海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > アルゼンチンの地下鉄(1)歴史と丸の内線

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2012年12月21日

アルゼンチンの地下鉄(1)歴史と丸の内線


メール プリント もっと見る

アルゼンチンの地下鉄(1)歴史と丸の内線

P1270366.JPGのサムネール画像

 アルゼンチンのブエノスアイレスの地下鉄で、日本からの中古車両が元気に走っています。
 まずご紹介したのは旧営団地下鉄(現東京メトロ)の丸ノ内線の赤い車両が、B線という町のシンボルの白い塔であるオベリスコのあるコリエ
ンテス大通りの下です。

 順番に言うと、アルゼンチンの地下鉄の歴史は1913年から始まり、来年2013年はちょうど100年になります。 。
 その時期は日本では大正時代初めに当たり、そのため、東京の地下鉄(銀座線)が初めて建設される際、ニューヨークやロンドンを視察しただけではなくブエノスアイレスも目的地の一つに入っていたと言われています。
 それが、現在も 1913年当時のA線の木製車両が走っています。

P1270330.JPG

P1270327.JPG

中は全て木製で、電球のライトです。また ドアも手動で開けます。

P1270331.JPG


これに比べて 

「新しい車両」である日本の車両が導入されているのがB線です。
実際には東京では1994年営団地下鉄線の車両リニューアルで廃車の憂き目にあいそうなところを商社経由でアルゼンチンに譲渡されました。

アルゼンチンでの鉄道車両は一般に四人がけのボックス席タイプです。
そのため、日本式は人がたくさん乗れる対面席になっています。そのため、正面に人がいて「恥ずかしい」と言われたり、現在はほとんどなくなりましたが、ところどころに日本語の表示が残っていました。それで冗談で「B線に乗るには日本語を覚えないといけない」と言われたものでした。

P1270361.JPG

最近では「乗務員室」以外はほとんど日本語表示は消えてしまいました。

P1270363.JPG

 実はまだ 日本の車両があります。それはC線です。続きは次回!

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空
2012年12月21日
« 前の記事「アルゼンチンのコンセント」へ
»次の記事「パタゴニアああパタゴニア、パタゴニア」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集