海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > イグアス川増水ですがイグアスの滝観光は可能です。(...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月14日

イグアス川増水ですがイグアスの滝観光は可能です。(7/14現在情報)


メール プリント もっと見る

イグアス川増水ですがイグアスの滝観光は可能です。(7/14現在情報)


iguazusugoi3.jpg

アルゼンチンの北部にある世界遺産イグアスの滝はブラジルと国境を分けて大瀑布が展開しています。アルゼンチン観光に来て、ブエノスアイレスともう一つどこかへいきたいのなら、一番のお薦めの場所です。普通におすすめ記事を書きたかったんですが、大増水でご心配な向きが多いようなのでお知らせしますが、イグアスの滝観光は可能です!

mariakelly.jpg

(地元、イグアス観光に邁進しているマリアさんとケリーさん、地元に住んでいる人をも
笑顔にしてしまうイグアスの滝の威力です。もちろん後ろはすごい勢いの水で真っ白)

 ブラジルの南部の集中豪雨でイグアスの滝を構成しているイグアス川が大氾濫し、
多くの新聞では国立公園は閉鎖と伝えています。国立公園は閉鎖と伝えています。http://www.infobae.com/notas/717355-Impactantes-fotos-del-rio-Iguazu.html が、悪魔の喉笛部分でした!

一番スゴかった次の日 6月27日現在、一番大きな「悪魔ののど笛」へのアクセスは閉鎖されていますし サンマルティン滝へ突っ込む滝激突ボートAventura Nautica などは中断されています。

iguazugirigiri.jpg
(このように橋の真下まで水が来ています 7月初旬 LA VOZ DE CATARATAS誌提供写真です)なお同誌では今週末冬休みシーズン開始はホテルなども満杯状態でスタートしたと報告がありました。

sistemapasarela.jpg

 イグアス アルゼンチンの公開図面によりますと、現在 イグアス国立公園の遊歩道は
上記のようなシステムになっていて、緊急対策として現在折り畳まれました。

 大増水のときに遊歩道の橋が流されないように抵抗を減らすシステムになっています。ですから、その昔のように橋が破壊されるのを防ぐ、もしくは被害を最小限にとどめるようになっています。

iguazuyokatta.jpg

(イグアス アルゼンチン、イグアスの滝国立公園 一丸となって復旧作業のための準備中です。このように遊歩道は現在、折り畳んだり外せたりししてしまったので、まずは水がひいたら点検を行い、元通りにする作業が必要なのです。7月初旬 LA VOZ DE CATARATAS誌提供写真です)


 Circuito Superior 上流
Circuito Inferior 下流への遊歩道は通行可能です。(上の写真は上流から見たところ)
こちらは26日に行った人のビデオです。また普段以上に水のスペクタルショーを見ることができます。即ち、行けるということです。


7月半ばはアルゼンチンの冬休みのシーズンです。
増水にも関わらず、というより逆に素晴らしい水のショーを見ることが
可能なので、管理会社であるイグアス アルゼンチンでは心配せずに
ご訪問下さい、とのことです。

なお、いつから 「悪魔の喉笛」に行くことができるか。。。
少なくとも
7月末ごろまでは確実に無理でしょう。まずは水がひき、それから遊歩道の点検が
行われなければなりません。しかし開通次第またお知らせします。


なお、先週 イグアスにいかれた 南まいさんのブログが一番最新情報であり、
とっても満喫されたようですね!
南まいアメブロイグアスの滝をブラジルとアルゼンチンから比較
http://ameblo.jp/mai-minami/entry-11571813370.html


iguazusugoi2.jpg
現在のイグアス国立公園は午前8時から午後6時、毎日開園です。
(年末年始、祝日関係ないです)

入場料は外国人は170ペソです。
(1ドル5.3ペソ相当 7月12日現在)
アルゼンチン居住者は 70ペソです。
入場料はアルゼンチンペソで現金のみ受付ですのでご注意ください。

(いったん入ってしまえばお土産物屋、レストランはカードやドル、レアルでも
大丈夫です)

