海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 特派員ブログ > 中南米  > ブエノス・アイレス特派員ブログ > ブエノスアイレス国際空港からブエノスアイレス市内へ...

アルゼンチン/ブエノス・アイレス特派員ブログ 相川 知子

アルゼンチン・ブエノス・アイレス特派員が現地から中南米地域に至るまで、旅行・観光・食事などの現地最新情報をお伝えします。

2013年7月15日

ブエノスアイレス国際空港からブエノスアイレス市内への行き方2013/07 各種


ブエノスアイレス国際空港からブエノスアイレス市内への行き方2013/07 各種


 約一日半の旅の後、飛行機を降りてああ!やっとブエノスアイレスに着いたと思ったら、実はアルゼンチン、ブエノスアイレスの国際空港エセイサEzeizaに着いただけなのです。正式にはブエノスアイレスはブエノスアイレスでもブエノスアイレス州エセイサ市にある空港に着きました。

 ですから、写真のようなブエノスアイレスの町まで出る必要があります。

 パラグアイの首都アスンシオン、チリの首都サンチアゴ、ウルグアイの首都モンテビデオとよく出張しますが、自分の住んでいる国でありながら、アルゼンチンのブエノスアイレスの空港はなぜこんなに遠いのでしょう。。。と、思いますが ブエノスアイレス市内まで出ましょう。

 なお、最近は上記近隣国 ブエノスアイレス市内のアエロパルケ(国内空港ですが国際も可能になりました)から出国/入国することもあります。
2時間程度の到着時刻の差なら、手続きが比較的早い、また市内に到着するので、50ドルから100ドル料金が高くても、こちらの方が便利です。


 ブエノスアイレス国際空港エセイサは市内まで結構時間がかかるのは、距離の問題だけではなく、入国の手続き、荷物が出るのが遅いのと、また税関で一人一人のチェックが原因です。(詳しくは前の記事「ブエノスアイレスへの行き方」参照) P6031017.JPG


 空港へお迎に行く場合、ファーストクラス、そして預け荷物のピックアップなしの方でなければ、到着時間から1時間ぐらいで空港内で合流することができると計算します。(たまに1時間半かかる人もいます)
市内のホテルで合流の場合は、約2時間後と計算します。

 アルゼンチンでは飛行機の発着が「遅れる」ことは普通ですので、お迎えなどを手配していても、飛行機が遅れればそのまま待っていますから便名などの変更がない限り、連絡!!!!などと慌てなくても大丈夫です。
 まあ、1時間前後は皆 普通のことと考えていますから。なお、7月現在真冬のため、濃霧のための発着の遅滞もあることがあります。

さて、ブエノスアイレス市内への足で、一番簡単で 安くて便利なのは、
1)リムジンバス(BUS)

発音はブスですから、気を悪くしないでね。

会社は、Manuel Tienda Leonマヌエル ティエンダ レオン社
(白い車体にライオンマーク)

普通の個人旅行者 御用達です。
(自力で何とか現地でコミュニケーションできる、贅沢は必要ないが、貧乏旅行でもない場合)  
一番 簡単、分かりやすく、またお得なお値段で市内まで連れて行ってくれるのは
乗り合いバスだからです。

((申込場所))
大部分の国際線が発着するAターミナル到着ゲートからの場合、

税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、すぐ左手のカウンターで申し込むことができます。###荷物をあまり気にしなくて便利です。

もう一度 自動ドアがあるところを出てしまったら、左側に出て、また左側の奥へ行ってください。同じ窓口の外側の場所になります。

((ここでは床におく荷物は要注意です))

((運行))
国際空港からは0時から6時は1時間毎に、
その後21時までは30分おきにその後は45分おき。
なお、混雑する時間は臨時便、もしくは二台以上出ることもあり。

((到着場所)) 
ブエノスアイレス市内中心街近くのレティロ駅地域、シェラトンホテルの反対側の
Av. Madero esquina San Martinマデロ大通りとサンマルティン通りが交わった角に ターミナルがあります。

((料金))
 料金は$80ペソ、国内空港(Aeroparqueアエロパルケ)までは$85ペソ。
クレジットカード支払いも可能。 ((だいたい15ドルぐらいです))

((所要時間))
 市内ターミナルまで約1時間。
逆に国際空港まで帰るのに、ターミナルから一日中同様に発車している。

乗り合いなので、到着のタイミングの場合によっては、待つが最高で30分。
乗ってから市内まで約1時間
その後、ターミナルからホテル行きに乗り換えて、さらに20分。

((ちょっと心配))
この辺は早朝や夜は この敷地から出ない方がいいです。だから帰りなどはそのまま
車で帰る方が 市内の別の地域から車で 来て、それから空港へは便利です。
また全員ターミナル行きなので、大きい荷物があってどこかへ行く場合、そこから
タクシーで乗り換えて行く必要があります。

