海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > やっぱり氷河 ペリト モレノの醍醐味(1)展望台か...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年1月13日

やっぱり氷河 ペリト モレノの醍醐味(1)展望台から眺める


メール プリント もっと見る

やっぱり氷河 ペリト モレノの醍醐味(1)展望台から眺める

 パタゴニアと一口に言っても広いのですが、パタゴニア観光のメッカは何と言っても
氷河観光です。これはペリトモレノPerito Moreno氷河。パタゴニアを研究して探索して
まわった、フランシスコ モレノのニックネーム、ペリトがついたペリト モレノ氷河は
世界でも有数のアクセスしやすい氷河です。そして、世界中の氷河を訪問した方からも、ペリトモレノ氷河は一番美しい氷河とお褒めの言葉をいただいています。

DSC08345.JPG

 まずはエル カラファテの町から1時間半近く、こんなパタゴニアな道を永遠に
走ります。estepa エステパ ことステップ草原です。すこーし起伏のある草原です。
10年前から5年前までは
ロスグラシアレス国立氷河公園付近はもう少し砂利道でしたが 
現在はほぼ舗装されていますので、少し楽に走ることができるようになりました。

IMG_7442.JPG


そして、公園入り口で入場料を払い少し先に入るとくねくねの 「ため息の道」があります。ここで、ああーまだ、あああーまだ、、、もっと走って。。。ああああ。。。とため息をしてみるのも言われてみれば。。。。
向こうの奥に見えますね!

##ツアーバス、専用車でも、できれば左側を陣取ることを薦めます。最初に氷河を目にする感動が味わえます!もちろん、その後、全景展望所に止まることが多いです。

DSC08339.JPG


さあ、ペリトモレノ氷河を目の前に向かって右側です。写真をクリックして
大きくしてお楽しみください。太陽がさんさんとした日の氷河も素敵ですが、私は気持ち
曇りがちなこのぐらいの光りが好きです。氷河の間の影がさらに青くなります。

DSC08344.JPG

アイスのガリガリくんと似ているとかいう人がいますが、反対です。この青さをまねている訳ですから。
そして、できれば「自然の氷の彫刻」と言ってください!もっとロマンチックでしょう!?
ちなみに 右の真ん中辺りが、、、裂けているのがわかりますか?
あの辺が落ちますヨーーーと見る人が見れば分かります。ただし、いつ落ちるかは不明ですぐかもしれませんし、30分後かもしれません。ただ、他の部分より早く落ちそうということです。

これをしっかり鑑賞するには、せめて20分ぐらい目の前にいる時間を持ちましょうね。
そして、静かにしましょう。辺りの風の音、そしてときどき鳴るパチパチ、パーンと氷が中ではじけています。そして、ドーンと、
よくあるのが音を聞こえて見るの、ですが、それをしたら、もう落ちています。

カメラは右に入れこんで撮りましたが、これぐらい近づけます。

コツはじーーと見ていること、右側と決めたら右、左と決めたら左。。。
まあ、30分ぐらい いられたら確実にいろいろな方向で起こると思います。もちろんシャッターチャンスを狙うのは別の問題ですが。。カメラをどこか決めて向けている必要があります。

 こちらが左側です。これが、木のあるところ辺りにあるこの先のところに氷河が流れて来てあたり圧縮されます。そのため、アーチが作られ、その間の水の水位がダム形式になり、流れて来て、おしつぶされ、その昔は四年に一度でしたが現在ではいつ大崩壊するかわかりませんが、世界的に有名なペリトモレノの大崩壊です。自然に増幅して壊れるのでその大きさは均衡を保たれ、常に成長しているのが(そして崩れているのが)
ペリト モレノ氷河です。


DSC08343.JPG

だから「温暖化」とはほぼ無関係な崩落なのです。。。このため、暑いから崩れるとか日中が日に当たって、崩れるとか。。。あまり関係ないです。。。タイミングの問題です。(真冬でも崩れます、もちろん)

歩きやすい展望台の遊歩道です。3年ほど前にキレイになりました。ちょっと最初は色がミスマッチでしたが、最近やっと目が慣れました。またかなり道の選択が増えました。

DSC08350.JPG


さてこれがいつ落ちるか。。。待っている人達が左下の遊歩道柵前にいます。人とこの氷河の大きさを比べてみてください。
DSC08346.JPG


私の氷河についての知識は直接この大先生について習いました。
この方、アルゼンチン南極局のペドロ スバルカ先生です。
氷河の動向の研究を長年続けています。
アンディニスタ(アンデス山脈を登る人)から始まりました。
その昔はウプサラ氷河を歩いて渡ったそうですが、今やその歩けた部分は崩壊してないんだそうです。はい、こちらのウプサラは縮小方向にあります。その話はまた別に致しましょう。

DSC08381.JPG


「私たちの氷河についての研究は、この氷河の存在する時間からしたらほんの最近のことなので実は何もあまり言えないし、分かっていないことが多いのです」
とスバルカ先生は謙虚におっしゃいます。
ちなみに若いときはとってもハンサムでしたよ(今でも素敵ですが)

カラファテの町の近くに 氷河博物館がありますが、ここでは氷河について学べるだけではなく、ペドロ先生の分かい時のお写真もあり!必見です。

TOMOKOのお薦め

 ペリト モレノ展望台の遊歩道であんまり歩きたくなかったら、右へ右へ行きましょう。(お母さんと一緒であるとか、足が疲れているとか、時間がないとかの場合)左先に行けばさてこれがいつ落ちるかの、上記の写真のように下の遊歩道にいる人達のように目の前に行けますが、行きはよいよい、帰りはコワい。。。結構戻るのが大変です。(普通の健康状態の方なら別に問題はありません)
 ラクチンで行きたい場合は右側へ。バリアフリーで車椅子で行けるぐらいですから。
それにパノラマで見えて素敵です。到着して暑い日があっても、氷河の前に行ってじっとしていれば結構寒いです。天然のフリーザーの前にいるようなものですから防寒を
忘れずに!

 もちろん、全く遊歩道へ降りなくても駐車場の左手に全貌が見渡せる場所があり、世界遺産認定のプレートはここにあります。

これからどんどん増えますが、パタゴニアについての記事です。ご一緒にお楽しみください。

パタゴニア ああパタゴニア、パタゴニア パタゴニアの空いろいろ
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/12/post_232.html

パタゴニアお薦め観光 牧場ツアーはこちらから

https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2012/12/post_235.html

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 中南米旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年1月13日
« 前の記事「エセイサ国際空港からブエノスアイレス市内への行き方(2)タクシー/レミスの場合」へ
»次の記事「カラファテでお得にリラックス! ホテル「HOSTRIA KOI-AIKEN」(コイ アイケン)」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    Concierto: Japon y su Musica - En el puente de la Amistad (日本とその音楽、友好の架け橋)コンサート開催(和楽器アンサンブル)
    5月22日本日現在地下鉄全面スト
    アルゼンチンのコンセントの形状
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集