もちろん自然のことなので、突然 変更になることはあります。
現在 ほんの少しずつですが水量は減っているとのことです。


イグアスの滝へアクセスするには ブエノスアイレスからは約1時間半のフライトで
 Puerto Iguazu プエルト イグアス空港へ 行きます。

イグアス空港から フアンカルロススプリンター イグアス支所担当の
ロニーさんの送迎を頼むことができます。お名前と日時 フライトナンバーを知らせて

お申し込みはこちらから!(
日本語でどうぞ)

結構便がありますが、遅れたり、また最近は冬のため、夕方早く暗くなります。

できれば前日現地入りし、町歩きやお土産買って、次の日の朝から一日満喫して
夜の飛行機で行く1泊2日で行くのがお薦めです。

観光に何時間かかるかは それぞれの好みで、どれだけ一つの場所にじっとしていたり
写真撮っているかに寄りますが。。。とっても広いです。

ハイシーズン以外は4時間あれば 普通の大人の足なら、
迷わなければ、またエコ列車が早くくれば なんとか回れます。

もちろん 悪魔の喉笛だけ見て2時間で帰る人も。。。。
しかしそれではもったいない!です。

IGUAZUARGENTINASUGOI.jpg

上流、下流、悪魔の喉笛、そして ボートツアーなどをせめてして帰ってほしいものです。。。

(もちろん水が減ってから。。。)

次回は、毎年何回か行きますが、
2011年は一年に六回、悪魔の喉笛にはある日、朝、昼、晩と一日三回行き、
いつも撮影ポイントをはずさない、イグアスの滝 エキスパートの私(勝手に言っている。。。)が おすすめプランをご提案します。


いつもお世話になっているイグアスの滝国立公園を管理しているIGUAZU ARGENTINAイグアス アルゼンチンから増水時の写真を提供いただきました。
http://www.iguazuargentina.com/

(7月お題"旅行する前に知っておいた方が良いこと")

記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 旅行・ツアー・ホテル 自然・風景 見所・観光・定番スポット
2013年7月14日
« 前の記事「日本人宿情報 上野山荘別館ブエノスアイレス」へ
»次の記事「ブエノスアイレス国際空港からブエノスアイレス市内への行き方2013/07 各種」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    チリ、バルディビアの Feria Fluvial de Valdivia バルディビア河市場
    ValdiviaバルディビアのおいしいレストランNew Orleans
    チリ南部水の都バルディビア
    Recoletaレコレタの夜のそぞろ歩き Junin通りの紹介
    5月17日午前零時10分過ぎ NHKラジオ深夜便「ワールドレポート アルゼンチン・ブエノスアイレス~相川知子」
    アルゼンチンデザイナーブランド((JUANA DE ARCO ホォアナデアルコ))20周年、パレルモソーホー発展立役者ジャンヌダルク
    セントロのスペインレストランTancat
    「ホアナデアルコ」20周年記念平和の折り鶴教室(5月11日)
    1年前の同じ月に投稿された記事
    おいしい話(4)La Doritaラ ドリタ(パレルモ ボタニコ)お肉!!!
    革製品のお土産はいかが?
    おすすめお土産 マテ
    世界一周女子会チリ編は9月に延期
    地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然~アルゼンチン~」7/28(木)13:00 放送
    カラファテでサダコと折り鶴展/平和の折り鶴教室(7/21-23)
    カラファテへ行ってきます
    おいしい話(3)La Cabreraアルゼンチンでお肉と言えばここ!ラ カブレラ(パレルモ ソーホー)
    アルゼンチンの空港でのインターネット事情(+チリの空港インターネット事情)
    おいしい話(2)ブエノスアイレスでお寿司はハイセンス!
    NHK El Mundo世界一周女子会deカタルーシス 7/26 チリ編オンエア!
    隣国ウルグアイ番組オンエア(7/16)
    シックなレコレータ地区のサンテバルでお茶でもいかが?
    日曜日のお昼はパスタがお決まり
    ナディンのお店「森が似合うファッション」
    ブエノスアイレスでお金の持ち方
    冬の長雨をオシャレに!
    街一番のチョリパン屋さんへ行きましょう
    ブエノスアイレスの朝ご飯

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集