次におすすめなのは、

2) エセイサ タクシーEzeiza Taxi

((申込場所))
大部分の国際線が発着するAターミナル到着ゲートからの場合、
税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、
もう一度 自動ドアがあるところを出ます。
そこから 左に出て、右、右に出たら、左に行った、空港ホール中央にあります。
窓口で 行き先を言って、もしくは住所などの紙を見せれば
いくらと言われますので、それを支払えばいいです。先払いですので、安心です。
空港の建物外に出たら、まっすぐ行くと エセイサタクシーと出ている白いタクシーに
支払ったチケットを見せて、乗ることができます。
((運行))
国際空港から24時間運行
((到着場所)) 
自由、行き先を言えばいいです。
なお、ブエノスアイレスの場所に寄っては料金が変わります。
((料金))
 2013年 7月現在 250ペソ (約50ドル)です。
((所要時間))
 市内目的地まで約40 分から1時間 
b) レミス Remis  (ハイヤー)

((申込場所))
a) 空港で申し込めます。
大部分の国際線が発着するAターミナル到着ゲートからの場合、
税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、すぐ左手のカウンターで
申し込むことができます。###荷物をあまり気にしなくて便利 です。
もう一度 自動ドアがあるところを出てしまったら、左側に出て、また左側の奥へ
行ってください。同じ窓口の外側の場所になります。
もしくは2回の自動ドアを出てから、レミスカウンターへ。
((料金))
 前払い。現金(アルゼンチンペソ、米ドル)、クレジットカードで支払い可能
 2013年 7月現在 250ペソから350ペソ、50ドルから60ドルぐらいです(会社や車両、行き先への距離により違います)
((所要時間))
 市内目的地まで約40 分から1時間 

b) 契約車を事前手配(空港出迎え)
   旅行会社などに事前に 出迎えを依頼するものです。
   空港についたら、係員が お名前や会社名またはホテルの看板を持って
   お迎えに出ています。もしくはあらかじめ写真などを交換します。
   ほとんどの旅行社やホテルなどで行っていますので、
   事前に相談したらいいでしょう。
((申込場所))
   出発前に メイルや電話などで依頼。
   税関を終了し、晴れて解放されて最初の自動ドアを出たら、
   もう一度 自動ドアがあるところを出ます。
   すると、あなたの名前を持ったカンバンかホテルの名前などのカンバンを持った人   が待っています。
((運行))
   到着便によって時間を指定
   ((到着場所)) 
行き先をあらかじめ決めておけるので、運転手は分かっている予定。
((料金))
   2013年 7月現在 270ペソ程度から、45ドルから150ドルぐらいです
  (会社や車両、距離により違います)
また、日本語ガイドなどお願いしますと、別途料金です。もちろんその方が便利です。
上記の金額の目安は ホテルや目的地までの移動のみとお考えください。

((所要時間))
   市内目的地まで約40 分から1時間 



TOMOKOのお薦め1
 2013年7月現在  
フアン カルロス スプリンター社
https://tokuhain.arukikata.co.jp/buenos_aires/2013/01/post_237.html
では
お一人から三人まで 50米ドル。 そのままホテル/行き先なので
二人以上ならもうこちらの方が便利だと思います。

  なおスーツケースは普通のサイズで二から三つまで入ります。
それ以上のお荷物の方は
  別の車両を手配できます。料金は別途お見積もりします。

 (目的地は原則一つですが、場所によっては問題ないので相談可能。
  国内空港アエロパルケも同料金です)
  それ以上はご相談ください。 
   連絡はこちらから
  juancarlossprinter@gmail.com / ブエノスアイレスでは15 5988 7817
  
  スペイン語/英語/日本語で 到着前に
  依頼可能です。到着日時、便名、お名前(ローマ字でも)
  目的地などの情報を添えて依頼してください。また観光や出張の会社訪問などと
  レミス専用車利用としてコンビネーションで依頼することも可能です。
  もちろん市内から空港までのみも可能です。

 (2013年7月から8月プロモーション
    一般観光は三名まで乗用車 ブエノスアイレス市内周遊3時間で85米ドル。
              それ以上は一時間毎に+25ドルです。
              ルハン、ティグレなどの郊外はご相談ください)


ちなみにただいまのドルの両替公定レートは 1ドル=5.3から5.4ペソです。値段は物価の変動により変わりますので、この記事の日付は2013年7月現在の目安でお考えください。


 3)路線バス

 コレクティボとスペイン語で呼ばれる路線バスでも市内へ行けます。
 現在 国際線の建物を出て左にずーーーーと道なりに行き、ペトロブラスという
 ガソリンスタンド前にバス亭があります(1キロぐらい歩く距離です)
   路線は
Liniers > Mercado Central > Congreso > Pza. de Mayo >
   Facultad de Ingeniería (UBA) > Paseo Colón
 
