海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ペット事情〜散歩屋さんとペット誘拐ビジネス〜

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 旧特派員 bonita

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2010年9月29日

ペット事情〜散歩屋さんとペット誘拐ビジネス〜


メール プリント もっと見る

ペット事情〜散歩屋さんとペット誘拐ビジネス〜





高層アパートの建ち並ぶ、首都ブエノスアイレス。
多くのアパートが、ペット可なだけあって、
市内では、愛犬を連れて散歩する人たちの姿をよく見かけます。


私自身、この街で愛犬と暮らすひとりですが、
アルゼンチンのペット事情って、日本とあまりに違うのです。




1 道や公園はう○ぴーだらけ


 日本でも、一部の地域で犬のフンに悩まされているという話を耳にしますが、
 首都ブエノスアイレスの道や公園に放置されているう○ぴーの数は
 それはそれは ハンパな数ではありません。
 マナーを守ることの出来ない飼い主が、まだまだ多いのです。


2 公園に無料ドッグラン


 犬と暮らす家庭が多いだけあって、多くの公園に、円形の柵で囲まれた
 無料のドッグランがあります。
 せっかくドッグランがあるのに、公園に放しっぱなしにしている飼い主も多いので、
 子どもたちが遊ぶ遊具のあるスペースもまた、柵で囲まれていたりします。


3 病気になったら、牛の骨。


 これは、私の犬が通っている動物病院だけかもしれませんが(笑)
 愛犬が病気になり、診てもらう度に、
 「肉屋で牛の骨をもらい、お湯に通して与えるように」
 と言われます。やけどには味噌、みたいな感覚???




日本とはあまりに違う、アルゼンチンのペット事情。
驚いたのはこればかりではありません。
以前、こちらのブログでも紹介したことがありますが、
たくさんの犬を引き連れて散歩している、
散歩屋さんという職業の人々がたくさんいます。


散歩屋1



普段の散歩だけでなく、
旅行中にも愛犬をあずかってくれる散歩屋さんもいます。
忙しい人でも、散歩屋さんのおかげで
安心して愛犬と暮らすことが出来るのです。


実はうちのビーグルも
ビーグル専門の散歩屋さんにあずかってもらっているのですが、
集団での学校生活(?)のおかげで、身に付いたことがたくさんあります。
人間の指示にしたがって歩くこと、
他の犬に出会ったときの挨拶の仕方などなど...
人間の子どもと同じように、犬も学校生活で多くのことを学ぶのですね。


散歩屋2



散歩屋さんに支払うお月謝は、毎月のように上昇し、
2年前は150〜180ペソ前後だったのが
今では250〜280ペソ(6000円前後)くらい。
ペット界でも、インフレが止まりません。


散歩屋3





さて。アルゼンチンでの愛犬との暮らしは、楽しいことばかりではありません。
年末になると、スリやひったくり、強盗などの被害が増加しますが、
同様に、ペットの誘拐も増えるのです。


アルゼンチンで飼われている犬の多くが、
首輪に、名前と電話番号が書かれた小さなプレートをぶら下げています。
迷子になってしまった時に、飼い主のもとに帰ってこられるように、
というのが本来の目的なのですが、ペットを誘拐した犯人は
このプレートに書かれている情報をもとに、飼い主にコンタクトをとります。


実際に、愛犬が誘拐されてしまったことのあるお隣さんの話によると、
犯人は最初、2000ペソ(約4万4000円)を要求したそうです。
それを、犯人との交渉により、結局500ペソまで
値引きさせたのだとか。


「あら。これって普通よ。
 おたくも、もし誘拐されても、言い値を支払っちゃダメよ」



と、有り難い助言をいただきましたが...
「言い値」って、骨董屋の店主じゃあるまいし。
でもたしかに、ペットの誘拐だけでなく、ニンゲンの誘拐事件でも、
値引き交渉が割と普通に行われているアルゼンチン。
大切な大切なペットを守るためには、


「やだ〜、それ高いわよ〜。
 もっとマケてよ〜。もう!ケチなんだから〜」


そんな図々しいことを、
全国展開のデパートチェーンで言えるくらいの
度胸と根性が必要ですね。



記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 生活・習慣・マナー
2010年9月29日
« 前の記事「【サン・ニコラス】黒ネコの老舗カフェ*El Gato Negro」へ
»次の記事「ホルヘ・ニューベリー空港(通称アエロパルケ)一時閉鎖に関する報道」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク
    1年前の同じ月に投稿された記事
    【パレルモ地区】エビータ博物館*Eva Perón Museum
    アルゼンチンの通貨〜硬貨の種類と為替レート〜
    【レティーロ地区】アートな空間、アートな品々〜AUTORIA BSAS〜
    【レコレタ地区】ヴェロニカの小さな下着屋さん〜mi mundo interior〜
    市民の足、コレクティーボを乗りこなそう
    世界の果て・冬のウスアイアの旅6〜ティエラ・デル・フエゴ国立公園etc〜
    世界の果て・冬のウスアイアの旅5〜ウスアイアのレストラン〜
    世界の果て・冬のウスアイアの旅4〜世界の果て列車etc〜
    世界の果て・冬のウスアイアの旅3〜Hosteía Los Fuegos〜
    世界の果て・冬のウスアイアの旅2〜どの航空会社を使う?〜
    世界の果て・冬のウスアイアの旅1〜アエロ・パルケ空港の楽しみ方〜
    タンゴフェスティバルと世界選手権*Festival y Mundial de Baile

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      bonita
      2008年夫とともにアルゼンチンへ。南米のパリ・ブエノスアイレスにて10年ぶりの学生生活を楽しみながら、広大なアルゼンチンをいかに効率よく旅するかを模索中。ポルテーニョ(ブエノスアイレスっ子)に人気のレストランやカフェ、アルゼンチンブランド、おもしろスポットやエンターテイメント情報などを中心にレポート!

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集