ
アルゼンチンと聞いて、哀愁あるバンドネオンの音に合わせ
男女が頬を寄せ合い踊る、この情熱の踊りを思い浮かべる人は多いことでしょう。
タンゴの街ブエノスアイレスでは、
毎年8月に世界タンゴフェスティバルと選手権が行われ
世界中からタンゴファンが集います。


そのイベントの詳細については、また後日アップすることにして、
今日は、タンゴの特徴や歴史などについて、ちょっと触れることにしましょう。


タンゴ音楽に欠かせない楽器、それはやっぱりバンドネオンです。


bandoneon.jpg



アコーディオンに似ているけれど、鍵盤型ではなくボタン型。
音階配置がほぼ不規則であることから習得が非常に難しく、


     ” 悪魔が発明した楽器 "


とも呼ばれていることは、過去の記事にも書いたことがあります。


 過去記事「悪魔が発明した楽器」




ラ・プラタ川沿いの港町(ブエノスアイレスやモンテビデオ)で、
タンゴは生まれました。ブエノスアイレスの港町と言えば、
カラフルな色で塗り分けられた家々で有名なボカ地区です。
ここには、富を手に入れる夢を持ってやってきた移民たちが
苦しい生活を送りながらもたくましく生きていました。
彼らのようなヨーロッパからの移民、アフリカ系奴隷の子孫、
そして地元生まれのクリオージョたちの音楽が混じり合い、
タンゴが生まれたのです。


最初の頃は、場末のバルで男同士で踊られていたというタンゴ。
次第に、娼婦たちを相手に踊るようになり、
これが一般にタンゴとして広まったため
当時の上・中流階級の人々からは、下品な音楽だと敬遠されました。


そのタンゴが、芸能として初めて認められたのは、
アルゼンチンではなく、アメリカやヨーロッパでした。
1910年頃、パリでタンゴが大流行してから、
アルゼンチンでもようやく、タンゴの芸術的価値が認められるようになったのです。


そして次第に、下層階層の人ばかりでなく
広くアルゼンチン人たちに受け入れられていったタンゴ。
ブエノスアイレスには、
男女がタンゴを楽しむためのミロンガ(ダンスホール)が
いくつもオープンしました。


 過去記事「ミロンガのマナーとルールって?」


33163010.jpg



私も、月に何度かミロンガに行って踊っていますが、
ミロンガで繰り広げられる、男女の暗黙の "駆け引き” が
すごく淑女・紳士的でスマートだなぁ、といつもウットリしてしまいます。
(実は...この土曜日の夜も、ミロンガで夜通しタンゴ三昧の予定!
 後日レポートしますね ^_^)


時々、日本からやってきた観光客の方に、


「アルゼンチン人なら、みんなタンゴを踊れるのですか」


と質問されますが、もちろんそんなことはありません。
(日本人なら誰でも日本舞踊を踊れるかというと、
 そうではありませんよね)
アルゼンチンのもう一つの音楽、フォルクローレは
学校で習ったりもするので踊れる人は多いと聞きますが、
タンゴはお年寄りが好む "ダサイ音楽”だと考えている
若い人たちって意外に多いのです。
タンゴの魅力が分からないなんて、まだまだ青いわ(笑)。


アルゼンチンにお越しの際は、
ぜひ一度タンゴのクラスを受けてみて下さい。
あなたもきっと、タンゴの魅力にハマってしまうはず♪


 過去記事「タンゴ博物館でタンゴのレッスンを受けてみない?」


 「南米のパリ」ブエノスアイレスで暮らす私の日常、時々、ビーグル。
  「犬と私とブエノスアイレス」





Twitterボタン




記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 文化・芸術・美術
2010年7月30日
« 前の記事「毎月29日はニョッキの日,そのワケは。」へ
»次の記事「世界最大のタンゴイベント*Mundial de Tango 2010」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集