  と大回りし、途中もちろん止まり一般客を乗せては知ります。
 2時間以上はかかるでしょうから3時間以内と考えていれば 
  無事に市内へつくでしょう。
 5月広場で大統領府ピンクハウス前で降りれば一番の中心地です。 

 これも旅だと思って、途中経由地の様子をバスの車窓から見学すれば楽しいです。
 ただ、荷物が
 大きかったりすわれないとちょっと大変かもしれません。節約旅行といえども
 ちょっと大変だと思います。


IMG_5132.JPG


(高速道路を抜けたら、そこはブエノスアイレス!市内をヘネラルパスという高速が囲んでいます)
 ところで朗報です。貧乏旅行 バックパッカー御用達の8番の路線バスに何とエクスプレスが
登場しました。

 バスがくる時にRAPIDO ラピド?(急行?)と聞いてみましょう。
 もちろん普通の バス代よりは高いですが、1時間ぐらいで到着しますので、
 これを見つけられれば、マヌエルティエンダレオンと同じ感じです。
 
 それから 重要なことですが、路線バスに乗るにはアルゼンチンペソの小銭が必要です。 場所によってはお札で切符を切ってくれることもあります。バス停近くのガソリンスタンドで親切な人が両替してくれればラッキーです。
 
(7月お題"旅行する前に知っておいた方が良いこと")
記事がよかったら、クリックしていだだければ嬉しいです

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ 中南米情報へ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ アルゼンチン情報へ
にほんブログ村


海外旅行 ブログランキングへ

記事の商用利用を希望される際はコチラからお申し込みください。
カテゴリー 交通・鉄道・航空 旅行・ツアー・ホテル 見所・観光・定番スポット
2013年7月15日
« 前の記事「イグアス川増水ですがイグアスの滝観光は可能です。(7/14現在情報)」へ
»次の記事「BS-TBS ONE×TIME 建築の記憶カサ ストゥッド(7/17)クロリンド テスタ作品」 へ
おすすめ記事
    ブエノス・アイレス特派員 新着記事
    セントロの素敵な高名なる喫茶店London City
    雨にも寒さにも負けず  #exposicionrural 農牧展示会は楽しい!夕方は牛や馬が元気に活動 本日8時まで
    #exposicionrural 農牧展ではアルゼンチン全土の美味しい物素敵な物がたくさん!!!
    #exposicionrural 農牧展開会セレモニーでしたが明日29日まで開催
    #NiñoGordo にて日本/韓国で活躍アルゼンチン人シェフがカクテルパーティ
    Expo Ruralアルゼンチンで最大の農産業、牧畜業の祭典は7月29日まで
    Exposición "Las muñecas de Japón" en la Biblioteca Nacional 国立図書館 日本人形展(8月26日)
    #CaminosySabores 食の見本市 の楽しみ方
    1年前の同じ月に投稿された記事
    おいしい話(4)La Doritaラ ドリタ(パレルモ ボタニコ)お肉!!!
    革製品のお土産はいかが?
    おすすめお土産 マテ
    世界一周女子会チリ編は9月に延期
    地球ゆうゆう紀行「パタゴニアの大自然~アルゼンチン~」7/28(木)13:00 放送
    カラファテでサダコと折り鶴展/平和の折り鶴教室(7/21-23)
    カラファテへ行ってきます
    おいしい話(3)La Cabreraアルゼンチンでお肉と言えばここ!ラ カブレラ(パレルモ ソーホー)
    アルゼンチンの空港でのインターネット事情(+チリの空港インターネット事情)
    おいしい話(2)ブエノスアイレスでお寿司はハイセンス!
    NHK El Mundo世界一周女子会deカタルーシス 7/26 チリ編オンエア!
    隣国ウルグアイ番組オンエア(7/16)
    シックなレコレータ地区のサンテバルでお茶でもいかが?
    日曜日のお昼はパスタがお決まり
    ナディンのお店「森が似合うファッション」
    ブエノスアイレスでお金の持ち方
    冬の長雨をオシャレに!
    街一番のチョリパン屋さんへ行きましょう
    ブエノスアイレスの朝ご飯

    中南米 航空券情報


    アルゼンチン旅行 旅スケジュール

    旅行者の作る、新着!旅スケジュールをご紹介します。 ■アルゼンチンの旅行記・口コミ「旅スケ」へ

    中南米にもどる

    • 特派員プロフィール
    • ブエノス・アイレス特派員

      ブエノス・アイレス特派員
      相川 知子
      1991年よりブエノスアイレス在住。スペイン語とラテンアメリカが大好き。アルゼンチンのことを日本に周知がライフワーク。 地球の反対側のふしぎな価値観と視点をお届けします。日本語/スペイン語教師、通訳者/翻訳者。さらに撮影コーディネーターですので、秘境、極上の旅からビジネス向けもお任せあれ。1986年来地球の歩き方読者なのでバックパッカー節約旅行も対応!個人ブログはこちらへどうぞ。

    • リーダーに登録

    地球の歩き方Web特派員募集